NO.35
中西 亮
(秋新歓実行委員長)
「さぁ、『オレン家デイズ』から「オレンジデイズ」へ。」

「やらせて下さい」から道は拓ける。その言葉から思いがけず繋がったベルカン、そして秋新歓の開催。「秋新歓を神大の文化にしたい」そう語る彼の思いとは?
Presented by Keita Kutsuno, Tsubasa Shiomi
Photo by Tsubasa Shiomi
”秋新歓を神大の文化に。”
― まず、秋新歓について説明していただいてもよろしいですか?
簡単に言えば、春の新歓を秋にやるというものです。今風に言うと、新しい団体に入りたい学生と、まだまだ新メンバーを募集中の団体のマッチングです。新歓期は4,5月の一度きりで、その後は各々の団体が個別に募集を行う。という今の風習では、団体・学生の双方にとって非常に効率が悪い。これをもう一度、一斉にやることで、スケールメリットを得ようというのがこのイベントのコンセプトですね。
― 神大で3団体合同イベントっていうのは新しいですね!]
そうですね、今までになかった形だと思います。初めは、ベルカンの新企画として、秋新歓を思いついたんです。僕からしたら、「斬新なアイデアやろ!さすが俺やろ!」って自信満々だったんですが、皆にアイデアを披露したら「あぁはいはい、秋新歓ね。去年もやろうとしたわ。確か、KooBeeもやろうとしてたはず」的に言われて、ショックを受けました。でも、考えてみると「皆が思いついた」ってことはニーズがあるという証拠で、逆にチャンスだと思い直しました。そこから紆余曲折を経て、志同じくするKooBeeさんと、GIさんと一緒にやらせて頂くことになりました。初めはやはり、僕もベルカンの端くれですから、いかにベル色を出すか、なんてことも考えていました。おそらくKooBee、GIさんもそうだったと思います。でも、今は少なくとも秋新歓メンバーは誰もそんなことは考えておらず、一丸となって秋新歓の成功のためだけに動いています。苦労もありましたが、今振り返ってみると、各団体がそれぞれの長所を活かしていて、この連携は大成功だったと思っています。とはいえ、「どうせKooBee主催なんだろうけど」なんてつぶやかれているのを見ると、ベルカン魂がザワザワしたりしますけどね(笑)
― 秋新歓の目的は、新しい団体を見つけてもらうことですか?
こんなん言ったら団体さんに怒られますけど、僕個人としては、そうは思っていません。別に皆が皆サークル活動をやらなくてもいいと思っています。僕が思うに、サークル選びって、バイキングみたいなもので、肉も魚もサラダもデザートも、何でも選べる状況で、「私ベジタリアンだから」というのはアリだと思うんです。でも、もうサラダしか残っていないってのは、すごい腹が立つじゃないですか。それと同じで、団体に入る権利はあるけれど、敢えて所属せずに我が道を行く、これならいいんですよ。こういう風になって欲しいんです。だから、秋新歓の本当の目的は、「選択肢のある環境」を整えることですね。
― なるほど。今後のビジョンなどはありますか?
秋新歓を神戸大学の当たり前にしたいです。更に言えば、バイトのように、もっと気軽に年中、募集・応募の出来る流動性のあるシステムを作りたいです。早稲田大学なんかでは、既にそういうシステムがあって、メンバーを募集するのも、サークルを探すのも、簡単なんです。神大にもそういうカルチャーが定着すれば、もっとチャレンジングに大学生活をデザイン出来るし、マイノリティーなホビーを持つ人も、メンバー集めがイージーになると思います。特に意味はないですが、ル―大柴さんを意識しました(笑)
”なるように、なる×する”
― 中西さんの新歓期はどうだったのですか?
カラオケが得意っていうだけの理由で某軽音サークルに入りました。最初はhydeになれると本気で思っていたんですが、初スタジオの日に、自分のhidoさを痛感し、泣きべそかいてすぐにやめました。でもやっぱりどこかには所属したくて、KooBeeVol.2片手に電話をかけたりもしましたよ。でも、「もう要らない」って断られました。春の新歓期には両手にビラだったのに、わざわざ自分から電話して拒否されるって、「俺どんだけ安いの!?」って折れましたね。2回生になってからは、完全に諦めていました。サークルやってる連中に裏でずっと毒吐いてましたよ(笑) でも、3回生の時に、あるきっかけがあって少し変わったんです。
― きっかけとは?
3回生になって、本気で暇だったんで、ゼミの幹事に立候補したんです。学生生活をゼミ一色に染めるぞ!って。就活で語れるエピソードが欲しいという打算も正直ありました。それで、ここからは全く意図していなかった偶然なんですが、ゼミ幹事の顔合わせ飲み会で、ある先輩に「七夕祭のステージリーダーをやってみないか?」って誘われたんです。僕なんかを誘うぐらいだから、よっぽど人がいなかったんでしょうね(笑)それからベルカンの活動に参加させて頂いて、憧れていた「THE大学生活」を送ることが出来ました。まさかゼミ幹事をやることと、浴衣美人コンテストが繋がるとは想像していなかったですね。ジョブズのいうconnecting dotsです。適当なこといいますけど、僕は人生にも物理法則があてはまると思っています。ずっと多忙なのも良いですけど、暇だったらそれはそれで何かがスっと入ってきます。嫌でも入って来てしまいます。これがいわゆる「ケセラセラ(なるようになる)」の要素です。でも、それだけでは足りなくて、「なるように、する」ということも必要だと思います。いつ訪れるか分からない偶然に備えて、準備をすることが大切だ、と中二の時に読んだ『グッドラック』という本にも書いてありました。「なるように、なる×する」これが大事じゃないでしょうか。
― 最後に、神大生へのメッセージはありますか?
「『やらせて下さい』と言ってみる」ということです。大学生へのアドバイスとして、判で押したように「やりたいことをやれ」と皆さんおっしゃいますが、やりたいことなんて、そうそう無いですよね。僕にはありませんでした。だからといって、何もやりたくねえと言って、家で寝ていては、本当に「オレン家デイズ」だけで四年間が終わってしまいます。少なくともそれだけは、やりたいことではないはずです。だから、特にやりたくなくても、とりあえず「やらせて下さい!」と反射的に言ってみる。すると道が拓けることもあります。嫌ならやめればいいだけのことです。あれ?これって、KooBeeさんのいう「主体性」ですか?一緒にやってるうちに、すっかり僕もKooBeeナイズされちゃってますね(笑)
15. 長ヶ原 誠
発達科学部准教授
82. 阿部恭介
経営学部3回生/ポケモンサークルもらいび代表
27. 吉原 史郎
経営学部卒コンサルタント
91. 加納 久慶(かのう ひさよし)
海事科学部2回生
28. 遠藤 龍
WARLD LOG所属