NO.17
河内 鏡太郎
(文学部卒元ジャーナリスト)
「どんな場面でも自分の感性、五感を信用して欲しい」

新聞記者・編集局長を経て教育の現場に参加。「どの立場であれ人の心に伝えるという点で変わらない。」主体性を大切にする彼が自身の経験に基づきながら社会で生き抜く術を伝える。
Presented by Kaori Fujiyama
Photo by Kaori Fujiyama
大学で学んだことは、ふと役立つときがくる
― 河内さんが新聞記者というお仕事を選ばれた理由はなんでしょうか?
新聞記者への思いは小学生のころからありました。父親も新聞記者でしたから、自然に憧れを抱いていましたね。新聞から学んでいくことよりジャーナリズムという世界が身近にあったからだという気がします。
― 学生時代の経験で役に立ったことをお聞かせください。
文学部で東洋史を専攻しており、卒論のテーマに中国史、それも隋唐時代の女性風俗を選びました。社会部の記者になって4,5年たった頃、奈良・飛鳥の古墳で、壁画が見つかりました。考古学史上最大の発見といわれる「高松塚壁画古墳」です。きっと酒の席で卒論のことを話したのでしょうね、デスクが覚えていてくれ、取材チームに抜擢してもらえました。文化財に詳しいベテラン記者たちの集団で唯一の若造でした。大学で学んだことが実際の社会で役立つことは少ないかもしれません。しかし、ふと浮上することがあるのです。私の場合、それが考古学ブームを起こすききっかけとなった壁画古墳の取材に繋がったのです。社会部でも広島の原爆、沖縄の戦争、ナチスによるアウシュビッツ強制収容所などを取材するときに、歴史を見る目が養われていたのはよかったと思いますね。 在学中は体育会スケート部に所属していたのですけど、その頃のスケートリンクは屋外で、信州の松原湖を拠点にしていました。寒風にさらされながらの練習でした。向かい風のときには、足を懸命に動かしても前に行きません。遅々とした動きでコーナーを回った途端、追い風に変化するのです。何もしなくても進んで行くような状態です。しかしスピードをコントロールできないために、コーナーで勢い余って飛び出してしまうのです。その時に、人生には向かい風、追い風の時があり、向かい風の時、スピードは遅いものの転倒したり、コースからはみ出したりすることはありません。追い風になった途端、加速されて、制御できなくなってしまいます。その事の恐ろしさを感じました。フォローの風の時にこそ真価が問われるということ今でも思います。
― 学生時代にやっておけば良かったなと思うことはありますか?
申し訳ないけどそれは全くないですね。何かをやっておけば良かったということをその後の人生で果たしてみんな思うでしょうか。大方の人は考えたことはないはずです。あれをやっておけば良かったなんて考えることは何の意味もありません。 今となって思うことは色々あったとしても、後悔として残るものではないです。お金もない、社会も知らない学生として精一杯生きていたという実感はありましたね。
考えることを怠らず、チャレンジしてほしい
― やりたいと思ったことはすぐに行動に移されていたのですね。
やりたいと思うことではなく、やらなければならない事を行動に移すようにしていました。なぜやりたいかということ、やればどうなるかということを十分に検証しなければなりません。すぐに行動を伴うことは、一見評価が高いようですが、僕は違うと考えます。なぜそれをやりたいかということを十分に検討して、自分の頭の中で咀嚼すべきです。それらのプロセスを経たうえで、やらなければならないことに移し変えていく。やりたい思いが正しいかどうか。立ち止まって思慮を深くしなければならないのです。
― 現在河内さんは、武庫川女子大で教授と図書館長を務められ、神戸大学などでも講義をされていますが、なぜ教育の現場に参加されようと思われたのですか?
長年のジャーナリストの経験を通して得られた、社会の空気というものを学生に伝えたいと思ったからです。いま、若者が新聞や活字から離れていくという現実の中で、一人でも多くの学生に活字を読む楽しさ、おもしろさ、その意味を伝えられれば、と願っています。それは私のミッションの一つあり、大学はいい場であるなと感じました。人の心に伝えるという作業でいえば、記者であっても、大学の教壇に立っていても同じことですよね。
― 神大生へのメッセージをお願いします!
現場を大事にする事と、いつでも、どんな場面でも自分の感性、五感を信用して欲しいということです。学生であってもビジネスの世界であっても、動かないと何も始まりません。しかし、動くことだけですべて完了するのではなくて、考えるということを怠らないでほしい。真面目で素直ということは大切ですが、主体性を持って常に戦っていくという姿勢は一層重要です。戦いを忘れてはなにも生まれません。社会で生き抜いて、社会に何かを残していく。そこへのチャレンジがない限り、なんのための人生か全く分かりません。そのためにも神戸大生は、常に自ら考え、自ら戦い続けていて欲しいですね。
69. 永岡 誠
工学部3回生
98. S.Shima
工学部2回生
23. 松田 涼花
「いろはプレス」学生記者
1. 藤嶽 暢英
農学部教授
45. 高橋 弦太
休学し、長期海外旅行を決意した男