NO.10
谷岡 久美
(発達科学部卒ミュージッククリエイター)
「人と関わることを大事にしてほしい。」

積極的に他人と関わることが人を大きく成長させる。自分の中で最高を目指し、衝突を恐れずに前へ。様々な人との繋がりや出会いがあなたを生み、育てていることに気づかせてくれるインタビュー。
Presented by Kaori Fujiyama
Photo by Kaori Fujiyama
常に完成度を高くするよう心がけています
― 現在のお仕事は?
最近ではゲームのサウンドの作曲に加え、他のゲーム作品のピアノアレンジ、スマホアプリの音楽制作、また、ピアノの演奏活動もしています。海外で演奏させていただいたこともあります。まだまだもっともっといろんな事をしてみたいですね。
― 学生時代にやっておいたほうがよかったことはありますか?
英語です。絶対に英語ですね。短期の留学をしてもいいと思います。仕事で海外に行かせてもらったときに、現場のスタッフや演奏者、指揮者にいろいろ聞きたいことがあっても、英語に自信がなければ通訳をお願いしながら聞くしかない。これだとものすごく時間がかかってしまうし、意図もきちんと伝わらなかったりする。なので今苦労してますね。
― 作曲は何歳くらいから始められましたか?
作曲は6,7歳から。ヤマハで6年間やってました。自分には才能がないと思って一旦やめたんです(笑) でも音楽制作を仕事にしようと思ったら、就職活動中にデモテープが必要になって。シンセサイザーをひっぱり出してきて、使い方を知っている友達の家に合宿したこともありました。
― 作曲はやはり難しいですか?
作曲は6,7歳から。ヤマハで6年間やってました。自分には才能がないと思って一旦やめたんです(笑) でも音楽制作を仕事にしようと思ったら、就職活動中にデモテープが必要になって。シンセサイザーをひっぱり出してきて、使い方を知っている友達の家に合宿したこともありました。
色々な経験が音楽に影響を与えています
― 谷岡さんにとって音楽とは?
ありきたりになりますけど、身体の一部かな。仕事であり、趣味であり、娯楽であり、、、なくてはならないもの。音楽がない生活は考えられないですね。でもそこまで毎日毎日音楽漬けなのかというとそうでもなくて、美味しいものを食べたり、なんだかんだいろんな事してます(笑) 「あなたの場合、その豊かな経験が作る曲にも良い影響を与えているんだよ」と友人に言われた事もありますね。
― 神大生へのメッセージをお願いします!
皆さんには是非、積極的に人と「関わって」ほしいです。その場所はサークルでもいいし、飲み会、バイト先、どこだっていいです。いろんな人と関わっていくと、人間関係が嫌だなとか、めんどくさいなとか色々あるし、自分に合わないと思ってしまう人もいるだろうけど、そこで線を引いてしまうと凄くもったいない。私は学生時代にアポロンに所属していて、良いものを作り上げたいからとか、意見が衝突する事もたまにありました。今思えば小さな、取るに足らない内容だったりするんだけど、そういう衝突も、それを解決する力をつけたということも、今の私にとってすごく大切な経験になったと思っています。
80. 稲葉滉星
神戸大学持続的災害支援プロジェクトKonti代表
37. 神大生のカフェbot
カフェ本を出した人気アカウント
66. 土生健太郎
放送委員会制作部
16. 箱田 貴大
自由劇場新歓公演脚本
49. うりぼーたろう
神大のマスコットキャラクター