No.137

作るものには思いをのっけて

なっち

(KooBee代表)

Presented by Hina Ishii

Photo by KooBeeカメラ部


今回取材したのは、KooBeeの代表を務めているなっちさんです。 編集部として、そして代表として日々膨大なタスクをこなしているキャパおばけのなっちさん。そんな彼女のKooBeeへの愛は海より深いものだと感じています。 KooBeeにかける熱い思いと深い愛、そしてKooBeeの仕事に取り組む際の心構えなど、たくさんの話を聞くことができたので、是非最後までお読みください!

PROFILE

なっち

「新しい生き方や考え方を提案する」ページに憧れて

-まず、KooBeeに入ったきっかけを教えてください。


私、雑誌がもともとめっちゃ好きで、特に今の新しい価値観はこんなんとか、新しい暮らしはこんなん、みたいに「新しい生き方や考え方を提案する」ページがある雑誌が好きだったんよ。媒体を通して気づきを与えられるのってすごくいいな、そういうことがやりたいなって思ってKooBeeに入った。

-編集部を選んだ理由は何ですか。


高校生とか浪人生の頃とかに、思ったことを文章にするってことをずっとやってたくらい、文章を書くことがずっと好きだったから、それが一番生かせるかなって思ったのが理由かな。

-なっちさんが新しくKooBee内で始めたことは何かありますか。


ゼロから作ったものはあんまりないんよね。しいて言えばインスタの運営をやりだしたこと。インスタはもともとカメラ部が運営してて、KooBeeの日常っていうテーマで投稿してたんだけど、本当に内部向けで、更新もあまりされていなかった。それが「もったいない。」って思って、1年の冬ぐらいに「インスタ、私が運営してもいいですか。」って自分でやり始めた。PRを兼部したのはそれもあったから。

-今までで一番印象深いKooBeeでの活動は何ですか。


2年前に行った「はましゃかさん」っていう方のインタビュー。私ははましゃかさんの生き方がもとから好きで、何にも縛られていない感じがすごく好きだった。その年の冊子のテーマが「君のまにまに」で、自分の思うとおりに生きようっていうテーマやったから、「まさにこの人やん!」ってなってアポとったらいけて。でも、ほんまに〆切が近すぎて、カメラ部の予定が合わなくて、しかも私は新入生で、そのときインタビュー2回目。だから、普通なら上回生が一緒に来てくれて、サポートしてもらうはずやってんけど、それも予定合わなくて結局一人で東京に行くことになったんよ。ほんまにやばってなった。

-実際取材に行ってみてどうでしたか。


ほんっまに楽しかった!でも、取材はかなり緊張した。めっちゃ自分が好きな人に話を聞くことができて、しかもそれが記事になるって考えたら、ちゃんとしたことを聞かないとと思って、終始声が震えてた(笑)

-なっちさんでも緊張するんですね。


それめっちゃ言われるんやけど、するする。なんなら今でもみんなの前でしゃべるときは緊張してる(笑) ちゃんと聞いたら声震えてるから(笑) 実はめっちゃ練習してるし、あまり堅苦しくない言葉でしゃべるようにしてるかも。定型文みたいなのあるけど、それだと緊張がもろにばれるから、自分の言葉で話すようにすごく練習してる。


岡川 鉄平

(コミュニティスペース「Museum Base」運営者)

仲間と一緒にいちから作り上げてきたこのお店にはすごく愛着がありますね


北山菜生

(神戸大学体育会女子タッチフットボール部Rooks主将 )

自分ができること、自分が考えられることをどんどんやっていく方が人生きっと楽しい!


吉備 友理恵

(関西建築サークル#代表)

あなたと建築したい。


麳聖貴(こむぎ きよたか)

(エンカレッジ神戸大学支部長)

「Why are you here?」自分と向き合う大切さを伝えたい


一覧へ戻る