No.10

人と関わることを大事にしてほしい。

谷岡 久美

(発達科学部卒ミュージッククリエイター)

Presented by Kaori Fujiyama

Photo by Kaori Fujiyama


積極的に他人と関わることが人を大きく成長させる。自分の中で最高を目指し、衝突を恐れずに前へ。様々な人との繋がりや出会いがあなたを生み、育てていることに気づかせてくれるインタビュー。

PROFILE

谷岡 久美

常に完成度を高くするよう心がけています

-現在のお仕事は?


最近ではゲームのサウンドの作曲に加え、他のゲーム作品のピアノアレンジ、スマホアプリの音楽制作、また、ピアノの演奏活動もしています。海外で演奏させていただいたこともあります。まだまだもっともっといろんな事をしてみたいですね。

-学生時代にやっておいたほうがよかったことはありますか?


英語です。絶対に英語ですね。短期の留学をしてもいいと思います。仕事で海外に行かせてもらったときに、現場のスタッフや演奏者、指揮者にいろいろ聞きたいことがあっても、英語に自信がなければ通訳をお願いしながら聞くしかない。これだとものすごく時間がかかってしまうし、意図もきちんと伝わらなかったりする。なので今苦労してますね。

-作曲は何歳くらいから始められましたか?


作曲は6,7歳から。ヤマハで6年間やってました。自分には才能がないと思って一旦やめたんです(笑) でも音楽制作を仕事にしようと思ったら、就職活動中にデモテープが必要になって。シンセサイザーをひっぱり出してきて、使い方を知っている友達の家に合宿したこともありました。

-作曲はやはり難しいですか?


作曲は6,7歳から。ヤマハで6年間やってました。自分には才能がないと思って一旦やめたんです(笑) でも音楽制作を仕事にしようと思ったら、就職活動中にデモテープが必要になって。シンセサイザーをひっぱり出してきて、使い方を知っている友達の家に合宿したこともありました。


近藤 友祐, 阿部 智明

(学生団体POMB)

数学の面白さを伝えたい


谷端 美里

(ROOKSキャプテン)

がむしゃらにプレーしたい


西本 光希

()

バリア(障害)をバリュー(価値)とする。


木村将徳

(神戸大学体育会軟式野球部 主将)

みんなに楽しく野球をしてもらいたい


一覧へ戻る