NO.92
今道拓也/柴田一慶
(神戸大学フットサル部主将/神戸大学フットサル部同神戦係)
「フットサルを神大で一番の部活にしたい。」

「神大の部活」として一番に名前が挙がる、そんな部活にしたい。そう語る彼らの活動はフットサルの練習だけにとどまらない。部内改革、組織改革、意識改革…。次々と新しいことへ挑戦し続ける彼らの熱い想いに迫る。
Presented by Manae Kawaguchi,Kohei Moriyama
Photo by Wako Nagasaka
フットサルの知名度を上げること、それが僕たちの使命です。
― まず、神大フットサル部さんはどのような活動をされているのですか?
週に4回、A(トップ)チームとB(サテライト)チームに分かれて練習しています。神大フットサル部には外部のコーチや監督はいないので、選手が監督も兼ねています。練習メニューや試合のメンバーも自分たちで決めていて、学生だけで主体性を持って活動しています。
― そうなんですね。神大フットサル部さんの理念はありますか?
部活なので、関西フットサルリーグ1部に残留し続けること、全日本フットサル選手権に出場すること、全日本大学フットサル選手権において日本一になることなど、最高の結果を求めることは当然理念として置いています。ただ、神大フットサル部はそれにプラスして、大学フットサルをはじめとして、フットサルという競技自体の普及振興にも重きを置いているんです。フットサルはどうしてもまだマイナー競技として捉えられることが多いので、知名度を高めることも僕たちの活動目的としています。
― どうして大学フットサルや競技自体の普及を目指すようになったのですか?
全国大会に行ったときに、観客の数や応援の声が人気のある他の競技と比べると少ないと感じたからです。3年前に神戸カップにおいて優勝して日本一になったのですが、優勝しても世間の注目度はサッカーに比べてかなり低いと実感しました。せっかく全国で一番になったのにと悔しい思いもしましたね。部内での改革に力を入れ始めたのも、このときの経験が深く胸に残っているからです。部内では広報活動や普及振興活動を単なる仕事のように捉えている面がありましたが、一度みんなで話し合って、フットサルの知名度を上げていくことも自分たちの使命だという認識を共有し、練習以外の活動も精力的に行うようになりました。
― 意外とまだ知られていない競技なんですね。では、どのような活動や部内改革を行っているのですか?
一つは、競技レベルを向上させるために神戸カップという全国大会の運営をしていることです。審判の方を雇ったり、一年かけてスポンサーさんを集めたり、一から自分たちで大会を作っています。だけど、企業さんに協力のお願いをしに行っても、そもそも相手の方がフットサルを知らなくて門前払いされたり、話を聞いてもらっても難色を示されたりと、苦労は絶えないですね。そんなときに改めてフットサルの知名度の低さを痛感し、さらに頑張らなくてはと思います。 他には、クリニックという地域の高校生を対象としたフットサル体験会を去年から開いています。高校生の予定もあるのでまだ数回しか開催できていませんが、この機会に神大に来て、神大のフットサルを知ってもらいたいと思っています。最終的には神大フットサル部に入ってもらうことが目標ですね(笑)。 また、地域によっては全国大会である神戸カップに出場するための学生リーグがないところもあります。実は昔は関西にもなくて、僕たちの先輩が学生リーグを作ってくださったんですよ。だから、そういった地域には「全国大会に出ることができるシステムを作ってください」という呼びかけも積極的に行っています。 また、部内の雰囲気面を良くするために「ファミリー制度」を導入しました。学年縦割りの少人数グループを作って、ご飯に行ったりフットサルの話をしたりする制度です。これのおかげで、縦のつながりやA(トップ)チームとB(サテライト)チームのつながりが強くなったと感じますね。やはり試合ではチームの一体感なしに勝ち進むことはできないので、チームの雰囲気づくりも大切にしています。
"自分たちで開拓していける。 こんなにも魅力的なスポーツは他にありません。"
― 様々な活動や改革をされていて驚きました。今後の大学フットサルの理想像はありますか?
まずは神大フットサル部を神大で一番人気というか認知度の高い部活にしたいです。今は「神大の部活」と聞いてフットサル部を思いつく人は少ないと思いますが、いつかは神大で一番の部活にしたい。神大で最も応援されるチームになれば、自分たちが試合で結果を残したときにたくさんの人に喜んでもらえるし、そうすれば自分たちの功績を日本中に知ってもらうことができて、神大フットサル部だけでなくフットサルの競技自体の知名度も上がっていくと思います。つまり、まずは神大でしっかり知名度を上げ、そして大学のフットサルを通じて競技としてのフットサルをよく知ってもらうということ。そして、そこからまた今度は全国に向けて神大フットサル部はこんなんなんだよって知ってもらうということですね。はるか先の夢のような話ですが、まずは神大から少しずつでも叶えていきたいです。
― 神大で一番に。大変ですが、とてもやりがいを感じられそうですね!大学フットサルを普及振興のために何か他にも工夫していることはありますか?
学生リーグの際に他チームと話し合ったり、連携を図ったりと、他大学のフットサル部とのつながりを大切にしています。同志社大学のフットサルクラブ(以下、同志社大学フットサルクラブ)と僕らで行っている同神戦もその一つです。同志社大学フットサルクラブは組織もしっかりしていて、同じ志を持って活動できていると思います。
― その同神戦について教えてください。
同神戦とはその名の通り、同志社大学フットサルクラブと神大フットサル部が共同で年に一度開催している試合のことです。一応早慶戦をもじっていて(笑)、早慶戦のようなものが開催できれば新入生に対してフットサルのアピールができて面白いなと思い去年から始めました。だけど、去年は特に集客活動をしたわけでもなく、名前だけ決めてとりあえず開催しただけなのであまりお客さんが集まらなくて…。二回目となる今年は前回の反省を生かして、集客活動をメインに頑張りました。SNSでの選手たちやOBさんのインタビューを企画したり、自分たちも知らないような同志社大学のフットサルクラブと神大フットサル部の昔の関係性、新入生やほかの方にも知ってほしいことを紹介したりしました。同志社大学フットサルクラブはOBさんの活動が活発で運営の面で本当に頼りにしています。一方で神大フットサル部は学生だけで頑張っていて、逆にそれが僕たちの良さだと感じています。お互いの良さを引き出して活動しているということですね。同志社大学のチームは本当に強いので、同神戦では高いレベルの試合を見せることができると思います。フットサルに対して関心を集められる良い機会なので、ぜひこれからも続けていきたいです。
― 大変なことも多いと思いますが、それでもお二人を惹きつけるフットサルの魅力とは何ですか?
まず競技のフットサルの魅力としては、サッカーと違ってコートが小さいので攻守が激しいところですね。ピンチがチャンスにもなるし、チャンスがピンチにも変わる。プレーをしていても観戦していても飽きないし、本当に面白いなと感じます。 また、大学フットサルは今まで言ってきたように、まだマイナー競技で伝統もありません。ですが逆に言えば、型がなくて新しいことに挑戦しやすい。フットサルにはまだまだ可能性を感じるし、自分たちで開拓していけるということが何よりも魅力ですね。あと、これは神大フットサル部の魅力ですが、全体的に他の競技よりもコンパクトなぶん、メンバー同士の距離感がとても近くて、先輩後輩関係なく仲が良いんです。本当に居心地のいい部活ですね。
― 私もフットサルについてもっと知りたくなりました。最後に神大生に一言お願いします!
フットサルは本当に魅力のあるスポーツです。ぜひ一度見に来て、その面白さを感じてください。同神戦、またそのあとの大会を通じて、今年こそ日本一になれるよう精一杯頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします!
5. 濱田 矩行
Ghanna Ghanna元代表
78. 野村 奈央(のむら なお)
知るカフェ神戸大学前店店長 / 発達科学部2回生
9. 小林 由季
様々な生き方を提案するライフプランナー
50. 池田 輝彦
りんぐ店長
22. 吉備 友理恵
関西建築サークル#代表