NO.47
羽賀 誠
(ベルカン9期代表)
「面白くないことは続かない」

“神大の活性化”これをできるのが、ベルカンの最大の強み。ベルカンの魅力と代表の熱い想いが詰まったインタビュー。
Presented by Minori Takeda
Photo by Yuriko Takeda
ベルカンの最大の強みは“なんでもできちゃう”ことです。
― まず、はじめにベルカンについて教えてください。
ベルカンの正式名称は『六甲台学生評議会(法・経済・経営学部ゼミ幹事会)』です。最初は法・経済・経営学部にそれぞれ『ゼミ幹事会』が存在してて、各々活動してました。そんな中、「3学部とも同じ六甲台キャンパスにあるし、いっそのこと共同で活動したらいいんじゃないか。それならゼミ以外にも大きいことができるんじゃないか。」という案がでてきて、それが発端となりいまのベルカンができてます。最初は上回生のみの団体でしたけど、1回生も新歓で募集するようになりました。 主な活動内容としては、理念である「神大活性化」をもとにイベントをしたりキャリア支援をしたり…。ぶっちゃけ何でもしますね(笑) イベントを具体的に挙げると、新入生向けの交流会をする「凌霜パーティ」、「七夕祭」、「オープンキャンパス」、「業界セミナー」、OBOGを対象とした「ホームカミングデー」、秋のサークル加入を支援する「秋新歓」、「クリスマスイベント」、ですね。
― そんなにイベントがあるんですか! 忙しいですね…。
確かに忙しいですね(笑) でも、みんながみんな全部しなくてもいいんですよ。ここがベルカンの特徴でして、なんといっても自由度が高いんですよね。イベントベースで動くから、興味があれば参加すればいいし、興味がなければ参加しなくてもいい。法・経済・経営学部以外の人やベルカン員じゃない人がイベントだけに携わってもいいし、イベントではない新しい何かを創りあげてもいい。つまり神大活性化につながりさえすれば、なんでもできちゃう。それがベルカンの最大の強みでもあるんです。
― 素敵ですね! イベントするにあたって気をつけていることはありますか?
慣れはよくないと思っています。毎年恒例のイベントを新しくしようと心がけていました。というのも、イベントは作る側が慣れてしまうと途端につまらなくなってしまうんですよ。慣れた作業って面白くないですよね。面白くないことは続かない。数日の本番のために数ヶ月作業しなきゃいけないイベントにおいては、作る側のやる気を継続させる新鮮さは必須となってきます。でも、変化を起こそうとする人ってあまりいないんですよね(笑) 慣れ=安定でもあるし、それがベストだと思ってはいないけど悪くはないしこのままでいいか、と思ってしまいがちなんです。僕はそんな状態でイベントをしている人に対して「なんで面白いと思っていないのにやるの?」って思ってしまいます。だから、やる気が保てるようなイベントを毎回するようにしてました。
親しみやすい代表でいるように意識していました。
― 他にも羽賀さんが代表として意識していたことを教えてください。
代表として、周りからの見え方を気にしてました。代表のあり方って多様だと思っていて、すごく遠い存在で近づきにくいように振る舞う代表もいれば、すごく近い存在で親しみやすいように振る舞う代表もいるんですよね。僕は圧倒的に後者です。なぜかと言うと、前者のように威厳を放つことで「すごい!」と思わせてひとを集める団体だと、その人ありきになってしまうのではないかと思っているからです。それってすごく危険なことであって、つまりそのひとがいない団体なんてどうでもいい、ということになりかねない。まあ僕が威厳を出すのが得意じゃないのもあるんですけどね(笑) むしろベルカンっていう団体自体を好きになってほしいです。 いま、10年目を迎えるベルカンは分岐点に立っています。新しいサークルとは認識されなくなり落ち着いてしまって、これからどうするべきかを真剣に考える時期が差し迫ってると思います。これからは団体のことを考えて新しさを追求するベルカンらしい人に頑張ってほしいですね。
― 今年のクリスマスイベントはイルミネーションをするんですよね。
そうです。うりぼーロードをイルミネーションで飾ろうと思っています。現時点では12月15日から19日で16:00~19:00を予定していますが、なにせ新しいことなので日を改めるごとに改良していこうと考えています(笑) ぜひ立ち寄ってみてください!
― 最後に、神大生にメッセージをお願いします!
大学生の一年は本当に短いです。僕は本当に面白いと思えることならなんでもやってみるべきだと思います。そして、そのやってみたことが後々の神大活性化に繋がってくれたら、なおいいなと思いますね。
48. LINO LEIA
歌手活動を行う現役大学生
86. 坂本 安弘
生協
73. インドラ・ラル・スベディ
INDRA MAHAL店主
64. 松村健司 井部良太
山岳部
60. 三ツ矢・M・たらお
自由劇場 新入生歓迎公演「ゆめゆめこのじ」演出