NO.64
松村健司 井部良太
(山岳部)
「ただ、登りたいから登っている」

2015年秋、ある神大生2人が”人類未踏の地”に到達した。
昨年創部100周年の節目を迎えた、神戸大学山岳部の100年目の挑戦とは。
そして「未知への挑戦」を掲げる山岳部が、未踏の地にかけた想いとは。
Presented by Honoka Kuwahara
Photo by NoName
怖さを覚悟した先にある世界
― この登山をすることになった経緯を教えてください。
〈松村 以下松〉山岳部は昨年で創部100年なんですけど、100周年事業のひとつとしてチベットの未踏峰に登ろうっていう話を山岳会(OB会)としていました。チベットやネパールにはまだまだ未踏峰の山があります。山岳部は1980年代からチベットの山に登ってきたので、僕が1回生の時にはもうチベットに未踏峰の山に登るっていう話は出始めてて。そうして立ち上がった海外遠征の計画に、僕と井部が行きたいって名乗り出たんです。
― 登る前、どんな気持ちでしたか?
〈井部 以下井〉日本にいたときはわくわくしてました。
〈松〉チベットの未踏峰って誰も行ったことがない場所が多くて,山の地図がない場合が多いんです。だから僕らも、登山者が撮った写真や、Google Earth、ASTERといった地形データサービスを使って、どこが高いなどのデータを分析して、今回僕達が行ったBada Riエリアに狙いを定めました。山岳部のモットーが「未知への挑戦」で、それを掲げて、長い間地道に分析をやってきたので、ようやく未開の地に切り込んでいくことが楽しみでしたね。
― どういったことを調べるんですか?
〈井〉未踏峰に登った人がいろんな山岳雑誌に投稿したり、ネットで情報をあげたりしているので、それを片っ端から全部調べて、自分たちの地図に、未踏峰か既踏峰かをチェックしていくんです。
〈松〉また、Google Earthに載っている標高データの精度が必ずしも高いわけではないので、色々な角度から調べます。その分析に3,4年かかったりするんです。語弊があるかもしれませんが、山岳部って文化部みたいな一面もあります。僕は紀行誌などの本も結構読みますね。
〈井〉古い記憶を探すために、古本を読み漁ることも。
〈松〉海外登山って、そうやって山に入るまでが大変なんです。OBは「海外登山は出発したらこっちのもの」っていうのをよく言っています。チベット自治区に入るには、中国に滞在するために必要なビザとは別に、入域許可が必要なんです。事実上の2重ビザですね。調査だけではなく、チベットに入るのも大変でした。
― 怖いという気持ちはないんですか?
〈松〉井部も3年登ってるし、僕も4年登ってるから、もう慣れましたね。
〈井〉怖いんですけど事前に計画を詰めていればある程度怖さの想像がつくんです。
〈松〉山では,人の死に直面することもあります。登山ってそういう世界なんです。怖いのは当たり前なんですけど、覚悟をして行っています。怖さの先には、美しい世界や楽しい世界が待っています。それにしっかりと技術をつけて、プランニングをすれば,登山中のリスクはほとんど避けられるんです。「慣れ」が事故を招くので、常に「怖い」という意識は大切にしています。
〈井〉でも、チベットに着いてからは、怖いって思ったことはほとんどないですね。それも計画の時に様々な「怖い」要素を予想していたからだと思います。
〈松〉飯あたるんじゃないかな、とか山に登ることとは別のことを心配してました(笑)
― Bada Ri(※1)の登頂の断念を決めたときの想いを教えてください。
〈井〉やはり悔しかったです。TaRi(※2)からBada Riはつながってて、途中まで登ったんですけど、ルートは危険でした。細い稜線上に人ぐらいの大きさがある岩がゴロゴロ積み重なってて、露出してるんです。氷なり雪がついてるともうちょっと登りやすいんですけどね。岩に乗るとぐらっと動いて、下手したらそのまま岩と一緒に2,300m落ちていっちゃうような状況だったので、これは無理だなと思って断念しました。高低差であと150mぐらい登れば頂上だったので悔しかったですね。
― Bada Ri、リベンジしたいですか?
〈松〉岩に雪が被ってないと登るのは厳しそうだったので、リベンジできないんじゃないかな。〈井〉別のルートで行くか、時期を変えるか、ですね。
〈松〉いっぱい調べてこの道を選んだから、時期とルートを考えるとリベンジは厳しいかなと思っています。
〈井〉またBada Riに行きたいかと聞かれると、そうじゃないですね。どうせならいろんな未開の地域を登ってみたいです。
― 未踏峰の登頂が叶った時、どう感じましたか?
〈井〉当初の目標はBada Riだったので、達成感はなかったですね。
〈松〉今回の登山の何がすごいのかっていうと「この時代にチベットの山に登った」ということなんです。政治的なことで問題が多いところだから、観光でも自由には入れない。去年1年間でチベットで唯一1隊、我々だけが登山許可が降りて登山をしたということが大きいですね。
〈井〉中国は人と人とのつながりをすごく大事にする国で、何十年間も中国の大学の人と一緒に登ってきてるから今回もチベットで登れたんじゃないかなって思います。
これからも新しいところに挑戦したい
― そんな登山の魅力とは?
〈井〉計画を立ててる時が一番楽しいです。実際山に行くといろんなアクシデントがあります。それを極力事前に予測して、こうなったらここから下山するっていうのを考えたり、ここにもテントを張れるんじゃないかなっていうのを地図を見ながら考えたり、そうやって1つ1つ予想して詰めていくっていう作業が楽しいです。
〈松〉妄想してるんです。大学生がアメリカ行きたいって、パンフレットみてるのと一緒です。
〈松〉山って、自分たちでいろんなことを調べて、調査をして、準備をして登るのが面白いんちゃうかなあと思います。山だけじゃなくて、何事でもそうだと思うんです。新しいところを開拓していくのが楽しい。山岳部が普通の部活と違うのは、大会があるわけでもないし、目標があるわけでもないところ。このルートがかっこいいから登りたいとか、ここの難しいルートに挑戦したいとか、ただ登りたいから登っているだけなんです。
あと僕が思う山の魅力は、自分の限界に挑戦できるところですね。ストイックなんです(笑)
― 自分との戦いですもんね。
〈松〉そうなんです。僕らがいつも練習で考えているのは、どうやって自分は生き延びれるか、ということです。結局、自分の命は自分でしか守れないから。仮に二人でクライミングしていて、片方が死んだとしても、自分はどうやって助かるかなど、色々なケースを考えて練習します。
〈井〉もちろん極力は助けようとするんですけど。
〈松〉プランと体力と技術をいろいろ考慮して、登れるか登れないかを考えるんですけど、100パーセントの安全なんてない。でも、そのリスクをいかに小さくできるかを、計画段階で考える。
〈井〉遠征にしても国内登山にしても、しっかり計画を立てて初めて、行こうって思える状況になるんです。
― お2人はいい登山者ってどんな人だと思いますか?
〈松〉一人でプランニングもして、登山をして、反省もして、次の登山に生かす、というように自己完結できる人ですね。
〈井〉優柔不断でも考えてるうちはいいんです。思考停止しないことは大事かな。
〈井〉焦って狭まった視野を広くするのが、準備段階のプランニングです。しっかり計画を立てられていると、事故に遭ったときも事前に考えていた選択肢が浮かび上がってくるじゃないですか。計画が十分でないと、選択肢が思いつかなくなってくるかもしれない。決断力より計画力のほうが大事だと思いますね。
― では、今回の登頂で変わったことはありますか?
〈松〉僕はもっと海外で登山したいなあと思いましたね。日本の山って独特なんです。海外の山と環境が違うから,使う道具や登り方も違う。日本の山は日本の山で面白いし,海外の山も海外の山で面白い。これからも新しいところに挑戦していきたいですね。
〈井〉僕は特に変わったことはないですね(笑) 登りたいところを登ってきたって感じです。テクニカルな部分では学ぶことができたと思います。
― 最後に神大生へのメッセージをお願いします!
〈井〉一ヶ月大学休んで今回チベットに行ったので自分が言うのもなんなんですけど、単位はとったほうがいいと思います。チベット行ったり、冬に山に登ったり、世間一般とかけ離れた趣味をしていても、戻ってきたときには一般的な人であるべきです。それは登山という趣味に限らず、いろんなことにも言えると思います。少し普通と外れたことをするとしても、一般的な芯を持って外れたことをした方がいい。大学生としてちゃんとやるべきことをしながら、非日常の世界を楽しむということです。要は留年はしないほうがいいよってことで、周りの留年している登山仲間を見ていて思いますね(笑)
〈松〉僕は、枠にとらわれず、どんどん自分のやりたいことに挑戦するといいと思います。大学生といえば、サークルに入るとか、友達と一緒に行動するとか、何となく枠にとらわれたようなところがあるじゃないですか。でも、そんな枠にとらわれる必要はなくて、どんどん外へ飛び出していったらいいと思います。僕は登山をしていろんな世界が広がりました。本もすごく読むようになったし、人のつながりも広がりました。その人のつながりが、いろんな経験につながることもありましたね。限られた大学生活なんやから、4年間でなにができるんだろうっていうのを考えて、挑戦したいことは挑戦したら面白いんじゃないかと思います。あとは、せっかく神大生なので、六甲山に登ってみてください!

※Bada Ri ……チベットの未踏峰の峰。
※Ta Ri……今回おふたりが登頂されたチベットの峰。
「ニェンチンタンラの山々~Bada Ri」:https://www.youtube.com/watch?v=YLJzTs0XQFA
「Bada Ri Exp_Bada Riに臨む3人」:https://www.youtube.com/watch?v=HTnuDFerlgg
2. 藤谷 亮太
無一文で日本一周を達成した男
48. LINO LEIA
歌手活動を行う現役大学生
20. 中村 匡秀
工学部准教授
56. 奥野亜衣
バレエダンサーを目指す、現役大学生
53. 甲家晩飛
落語研究会代表