NO.16
箱田 貴大
(自由劇場新歓公演脚本)
「学生が一つのものを作り上げる時のパワーを感じて欲しい」

新入生に「スゲー」と言わせたい。熱い想いで、彼は舞台に携わり続ける。学生が一つのものを創り上げていくパワーが演劇の概念を壊す。
Presented by Keita Kutsuno
Photo by Keita Kutsuno
新入生に、「スゲー!」って言わせたい
― なぜ、演出・脚本をやろうと思われたのですか?
僕自身、この新歓公演で演劇に対するイメージが変わったということが大きいですかね。僕は中高にダンスをしていて、大学ではダンスか演劇をしようと迷っていたんです。それで、自劇の新歓公演を見に行ったのですが、レベルの高さにびっくりしました。自分もそうだったのですけど、演劇って聞いて正直、舐めてかかってくる人は多いと思うんです。でも実際はイメージとは全然違いました。だから今回の公演では、その舐めてかかってきた新入生に、僕みたいにスゲー!って思わせたいっていうのが、演出・脚本をやろうと思った理由です。自分が演劇の世界に入るきっかけになった新歓公演に今、演出・脚本という立場で関われていることは本当に嬉しいことです。
― 凄いですね!苦労はなかったですか?
自分のイメージを役者に伝えていくことは大変です。やっぱり、自分の描いていたイメージと役者が台本から描いたイメージにはズレがあります。だから伝えることの難しさは感じました。もっとこう動いて欲しい、だとかこういう風に喋ってほしい、だとか。
― 普段から自由劇場さんは脚本を0から制作しているんですか?
普段はプロの劇団の脚本を借りてきて、それを上演するというのが多いのですが、最近は自分たちでも作ってやり始めているんです。最初に台本選考会というのがあって、それぞれ立候補した人が台本を作って持ってきます。それを皆で投票するのですが、選考会の時には台本は完成してないといけなくて、当然、長い時間をかけた台本から選ばれる台本は1つなので、結構シビアです。台本を0から作るのはとても難しいですね。ネタは普段の生活の中で見つけていくのが多いです。ふとした時、例えば授業中とか電車の中で。完成までには1か月くらいかかります。それを僕が稽古をつけていく感じです。
今までの演劇の概念を壊したいです
― どんな練習をされているのですか?
イメージとは違うかもしれないですが、実は演劇ってかなり体力がいるんですよ。特に自劇はそうなんですが、ダンスだったり、殺陣(タテ)っていうアクションシーンだったりが多くあって、かつ、そのアクションの直後に息切れをせずに台詞を言わないといけないので、かなりしんどいんです。だから、ランニングも筋トレも普通の運動部レベルでがっつりやっています。あとはワークショップとして様々な練習をしています。例えば、感情解放って言って、喜怒哀楽の喜、怒、哀、楽をそれぞれ100%で表現するっていう練習もあります。喜って言ったら皆全力でよろこんで、怒っていったら皆「くそやろー!!!」って怒りだして(笑) 哀って言ったら泣き出したり(笑) 他にも、パワースピーチって言って、自分の好きなことを100%で語るっていう練習もあります。「俺はこれが好きなんだ!」ってとにかく皆もそれを好きになれるくらいに熱く語るんです。例えば、牛乳が好きなやつは牛乳のプレゼンをしたり(笑) 。あとは即興の芝居とかをやってますね。
― 新入生へメッセージをお願いします!!
自由劇場に入ってほしいというよりは、とりあえず一回は演劇を見に来てください。学生が1つのものを作り上げる時のパワーを感じて欲しいです。今までの演劇っていう概念を壊したいですね。もちろん、演じることはとても楽しいですよ。普段は口にしないような台詞を、照明を浴びつつ、音楽が流れてる中で、堂々と言うのはかなり気持ちいいです。
― 箱田さんにとっては演劇とは何ですか?
水みたいなもの。ですかね(笑) 毎日飲んでても飽きないみたいな(笑)
36. ネイビーズアフロ
現役神大生芸人
45. 高橋 弦太
休学し、長期海外旅行を決意した男
37. 神大生のカフェbot
カフェ本を出した人気アカウント
3. 村上 加奈
85. 近藤 友祐, 阿部 智明
学生団体POMB