NO.73
インドラ・ラル・スベディ
(INDRA MAHAL店主)
「学生のやりたいことを応援したい」

六甲道から徒歩6分で、スパイス香る異国の空間。六甲のインドカレーと言えば、みんな大好きINDRA MAHAL。多くの神大生を惹きつけるのは、本格カレーや絶品チーズナンはもちろん、優しい笑顔でサービスしてくれる店主インドラさんの人柄あってのこと。学生に嬉しいサービスを続ける、彼の想いとは。
Presented by Saki Watarai, Ueyama Shunsuke
Photo by Koki Yoshida
お客さんのおかげです。
― インドラさんはご出身がネパールで、日本に来られる前はインドにいらっしゃったそうですね。なぜ故郷から遠く離れた日本に来られたんですか?
最初は仕事の関係で来ました。インドで料理の勉強をしていたとき、インド料理店を経営されている日本の方と出会ったんです。その方を頼って来日し、芦屋のお店で働くことになりました。実は、カナダに行くことも考えていたんですが、当時日本にいた知人や兄から日本について聞いていて、良い印象があったのも大きかったですね。
このように日本とは縁があり、失敗してもいいからとりあえず1年間は頑張ってみようということで、日本に行くことを決めました。
― 日本に来られて20年近く経つということで日本語もお上手ですが、当初は日本とインド・ネパールとの違いに戸惑いませんでしたか?
初めは日本での生活は大変でした。文化や言葉の他にも、味の好みも全く違ったので、日本での生活の不安はもちろん、今まで自分が習ってきた母国の料理が通用するか、という心配もありました。しかし、仕事をする中で言葉や料理を覚えていくうちに、日本が好きになって、徐々に生活に慣れていきました。
― すっかり日本に慣れたようで、好きな日本食はみそスープと話すインドラさん。いままで日本で計4店舗のオーナーの経歴をお持ちだそうですが、ここ六甲道店のオープン当初のことをお聞かせいただけますか?
神戸は山が近く風が吹いて快適なところが母国の風土と似ていて、前々から住みやすそうだと思っていました。お店を出すのも、私のような外国の人間だと大変なことが多いんですが、縁があって六甲に出店することになりました。芦屋で、スタッフとして働いていた経験もあったので、お店を始めるときどうすればいいかというイメージだけはあったんです。それでも自分で想定していなかった困難もありましたが、頑張ったらいつかはうまくいくだろうと、前向きに考えていました。
お店を出すにあたりメニューも自分で一から考えていて、現在はインドとネパール両方の料理を出しています。日本にはインド料理店が多いですが、使うスパイスは同じでも作る人が違うと、お店によって味に個性が出るんですよね。また六甲道店では、ネパールでの古い知人や、日本に住んでいるネパールの方たち少人数で営業しています。お客さんに愛され続けるお店を経営していくのは大変ですが、お客さんのおかげで6年目の現在まで営業できています。
自分のできることで、学生を応援したいから。
― 六甲道でカレーと言えば!という程、今ではすっかりおなじみですよね。気になっていたんですが、店名「INDRA MAHAL」とはどんな意味なんですか?
インドラとはヒンドゥー教の神様のひとりで、見た目は怖いんですが、悪者と戦いをする善い神様です。マハールというのは、お城、その人のものという意味。つまり、店名には「インドラのいるところなので、悪いこともしないし、悪いことをしたらいけませんよ」という意味が込められています。
― まさか神様の名前だったとは…!(確かに、いつも優しいお店の方は、学生にとって神様みたいです…。)現在営業中の2店舗がそれぞれ近大、神大の近くということで、大学生と接することも多いと思います。いつも私たち大学生にサービスして下さる理由はなんなのでしょう。
"友達と色んな所に遊びに行きたいけど勉強が大変でお金もない"ということは学生さんにとって世界共通です。自分の学生時代も、みんなでご飯を食べに行ってもお金があまりなく、食べたいだけ食べられないという時がありました。その頃を思い出して、値段を少し下げたりなど学生さんにはできるだけサービスしようと心掛けています。
近畿大学前店は今年で10年目になるので、かつての学生さんたちも、今では色んな仕事に就いています。昔食べに来られたことを思い出して、またお店にいらっしゃって下さることもあり、おかげさまで長くお店を続けられています。神戸大学はいい大学で、いい子が多いというのを聞きます。お店を構えてからお客さんとしてたくさんいらっしゃるほかに、サークルのイベント等のポスターを貼ってほしいという方も時々来られますが、そのような時はなるべく協力させてもらっています。お店の利益も大事ですけど、学生さんの活動を盛り上げる手助けになればいいなとも考えているので。また、断ってしまうのも寂しいことですし、今まで大学生の依頼は断ったことがないですね。
神大生の方にも、社会人になった時、INDRA MAHALのことを思い出してくれたら、一番ありがたいなと思います。
― では最後に、神大生に向けてひとことお願いします。
学生は、将来のために一生懸命勉強しているという点は、どこの国でも同じだと思います。今は、勉強が大変かもしれないですが、日本は他の国と比べて環境が良いですし、学生時代の貴重な時間を無駄にせず頑張ってほしいです。社会の人々を幸せにすることを、勉強している現在から考えて、ぜひ頑張ってください。
― 編集後記
取材初挑戦の渡会がお届けしました!私も常連でありながら知らなかった、インドラさんの”情熱”をお聞きすることができて、ますます好きになっちゃいました。ところで、インドラ・マハール店長の他に、人気ツイッタラーの一面も持つインドラさん(@INDRAMAHAL)。独特な魅力に、元気をもらえますよ!
元気と言えば、7月の暑さに早くも夏バテの方も多いのでは?スパイスの効いた本格カレーで、元気に夏を乗り切りましょう!インドラ・マハールでは期間限定(7/18~7/24)で、3人以上来店でチーズナン1枚サービスのキャンペーン中!この機会にぜひ足をお運びください!(※キャンペーン期間外もサイト内クーポンをぜひご利用ください)
48. LINO LEIA
歌手活動を行う現役大学生
17. 河内 鏡太郎
文学部卒元ジャーナリスト
31. 森 大地
「キッカケプロジェクト」トレーナー
21. 鈴木 麻里絵
thREAD代表
27. 吉原 史郎
経営学部卒コンサルタント