"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

シンタメ

フィリピン旅行、どう?

まいやん


 

 

夏休みが終わり一か月と少しが経ちましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

そろそろ授業に疲れてきたころでしょうか。

 

私は一週間で三回絶起しました。非常に良いペースです。

 

 

 

、、、

そんなだらけてしまいがちな今こそ!

 

春休みの旅行の計画をたてませんか?

 

 

旅行って計画たてるところからワクワクしますよね。

 

行くか行かないかは置いといて、ちょっとだけ思いを馳せてみましょう。

 

 

今回私が紹介するのはフィリピンのセブ島。夏休みに行ってきたことをもとにおすすめポイント3つを、全て私が撮った写真をもとに紹介します。(iPhoneでの撮影なので画質は良くないかもしれませんが、悪しからず。)

 

 

 

 

おすすめポイント①:物価が安い!

 

もうね、本当にびっくりしますよ。

 

 

フィリピンでは フィリピンペソ というお金が使われていて、1ペソ=2.13円なので大体二倍すれば日本円になると考えてください。

 

 

例えば...

薬局で売っている水(500㎖):8ペソ≒16円

日本で100円くらいで売っている菓子パン:22ペソ≒44円

タクシーの初乗り:80ペソ≒160円、300mにつき3.5ペソ≒7円

一週間分の風邪薬21錠とビタミン剤7錠:212ペソ≒424円

果物果肉入りのアイス(シングル):80ペソ≒160円

 

 

...などなど。 老後フィリピン移住計画たてようか と思うレベルです。

 

 

 

自信がある人はぜひタクシーの値切り交渉にもチャレンジしてみてください。

 

休日に市街地から少し離れたところ(遠くてメーターで測れない)へ出かける際、運転手は初め4000ペソを要求してきたのですが 私が渋る様子を見て3500ペソ、そしてついに3000ペソで良いよということになりました。そんなにちょろくて大丈夫なのか、運転手。

 

 

 

大学生にとってお金が無いのは切実な悩みですが、フィリピンでは割と気にせず買い物ができちゃいます。

 

 

 

おすすめポイント②:時差が一時間だけ!

 

 

これ、結構大事です。

 

 

折角旅行に行ったのに時差ボケで体調を崩して楽しめなかった、なんてなったら残念ですよね。

 

でもフィリピンなら時差が 一時間しかない ので心配ありません。(東京マイナス1時間)

 

しかもフライトは4時間半なのでちょっとお昼寝していればもう着いてます。

 

昼寝に4時間は長いのではないかという質問は受け付けておりません。私の休日における平均昼寝時間です。

特に意味はないけれど毎度なぜか機内食の写真を撮ってしまう私

 

 

 

 

 

おすすめポイント③:果物がおいしい!

 

 

え?フィリピン? バナナしかない でしょwww

 

 

とか言ってるそこのあなた。ノンノン!

フィリピンにはバナナだけじゃなくてほかにも南国フルーツがたくさんあるんです!

 

 

SUGBO MERCADO という木曜~日曜に行われている夜市に行けばこんなお店も。

 

果物をそのまま繰り抜いてジュースにしています。

 

 

 

いつも愛想の良いおっちゃん

 

 

 

 

特に一番よく見る マンゴー

ドライマンゴーはお土産としても人気です。

 

日本だったら680円くらいで売っていそうな果肉ゴロゴロのマンゴースムージー

99ペソ≒200円

 

ドライマンゴー@スーパー

100g101ペソ≒202円

 

 

 

 

 

 

おまけ:フィリピンで見つけたあれこれ

 

jeepney(ジプニー)

 

アメリカ製のジープを改造して作られたバス。町じゅうを走っています。

 

現地の人々の足として活躍するこのバス、なんと12ペソ(約26円)で乗ることができます。

 

爆速で運転しているため写真を撮るのが難しい

 

 

 

日本食屋

 

 

 

フィリピンには日本食屋やラーメン屋がたくさんありますが、クスッとしたのがこの日本食屋。少し見えにくいですがのれんに注目してみてください。

 

 

「 創 業 平 成 十 六 年 」

 

 

 

jollibee(ジョリビー)

 

日本でいう サイゼリヤ といったところでしょうか。

 

お昼時には長蛇の列ができます。

 

 

 

入り口にはかわいいキャラクターが。

 

 

その視線の先に何を見る

 

いかがでしたでしょうか。

 

春休みどこか行こうかな~っていうときに、フィリピンが選択肢に加わってくれたら嬉しいです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!

 

 

この記事を書いた人

まいやん

一覧へ戻る

Thank you!