シンタメ

ディズニー攻略法(初級編)

KooBeePR部 もふ


長期休暇になると大学生が自然と吸い寄せられる場所・・

そう、それはみんな大好きな・・

 

 

今回はディズニー大好きな筆者が、初心者でもディズニーを楽しめる たった3つのコツ をお伝えしちゃいます!

 

 

コツ①

公式アプリをダウンロードせよ!

 

(画像引用: http://sumaoji.com/android-application-hyouji-sarenai-4632 )

 

みなさん、ディズニーには公式アプリがあることをご存知ですか?

実はこの公式アプリがめちゃくちゃ使えるんです!

事前にダウンロードして、入園したと同時にスムーズに利用できるようにしておきましょう!

ここでは「初めて知った!」という人のために便利な機能を少しだけ紹介しますよ↓↓

 

リアルな待ち時間がわかる

アプリを見れば、アトラクションの最新の待ち時間が一目でわかります。効率的にパークを回るために、こまめに待ち時間はチェックしましょう

 

ショーの抽選ができる

実は数年前まで、ショーの抽選はパーク内の特定の場所でしか行うことができなかったんです‥。しかしアプリ登場のおかげで、どこででもショーの抽選が可能になりました!

 

グッズを事前に確認できる

ディズニーに行けば、自然とカチューシャ欲しくなりますよね?女子なら特に、行く前から「どんなカチューシャをつけよう!」とワクワクなはずです。そんな時はアプリで、グッズの在庫状況を確認しておけば安心ですよ

 

 

コツ②

ファストパスを使いこなせ!

 

(画像引用: https://chatplus.jp/support/using/ticket/ )

 

そもそもファストパスとは‥

通常よりも短い待ち時間でアトラクションを利用することができ、誰でも無料で発行できる魔法の券のことである

 

関西人は、某ユ○バで販売している超高額なエクスプレスパスを想像するとわかりやすいのではないでしょうか?

それがディズニーではまさかの タダ なんですね!オリエンタルランドさんには感謝しかないです。

このファストパスを制する者こそ、アトラクションを制する者だと私は思っています。

ですがこれにも、いくつかの注意点があるのです

 

※開園後すぐに1枚目のパスを取る

待ち時間の長い人気アトラクションほど、ファストパスもすぐに無くなります。そのため、パーク開園時間と同時に入園し、1枚目のパスを取ることを強くお勧めします。もちろん朝早くから開園を待つのはツライですよね

しかし、人気アトラクションのパスを1枚取れるかどうかで、その後1日楽できるかどうかが決まるのです!

 

※2時間ごとにパスを取得

ファストパスを1枚取得すると、2時間後に次のパスを取ることができます。この2時間のタイムリミット、忘れる人が意外と多いんです!

時間をよく確認して、なるべく多くのパスを取得できるようにしてください!

 

※パスは公式アプリで発券

ファストパスの発券方法には、

 

①アトラクション近くの発券機で発券する方法

②ディズニー公式アプリで発券する方法

 

の2通りがあります。はい、また出てきました先ほどの公式アプリ!

断然アプリの方が楽なので、ここでもアプリをじゃんじゃん利用しちゃいましょう!

 

 

コツ③

移動は乗り物を上手く使え!

 

(画像引用: http://carmania.info/2018/02/05/post-1448/ )

 

ほとんどの人は、ディズニーに1日中いますよね。そうすると、夕方から夜にかけてはもうヘトヘトに‥

そんな時は!パーク内を走行している乗り物を利用してみましょう!

乗り物とは言っても、ジェットコースターなどのアトラクションとは少し違いますよ。

 

例えばディズニーシーには、 「エレクトリックレールウェイ」 というモノレールのような乗り物が走っています

真ん中にある海の影響で、シーは移動が大変なのですが、この乗り物に乗ることで一瞬で長距離移動ができちゃうんです!

空いている日や、夜遅くだと、5-10分の待ち時間で乗れるのも嬉しいポイントですね!

 

他にもランドを走っている オムニバス 、シーの海上を通る トランジェットスチーマー などを上手く利用することで、「歩き疲れた‥帰りたい‥」状況を回避してみてください

 

 

さいごに

 

(画像引用: https://ai-uruoi.com/tomodati-dekinai )

 

今回は簡単にですが、ディズニーのコツをお伝えしてきました。

まだまだディズニーの魅力は有り余っているので、機会があればもっとディープな情報をお知らせできればと思います!

とは言っても、コツが無くたってディズニーは十分に楽しむことができる夢の国です

もしこれから行く方は、ステキな1日を過ごしくださいね

 

この記事を書いた人

KooBeePR部 もふ

そろそろ冬眠したい毛玉です。ぴょんた。

RECOMMENDED

KooBeeカメラ部を特集してみた

KooBeeカメラ部 なみ


カルチャー女子の殺し方

かなね


神戸大学体育会サッカー部主催 「サッカー教室」

けんち


一覧へ戻る