NO.8
宮原 泰之
(経営学部准教授)
「”まわりに合わせよう”みたいな雰囲気を大学生にはぶち壊して欲しい。」

「周りに合わせなくたっていい。自分は自分のペースで」「就職してからできることをやるな。若さを存分に生かした大学生活を送りなさい」経営学部・宮原准教授が神大生に物申す!
Presented by Emika Hatasaki
Photo by Emika Hatasaki
答えが出せるところが面白いと思いました
― どんな研究をされていますか?
メインの研究はゲーム理論の中にある一分野の繰り返しゲームに関する研究をしています。例えば、一緒に働く人が二人いて、それぞれが真面目に働くかサボることができる状況を毎日繰り返していたら何が起こるかということを研究しています。毎日やっていると今日怠けたら明日から一緒に協力して働いてくれないので、最初は協力しておく、相手が協力している間は自分も働いて、相手が裏切ったら自分もサボるというようなことで協力を達成できる。その標準的な状況をより現実に近づけて考えていきます。あなたがサボっているかどうかは本当のところは私には分からないですよね。あなたがサボっているような気がするなあといったシグナルがきたりとか、あなたがサボっているかどうかを費用をかけて調べに行くだとかスパイしに行ったりだとかいう状況を考えていて、そういうときに二人とも協力することは実現できるのかいうことを分析しています。
― 学部生時代は経営学を専攻されていましたが、大学院は経済学研究科だったのはどうしてですか?
学部自体は経営学部にいたんだけれど、最初は経営学の授業が面白いと思えなかったんです。数学が好きで久本先生のゲーム理論や出井先生の貿易論を受けていましたね。経営学の授業って答えがないんですよね。議論はするんだけど答えは出さない。出井先生の授業とかだったらちゃんと数理モデルをつかって答えがだせる。そこが面白いなあとおもって、数理モデルを使って分析する経済学に移っていきました。
― その学生時代に経営学部に所属していたということで経営学部の教授になられたんですか?
大学院は経済学の院に行ったんですけれど、そこで議論を続けてやるようになって、そこで(経営学の)組織の理論を経済学的方法で分析する組織の経済学という分野に興味をもってしまって経営学部で教えています。
自分が決めたことはなにがあってもやり抜ける
― 宮原先生の学生時代はどんな学生でしたか?
私はすごくまじめな生徒でしたね。授業は数学をよくつかう授業によくでてて、プライベートはですね…マンガか映画かを見ていましたね。そう、僕は引きこもり系だったので、家でできる趣味が好きでした。サークルはバンドをやっていてギターを弾いていました。が、自分には才能がないとやめました。 (KooBee記者)学生時代に恋愛とかは? バブルが崩壊した直後に僕は大学にはいったので、バブルの残り香があったんですね。 ”三高”ってわかりますか。 (KooBee記者)高身長 高収入 高学歴ですよね。  そう、僕は身長がちっちゃいのでまったくモテませんでした。モテる要素が何一つなくて、しかも引きこもりなので(笑)
― 神大生にメッセージをお願いします。
みんな言ってると思うんですけれど、学生のうちに出来ることをやってくださいということだけです。就職してから出来ることをやるなと。Twitterにも書いたことがありますけれども、ビジネス書なんかを学生のうちに読むな、就職してから電車のなかで立って読めと思っています。学生のうちはやっぱり学校でしか勉強できないことをやってほしいと思います。中でも、英語の専門書を読むことは学生にやっておいてほしいと思うことだな。英語の専門書を一冊でいいので頭から最後まで読んでほしい。将来役に立つかは分からないけど、大学生で何やった?って聞かれた時に、英語の専門書を一冊読みましたみたいな。スタンダードでいい教科書を読むのはすごく大切かなって思いますね。専門学校じゃなくて大学にいることを認識して、職業訓練みたいなことはして欲しくないと個人的には思います。 あともう一つ思うことは、日本ってまわりに合わせようみたいな雰囲気があるということです。それが今あかんなあって、大学生にはそういうのぶち壊してほしいなって思います。失敗しても学生だったら、あいつ若いからって許してもらえるじゃない。そういうことやってほしいな。だから授業中に手あげて質問するとかさ。授業ってきくもんだって習ってきたじゃない。でもそこをぶっ壊してほしいなとか個人的には思いますね。
84. 吉田輝
SPIA(古着屋)経営者/発達科学部3回
76. 河本 真夕(かわもと まゆ)
神戸よさこいまつり実行委員長(山美鼓所属)
89. 矢野隆之, 徳永滋之
アウトスタンズ代表・副代表
87. 山本真也
国際文化学研究科准教授
9. 小林 由季
様々な生き方を提案するライフプランナー