NO.18
田中 優祐
(起業家精神育成ゼミナール創始者)
「大事なのは”終わり”を意識すること」

学園祭プロジェクトで、自分が今できることに全力で取り組んだ。試行錯誤の中で見えてきた、理想のリーダー像。「逆境こそ楽しむ」その姿勢に迫る。
Presented by Keita Kutsuno
Photo by Keita Kutsuno
チャレンジするのが怖くなくなりました
― 起業家精神育成ゼミナールではどのようなことをされているのですか?
目的としては「起業家精神を育成しよう」っていうのがあって、その精神の1つに例えば「能動的主体性」があります。自分の責任で他人を主体的に巻き込んで、チャレンジしていく精神を養おうという。起業が目的ではないんです。その上で大きく二つのプログラムがあって、一つは毎週の神大卒の経営者の方による講義です。ご自身の起業の体験や起業を通して感じたこと、起業家精神を発揮した場面などについてのお話を2時間していただきます。これがインプットで、アウトプットとしては六甲祭で100万円売り上げることを目標として活動しました。実践を通して自分の起業家精神を磨いていくというものです。
― 実際に目標を達成することはできたんですか?
出来ました!150万円を超えました。いちばんヒットしたのが高校生向けの学園祭ツアーで、四国から高校生に150人ほど来てもらって80万円くらいの売り上げがありました。店舗に関しては、普通売上は30人とかのサークルで10万円ぐらいなんですが、僕たちはたった3人で21万円売り上げました。そこにはここでは言い切れない程の工夫がありましたが。
― 六甲祭では紙コップを使って何かされてましたよね?
そうです。あれは広告ビジネスですね。紙コップの出費をできるだけ安く抑えたい店舗側のニーズと、学生にアプローチしたい企業さんのニーズによるものです。就職情報サイトの広告だったんですが、その紙コップは学生の手に必ず渡りますからね。
― 他にも何かされていたんですか?
これから自分たちが行うビジネスプランを社長5人の前で発表しました。その中から実際に1人起業して、今も活動している人もいます。ゼミとしては、我々の活動をもっと色んな方に伝えるため、300人規模の講演を開いたりもしました。呼んだ友達に「本当に呼んでくれてありがとう。」と感謝されたのを今も覚えています。今年も2期生がやってると思います。
自分なりのリーダーシップを実践するのが大変でした
― 起業家精神育成ゼミナールに参加して変わったことはありますか?
顔が締まったって言われるけど、髪の毛は減ったって言われますね(笑) 。他には、何か新しいことをやるときに、尻込みしがちだった自分が変わったなと感じています。チャレンジするのが怖くなくなりました。学園祭プロジェクトの苦労を越えて、逆境を楽しめるようになりました。「あんだけ大変なものを乗り越えたんだからいけるはずだ」って。今までうまくいかなかったときに他人のせい、環境のせいにすることが多かったんです。けどそうしてる時間は楽でも何も状況は良くならないんですよね。
― 活動の中でいちばん苦労したことを教えてください。
『リーダーたりえること』ですかね。少し振り返ると、起業家精神育成ゼミが始まって初回の講義でゼミ幹事を決める場があったんですね。僕は「せっかくだからとりあえずやってみよう」という想いで、立候補した結果、なんとかゼミ幹事になることが出来た。とはいえ、リーダーとはなんたるかという知識やリーダーの経験は一切ありませんでした。必死に目の前にいらっしゃる起業家のリーダーシップを参考にして進みました。とはいえ、いきなり経営者のようなリーダーシップを発揮できるわけもなく、何度も問題にぶつかりました。学祭プロジェクトに取り組む中で、プランがまったく機能せず、たくさんのゼミ生がやる気をなくし、一時は3人しか動いていないし1円も売上が上がっていないという過酷な状況もありました。そんな中でも、諦めずにみんなを鼓舞し、みんなが全力でこの学園祭プロジェクトに取り組めるような環境や雰囲気作りに全力を尽くしました。自分が思いつく限りの事はすべてやりました。しかし、そうやって試行錯誤していく中で、自分なりのリーダーシップというものが少しずつではあるけれど、見えてきた。自分なりのリーダーシップを探り実践しチームとして結果を残していく。これが本当に大変なところだったと思います。
― 最後に、神大生にメッセージをお願いします!
僕は、終わりを意識することが大事だと考えています。4回生になって、大学生活ほんとにあっという間だったなって思うし。1・2回生がやっている教原や語学を少し懐かしいなって思うこともあります。1回生は「大学生活はまだ3年もある!」と思ってるかもしれないけど、ほんまに一瞬です!終わりを意識して、本当に何がやりたいかを考えて行動してください。やりたいことが分からなければとにかく何かすることです。やってみて合わなければやめればいいんです。とりあえず動いてみてください。チャレンジしていってその中でやりたいことを見つければいいんですから。やりたいことが見つかってる人はしっかりやってください!何やるにしても全力でやるのがいいんです。遊びでも旅行でも。
60. 三ツ矢・M・たらお
自由劇場 新入生歓迎公演「ゆめゆめこのじ」演出
5. 濱田 矩行
Ghanna Ghanna元代表
70. Scarlet
アカペラサークルGhanna Ghanna
71. 伊藤弘之
国際文化学部卒業後、2013年P&G Japan Sales 入社
8. 宮原 泰之
経営学部准教授