"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

シンタメ
#花水木 出石皿そば 

バイトが語るディープな「花水木」

KooBee編集部 もりやま


 

こんばんは、こちら現場のもりやまです。ただ今の時刻は午後4時50分。まもなく開店です。

?

え、 現場って、どこにいるんですかって?

?

よくぞきいてくれました。

ぼくがいるのは、兵庫県神戸市灘区琵琶町1丁目7-1、 「花水木六甲道店」 です。

神大生御用達スーパー「Toho」から、ちょちょっと30秒くらい行ったところですね。

?

 

<画像引用元: http://weebee1212.com/sp/misenavi/content.php?id=99

 

 

何を隠そう、この「花水木六甲道店」はぼくのバイト先なんです。

 

というわけで、今日は花水木の魅力をバイトのスキマ時間に (店長、スマホをいじってごめんなさい) ちょちょっと書いていこうかなと思います。

 

 

 

あなたの知らない手打ち皿そばの世界

 

 

まず、花水木といえばこれ! 手打ち出石皿そば です。

 

<画像引用元:https://www.hotpepper.jp/strJ001053705/>

 

"出石皿そばとは、出石焼の小皿に盛りつけた皿そばを何枚も食べる独特の様式のおそばで、五枚一組を一人前とし、薬味と徳利に入ったダシでいただきます。出石では箸を立てた高さを食べると成人男性の一人前と言われています。出石皿そばの薬味は玉子・とろろ・ねぎ・大根おろし・わさびなどがあります。玉子は鶏卵をまるまる1個ダシにといて食べるそばとしては珍しい食べ方です。"(参考:出石皿そば協同組合 http://www.izushi.jp/sarasoba/kodawari/kodawari.html )

 

そうなんです。出石皿そばはその独特なスタイル、豊富な薬味が特徴で、ご注文されたお客様からもよく「どうやって食べるんですか?」ときかれます。

 

 

ということで今日ははっきりさせましょう!

題して、 バイト的出石皿そばの食べ方

 

 

①徳利のダシをだしちょこに注ぐ。※ ここでの注意は徳利のダシを全部注いでしまわないことです。全部注ぐと、後からだしちょこがあふれそうになり、その恐怖の中でそばをすすらないといけなくなります。こわ。

②つゆだけで一枚おそばをずるずる。

③ねぎとわさびを加えて一枚

④大根おろしを加えて一枚

⑤とろろを加えて一枚

⑥玉子を加えて一枚。※ ①をおろそかにするとここで恐怖を迎えます。こわ。

⑦残ったダシを蕎麦湯で割って、ほっと一杯。 蕎麦湯はバイトにお申し付け下さい。

 

これだけできれば、あなたも立派な出石皿そば通!パチパチ。ちなみに最上級者は皿そばとともに白ごはんを頼んで、玉子かけごはんを作ります!んー!クリエイティブ!

 

さらに、 花水木のおそばは店長が早朝から打った手打ちの麺 も自慢。店長はおそばを毎朝打っているおかげで実は 筋肉ムキムキ 。これも自慢です。ちなみにぼくは花水木のバイトに入ってから 充実したまかない をいただくようになり、 わがままボディ を我が物としています。

 

あー、出石皿そばの説明をしていたらお腹が空いてきました。まかないがたべたい。

 

「店長、まかないお願いしてもいいですか?皿そばでお願いします。」

 

 

(中略)

 

 

ごちそうさまでした。

まかないといえば、花水木ではまかないで好きな料理を何でも頼むことができます (自制あり) 。本当にすばらしい Workplace environment

 

 

ということで、 バイト的まかないランキングー! パチパチ。

 

 

 

 

バイト的まかないランキング

 

注意:このランキングは完全なる主観であり、かつ、まかないという制限があるため、熱くて食べるのに時間がかかるもの、場所を取るもの、一品料理などは母数に含まれておらず、そのため実に信用できないランキングです。まちがってもお店に来たときの参考にはしないでください。なお、バイト中のため写真が用意できませんでした。すみません。代わりに僕の渾身の絵を添えておきます。

 

 

 

 

これは期間限定メニューのため、まかないでの何となくの頼みにくさがあり、2回しか食べたことがないものの、そのおいしさは舌を巻くものでした。なんといってもそばの上に豪快に乗せられたとり天は絶品。たくさんのジューシーなとり天は分厚くて食べごたえ抜群です。しかも、おそばはかけそば用のダシをわざわざ冷やして使うというこだわり。 (意図はよくわからない。店長、ごめんなさい)

 

 

 

これは、今はもう就職されたバイトの先輩の定番まかないで、バイト初期の頃の初々しい気持ちがよみがえってくるというポイントがあります。ぼくはせいろというものを花水木で初めて食べましたが、まさにおそばのつけ麺。鶏せいろの鶏肉めっちゃおいしいです。せいろにすると、忙しくてなかなか食べるまでに時間がかかっちゃうときでも麺が伸びないという素晴らしさもありますよね♪

 

 

さあ、ここで1位の発表の前にランキング外の料理をちょっと紹介。

 

まず、 「ほろ酔いセット」

これは一品料理2品とビールorチューハイがセットになったもので、お値段驚きの 630円! 「630円ですよ!奥さん!」(高音)

一品料理は、天ぷら盛り合わせや鴨ロースト、鶏のからあげなどから1品、枝豆やオニオンスライス、ポテトサラダなどから1品選んでいただくかたちとなっております。 (急にバイトっぽい)

ちなみにぼくのおすすめは、鴨ローストとオニオンスライスです。飲み物はもちろんビールで! (花水木のビールの泡が異常に少なくておいしい、かつ、チューハイはつくるのに手間がかかるのでやめてほしい)

 

つぎにおすすめNo1の一品料理! 海老団子!

正直、ぼくははじめ、海老団子をなめていました。しかし、あれはハタチの誕生日。特別にまかないに海老団子を乗せてもらって、はじめて食べたとき驚きました (ハタチの誕生日にバイトなんてかわいそうなんていう意見はことごとく却下) 。なんて美味しいんだ。噛んだ瞬間、プリプリの海老が飛び出してきます。しかもたくさん。

 

 

さあ、寄り道しましたが

いよいよ ランキング1位 に輝くのは!

 

 

どぅるるるるるるるるる…

 

 

どんっ! 丼とミニおろしそば

 

 

天丼はボリューミーで天ぷらがこれでもかっというくらいに盛られています。あとタレにしみたごはんがなんとも言えずうまい。ミニおろしそばはふつうにおいしいです (急に適当) 。さすがにこのセットを食べたときはお腹いっぱいでしばらくバイトの動きが鈍くなります。 (店長、ごめんなさい)

 

 

 

おおっと、そんなこんなしてるうちにもう9時半。閉め処理をしなければ!(ちなみに花水木の夜の開店時間はは5~10時、L.O.9時半。5時から6時が狙い目です。)

まだまだ花水木の魅力は、そのへんの飲み放題では飲めない、いいお酒。楽しい常連のお客様との会話。厨房の方とのお話といろいろありますが、それはまあ実際来てみて感じてみてください。

 

 

実際、バイトがバイト先を紹介したいだなんて、なかなかないですよね!これがいいお店ななによりの証拠!

 

 

 

神大生には 天丼定食が1000円→700円 で食べられるKooBeeクーポンもありますよ。

http://weebee1212.com/sp/misenavi/content.php?id=99

 

ではでは、ご来店お待ちしております

 

この記事を書いた人

KooBee編集部 もりやま

体重増加に歯止めがかかりません。助けてください。

一覧へ戻る

Thank you!