"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

シンタメ
#WeeBee 進化 KooBee  

WeeBee リニューアル!

KooBeeクリエイティブ部


 

こんにちは!KooBeeクリエイティブ部です!

 

4月19日 に、 WeeBeeのデザインがリニューアル していたこと、みなさんお気付きでしたか??

 

皆さんにWeeBeeを もっと使いやすく もっと見やすく 、そして、

 

もっと好きになってもらえるように!

 

半年間の時間をかけて行った WeeBeeのリニューアル

 

今日はWeeBeeリニューアルの 背景 推しポイント をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

リニューアルの背景

 

 

今、スマホからWeeBeeを見ていただいている方がほとんどだと思いますが、

 

実はこのWeeBee、 スマホ対応化 したのも 2年前 でした。

 

パソコン向けのサイトでスマホでは見にくいサイトから、

 

スマホからもサクサク見れるサイトになったのもつかの間、

 

世の中にはタブレット端末が出てきたり、

 

スマホの更新に気が取られている間に、

 

パソコンから見ると、グチャグチャで汚いWeeBeeになってしまっていました…

 

WeeBeeを見てくれているのはスマホユーザーの方だけではない。

 

パソコンやタブレットから見てくれる人にも

 

ストレスフリーにWeeBeeを楽しんでいただきたい。

 

そして、

 

もっと今の神大生が好きになってくれるようなデザインにWeeBeeを変身させたい...!

 

そんな想いからWeeBeeのデザインリニューアルは始まりました。

 

では、そんな新しく生まれ変わったWeeBeeの 2つの大きな見所 をご紹介していきたいとおもいます!

 

 

 

 

1.端末によって対応するレスポンシブデザイン!

 

 

1つ目は、先ほどにも言ったように、

 

パソコンやタブレットなど、

 

どんなサイズの画面にも対応してデザインが変わるところ (レスポンシブデザイン) です!

 

パソコンから見ても、タブレットから見ても、

 

スマホと同じようにWeeBeeが楽しんでいただけます!

 

(普段スマホしか使わないよ!って方は、スマホを横に向けてみてください!端末の幅によってデザインが変わることを実感していただけると思います!)

 

 

 

 

2.シンプルかつカラフルに見やすくなったデザイン!

 

 

WeeBeeをよく見てくださっている方はお気付きかもしれませんが、

 

WeeBeeの各コンテンツには があり、

 

WeeBeeには色々なテーマカラーがちりばめられた カラフルなデザイン になっています。

 

楽しいコンテンツからお役立ちコンテンツまで

 

色々なコンテンツがあつまった、 色々な個性のあるWeeBeeをカラフルな色で表しています。

 

 

この、以前からあった色を引き継ぎ、

 

WeeBeeらしさは残しつつ、白を基調に、さらに明るく、さらに見やすく変身しました!

 

 

情報がギュッと詰まった印象だったWeeBeeでしたが、

 

少し余白をとって

 

ボリュームのある情報量はそのまま

 

さらに見やすいデザインを心がけました!

 

(特にパソコンが大変身しているので、スマホからしか見たことがない方も、一度パソコンから見てみてくださいね!)

 

 

また、色々なコンテンツがあるからこそ、

 

「これ全部ほんとにWeeBee??」

 

と迷子になる人が出ないように、

 

各コンテンツのデザインに徹底して統一感を持たせて

 

WeeBeeのどのページにいても、安心してWeeBeeを楽しんでもらえるようにしたところもこだわりポイントです!

 

これを気に、『シンタメ』だけじゃなくてWeeBeeの他のコンテンツも見てみてください!

 

 

 

 

終わりに

 

 

このWeeBeeリニューアル、ここでは淡々と紹介していますが、

 

実はKooBeeの制作を担当するデザイナーやエンジニアが

 

色々なことに頭を悩ませながら作った、

 

ギュ〜〜〜っと想いが詰まったもの です!

 

細かい所にまでたくさんこだわりを持って作ったので、

 

「WeeBee見やすいなぁ!」

 

だったり

 

「WeeBee好きだなぁ!」

 

と思っていただけたら幸せです!

 

今年で5周年を迎えたWeeBee。

 

これからも皆さんに楽しんでいただける情報をたくさんお届けするので、

 

新しくなったデザインとともによろしくお願いします!

この記事を書いた人

KooBeeクリエイティブ部 のぞみ

KooBeeやWeeBeeのデザインをやっておりました

一覧へ戻る

Thank you!