"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

シンタメ
#応援団 ゼロの執行人 新入生 

フレフレ!神戸大学応援団

こっぺ


 

 

新入生のみなさん、こんにちは。

そして入学おめでとうございます。

 

 

KooBee編集部のもりやまです。

 

 

 

入学から約2週間経とうとしていますがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

きっと、以前シンタメで紹介した 大学生活を謳歌するための3ステップ を実行し、

 

 

合コン クラブ 海外旅行

 

 

に勤しんでいることと存じます。

 

 

 

かくいうぼくもこの記事を読んだ後、 合コン クラブ 海外旅行 を愉しみたいと、 団体図鑑 をくまなくチェックしていたわけです。

 

 

すると、ある団体が目にとまりました。

それがこちら、

 

 

 

神戸大学応援団 です!!!!!

 

 

 

気になったポイントはもちろんこちら

 

 

 

 

 

人数 0人 !?

 

 

ん?

 

 

ということは、この団体の情報は誰が送っているのだ?部内恋愛度5とは?この写真の人誰?

 

事件の匂いがします。

 

 

もしかして、これが最近うわさの ゼロの執行人 なのでは!?

 

 

 

 

 

ということで、

 

見た目は、若めの大学生

頭脳は、普通の大学生

 

のぼくが捜査してきました!

 

 

 

 

 

突撃!ゼロの執行人

 

 

お話を伺ったのは、団体情報を寄せてくださった ゼロの執行人 カセさんです。

 

 

カセさんは神戸大学体育系部活動からなる「体育会」の幹事長を務められていた方で、試合の時などに応援団がほしいという想いのもとで応援団復活に乗り出されたそうな。

 

 

そもそも神戸大学応援団は実に歴史のある団体でいろいろあるのですが、詳しくはこちら、

 

神戸大学応援団総部について

1960年当時、神戸大学では「世のエリート」の気風が漂い、戦後の日本復興を支えようという意気盛んな空気感に満ちていました。

ただ学舎が各地に分散していたせいか、学生の熱気やエネルギーまで分散しているようで一体感が今ひとつ…そのように感じていた8人の学生が集まり、「たこ足大学」から真の「総合大学」としての連帯感を求めて活動を始めたのが「神戸大学応援団総部」の起源です。

 

「応援団」と「吹奏楽部」の2つの組織で構成される応援団総部は、各クラブの応援活動にとどまらず、式典や学園祭への出席、参画を通して神戸大学生の意気高揚を図るなどして、学内においてなくてはならない存在として認められ、活動をしています。

 

長い歴史の中で、その時代時代にあわせて変遷しながら、2015年、創立55周年を迎え、盛大に記念式典が行われました。

今、変革の時を迎えながらも、神戸大学がここにある限り、応援団総部は神戸大学生と共にあり続けたい…あり続けて欲しい…自他共にそう願っています。

 

2018年の応援団総部(現状)

55年を超える歴史ある組織ではありますが、「応援団」は現在団員が「ゼロ」の状態にあり、実質「吹奏楽部」のみで応援団総部を支えながら新年度を迎えます。

 

応援団員減少については、様々な要因が絡み合っての帰結かと思いますが、その理由をひとつあげるとするならば、時代と共に変わるべき慣習が好まれぬまま残ってしまい、逆に守らなければならない伝統や文化を守り切れなかった、その結果、多様なキャンパスライフの選択肢が存在する昨今において、学生の目に応援団が魅力ある団体や活動に映らなくなってしまったのではないかと分析されています。

 

しかし、応援団不在の現状においても多くのクラブや団体から「応援団待望論」が聞こえてきます。応援団が復活し、再び学内において神戸大学に関わるすべての人たちを元気づけ、盛り上げていく活動がおおいに期待されているのです。

 

応援団が再び輝きを取り戻すその日までは、他団体や大学の協力も得ながら、吹奏楽部が中心となって応援団総部の活動を推進していきます。

 

神戸大学応援団HP より)

 

 

熱い団体ですね、応援団!

これはぜひ復活してもらいたい!

 

 

 

そんなわけで、カセさんが考える応援団の魅力を一挙ご紹介!!!

 

 

 

 

 

神戸大学応援団の魅力3選

 

 

①かっこいい

かっこいいですよね!応援団!

 

 

 

ほんとにこれは言わずもがな。

 

 

だから詳しくは言わない。

 

 

 

②ゼロからできる

これは現在、部員が少ないからこその魅力ですよね!

 

 

カセさんによると、実は神戸大学応援団は昔から応援団のパイオニア的な存在だったらしく、

 

 

学ランではなく、スーツでの応援

 

 

 

 

 

 

全員金髪にしての応援

 

 

 

 

など個性的な応援を生み出していたそうです。

 

 

ここだけの話、応援団は神戸大学公認団体かつOBOGのつながりが強いため、なにか新しいことをしたいとなると、金銭面で困ることはないそうです。

 

ホームページにもほら!

 

※応援団のOB・OG会である「翔鷹会」も 物心両面で サポートします。

 

 

 

③交流の幅が広い

確かに。

 

 

きっと活動する中で、

 

 

 

 

 

 

 

こんな仲間ができて

 

 

陸上部の応援に行くと

 

 

 

 

こんな先輩に出会えて、

 

 

 

競技かるた部の応援に行くと

 

 

 

 

こんな後輩と仲良しになっちゃうんでしょう。

 

 

 

そんなこんなで応援団!いかがでしょうか?

 

上に挙げたようなバラ色のキャンパスライフが待っているかは保証できませんが、

 

真実はいつもひとつ! なので、

一回体験してみるのはどうでしょうか?

 

 

 

以下、新歓情報です。

 

4月22日(日)

応援団 説明会・体験会

学生会館405

 

ではでは。

 

 

 

神戸大学応援団総部リーダー部Twitter

@uchuwomatani

 

神戸大学応援団総部HP

http://home.kobe-u.com/ouendan/

 

 

 

 

<画像引用元:http://home.kobe-u.com/ouendan/>

<画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2144141784162607101/2144143057471994603>

<画像引用元:https://rockinon.com/news/detail/155602>

<画像引用元:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/conan-movie2018.html>

<画像引用元:https://www.cinematoday.jp/movie/T0006169>

<画像引用元:https://twitter.com/strawberry09kk/status/975713663775522816?s=19>

<画像引用元:http://music-book.jp/video/news/news/179761>

<画像引用元: https://news.mynavi.jp/article/20171007-a172/%25EF%25BC%259E

 

 

 

この記事を書いた人

KooBee編集部 もりやま

体重増加に歯止めがかかりません。助けてください。

一覧へ戻る

Thank you!