オモテコウ>生物の環境適応


生物の環境適応

担当教員 前藤

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

課題の軽さ

この数値は神大生の主観的な評価を平均したものです。

成績評価方法

最終レポート、毎日の課題(200字程度)

テスト形式

テスト自体なし

期末レポート文量

レポートなし

出欠方法・頻度

なし

内容
生物が環境適応していった過程を学ぶ。内容自体は簡単。

先生に一言物申す!
超楽単だと思います!

結局単位は取れましたか?
はい

内容
様々な生物の特徴など

先生に一言物申す!
最高です

結局単位は取れましたか?
はい

内容
生物の進化、個体群、性別の決定、共生や競争について、などなど… 高校生物で出てきた進化や個体群についての内容を深掘りする感じです。

先生に一言物申す!
初めて学ぶことも多く、とても楽しい授業です!生物が好きな人はもちろん、これまで興味がなかった人も楽しめると思います。

結局単位は取れましたか?
はい

内容
生物学の中でも種の誕生や進化といった内容に焦点を当てた授業。

先生に一言物申す!
高校の時は物理選択でしたが、授業を聞けば理解できる内容で純粋に面白かったです。毎回の小テストも先生が読むのが大変だからか200文字程度で良いと言われて、負担が少なかったと思います。

結局単位は取れましたか?
はい