"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

オモテコウ>職業と学び-キャリアデザインを考えるB


職業と学び-キャリアデザインを考えるB

担当教員 南

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

成績評価方法

テストの持ち込み

出欠

楽単度

授業満足度

成績評価方法
毎回ビーフに授業の要旨と感想を600字に書いたものを提出しないといけない。最終回はアウトプットレポートとしか言われていなかったが、受けてみると講師の先生の名前まで覚えとかないといけない鬼畜テストだった。

内容
オムニバス形式で、会社の社長など神戸大学出身の方が自身のキャリアの説明を通じて、私たちに伝えたいことを伝えてくれる。

感想
毎回の授業は色々な講師の方のお話を聞けて、本当に楽しかった。仕事に対するモチベーションもあがるし、自分のさらなる可能性を感じることができる。ただ、毎回600字でまとめる作業は非常に大変だった。それを乗り越えても、最終回のテストでは、ただの感想だけではなく、学んだこと、印象に残った言葉を講師の先生の名前もつけて述べよ。などの記憶も必要なテストだったので、けっこう大変だった。総合的にみて、人の話を聞くのが好きな人にはおすすめします。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
課題提出物および授業最終日実施のアウトプット・レポートで総合的に判定される。 2回欠席で放棄扱い、単位不認定。毎回のBEEFでの事後課題提出による出席確認と授業最終日実施のアウトプット・レポート提出(提出がない者は単位認定の対象としない)により総合評価。

内容
講義中は各回色んな業種の仕事人が今までの職場の経験や、役に立ったことを語ってくれる。講義の内容をまとめるレポートが毎回600字程で出される他、オムニバスで講義に訪問した講師への感想も同量書くことが必須。これとは別に最終日にレポートという名の試験があり、今までの講義で一番興味を持った話や全体としての感想を書くことになる。無断欠席や課題の未提出は大幅に減点される(または単位不認定となる)が、頭を使って問題を解

感想
5限開講科目で遅刻する事は基本的になかったので、毎回話を聞いてパソコンでメモを取ると、毎回の課題はそれを元に加筆するだけで済むので楽でした。専門外だから話がわからないといった、教養特有の悩みも生まれず助かりました。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
授業後500字程度の要旨と感想をそれぞれbeefに提出することが平常点になります。テスト(振り返りアウトプット)もあります。テストを受けないと必ず不可になります。

内容
大体は神戸大学の卒業生の方が来て、現在の仕事内容やご自身の人生、キャリアについて話してくれます。年収数億のサラリーマンから作家さん、公務員の方など様々な職業の方が来て下さるので聞いてて面白いです。プチキャリアセミナーのような感じです。

感想
毎回の要旨と感想の提出がかなり面倒で、忘れると出席したことにならないので忘れずに提出することが大事です。またテスト(振り返りアウトプットレポート)ではかなりの量をかかされ、問題も数問あるのでテスト前には今までに書いた授業の要旨や感想を復習しておくことが必要だと思います。しかし、難しい勉強などは全くする必要がないのでちゃんと授業に出て話をある程度聞いていれば必ず単位は取れます。5限にあることを除けば、非常に良い授業だと思います。特にまだ就職のことを全く考えてないという1回生におすすめの授業です。

Thank you!