"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

オモテコウ>現代の経済A


現代の経済A

担当教員 藤川

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

成績評価方法

テストの持ち込み

出欠

楽単度

授業満足度

成績評価方法
テスト 65%、毎回の授業でのミニ課題 35%

内容
企業の経営戦略

感想
経済といいつつ完全に経営学でした。経営学部の必須科目「経営学基礎論」「市場システム基礎論」に近い授業です。実際の企業を例に出して、分析するので、興味がある人にとってはとても面白い授業だと思います。テストは、選択問題4問(4×5点)と800字の記述問題2問(2×40点)です。記述問題は、語句の概念と具体例を書くので勉強しておいた方がいいと思います。授業では毎回、学んだことの応用問題が出されるミニ課題があるので、それを真面目にやっていればある程度取れます。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
テスト65% 出席35% 出席課題は手渡し提出なので代筆は不可能です。

内容
経営戦術や企業分析など 経済と言うより経営に近い内容です

感想
内容自体は非常に面白く興味深い内容であるが、出席課題やテストの記述量が多く少し大変です。テストは内容こそ簡単ですが、択一問題4問、800文字の論述問題2問と少し盛り沢山です。ちょっと大変ですが、授業にさえ出れば単位は取れると思います。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
毎回のミニテスト:定期試験=35:65

内容
企業の経営マネジメント

感想
授業内容は、コンビニの大手3企業の戦略の比較をしたり、企業の多角化戦略を学んだり、とても面白かった。しかし、定期試験は3、4題の選択問題と2問の記述(800字程度)となかなか厳しい。記述は、専門用語等について具体例を入れて論理的に説明しなければならない。毎回のミニテストでは自分で業界を選んでその業界について分析しなければならないので、授業をきちんと聞いておいた方が良い。楽単ではないが、授業は面白い。

Thank you!