"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

オモテコウ>文学B


文学B

担当教員 福長

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

成績評価方法

小テスト:期末テスト=7:3

テストの持ち込み

出欠

楽単度

授業満足度

成績評価方法
小テスト:期末テスト=7:3 小テスト(記述式)は隔週で実施される。前回の授業の内容なので、授業を聞いてたら×。聞いてなくても調べたら出てくる(けどこれが正解になるかはわからない) 期末テストは今までの小テストのまとめかもあるけど、期末テストの1個前の授業で話してたところが主に出る。ただ記述が長い。

内容
源氏物語について

感想
授業としては面白かったけど、先生が毎週15~20分くらい遅れてくる。遅刻しても授業が始まってないことはよくある。あとたまに体調不良で休校になったり、小テストだけになったりする日もある。マイクが遠くて後ろのほうの席は話してる内容が全然聞こえない。すごい弱弱しいので聞こえないってイライラするというよりはだんだん心配になってくる。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
小テスト:学期末テスト=7:3

内容
源氏物語が古典と呼ばれる所以について

感想
先生の声が小さく黒板の字も小さいため理解にかなり苦しむ。初回授業の時には小テストを何回か行うと言っていたが結局1回しか行わなかった。また、第3クオーターに同じ授業をとった友達はテストが論述だったが、私がとった第4クオーターのテストは記号だった上に、最後の2回の授業だけが範囲であった。私は漫画で全部ストーリーを読んでいたので授業が楽しめたが、そうでない人は厳しいのではないか。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
2回に1回のレポート、期末レポート

内容
源氏物語についての授業。登場人物の背景や巻末ごとの流れなどを詳しく学んだ。授業とレポートが隔週で実施される。2回に1回のレポートは前回の授業で先生が強調したところが出てくる。授業を聞いて、板書を取ってたら余裕でレポートは書ける。なんならレポートの時間見守りなし同然なので、インターネットで調べてる人もいた。期末レポートはほぼ筆記だったと思う。すごい量を書かないといけないけど、今までの授業の内容を入れてちゃん

感想
授業を聞いておかないと次の週のレポートが書けないのは怖かったけど、逆に言うと聞いてたら本当に余裕。なんなら授業終わりくらいにまとめポイントを強調してくれてレポートはそれがテーマになることが多いので何とか耐える。あと先生が授業に30分くらい遅刻することもしばしばある。隔週あるレポートも時間制限はなく、早く来れば早く帰れるし、遅刻してもおとがめなし。レポートの日は先生が来ない。話としては面白いと思うが、いかんせん声が小さいのにマイクが遠くて、前の方の席じゃないとマジで聞こえない。し、板書も飛び飛びで書くので読み取りづらい。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
期末テストと授業中の小テスト(前回の内容からガッツリ文章で解答)と、

内容
源氏物語について、最初の章から見える時代背景も合わせて読み解くという感じの授業でした。授業の初めに、先生の気まぐれでテストがあったり無かったりして、テストの内容も前回の内容をしっかりメモしてないと書けないので、結局行かざるを得ないです。

感想
授業で板書された先生の文字がほとんど読めないので、寝ずにちゃんと聞いてメモするか、寝てなかった友達にメモを見せてもらえれば、テストは乗り越えられると思います。 内容は、興味があれば結構楽しいです。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
毎回の出席確認、テスト

内容
源氏物語のことを中心に、古典文学の解説を黒板を使ってやっていく授業。登場人物の関係性、作者の意図などが解説される。

感想
出席しなくてはいけない。テストはかなり難しくて、持ち込みがあっても役に立たないと思う。テストに自信がない人はレポートを出したら点をくれるとのことだったので、レポートを出したらそこそこ良い評価をもらえた。楽単ではない。

Thank you!