"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

オモテコウ>教育学A


教育学A

担当教員 川地

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

成績評価方法

テストの持ち込み

出欠

楽単度

授業満足度

成績評価方法
テストが2回あり、テスト100%

内容
子どもの不登校について、教育の歴史についての内容を扱いました。

感想
川地先生と船寄先生の2人によるオムニバス型式でした。テスト2回ともは授業内容を踏まえての自分の意見を述べる論述型の試験でした。先生方も単位を落とす感じではありませんでした。教育の歴史に興味があれば、この授業を受けることをお勧めします。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
シラバス通り

内容
教育の歴史など

感想
先生2人いて、3回授業して4回目に1人目(川地先生)のテスト、また3回授業して2人目のテストっていう感じの流れだったので、内容が薄くて楽だった。また、テストが自分の意見を書けば良いだけだから簡単だった。少なくとも一方はテストの時に持ち込み可だった気がする。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
テスト100%

内容
具体的な過去の教育者たちとその生徒の関係性を配布プリントに添いながら学ぶ

感想
授業に出席確認がないので、出席しなくてもいける。毎回の配布プリントもなくても期末テストは自分が今までどのような経験をしてきたかを問われる問題であったので、勉強する必要もないし、レジュメを手に入れる必要もなかった。期末テストは時間内にレポート用紙に与えられた一つのお題に対し、自分の具体的な経験談を踏まえて意見を書くものだった。

Thank you!