#オーケストラ #演奏会 #団体紹介 

2016/10/31

特集!神戸大学交響楽団

神大オケ広報マネ


こんにちは!

今日は神戸大学交響楽団の魅力を、たっぷりとご紹介いたします!

 

神戸大学交響楽団(通称:神大オケ)って?

 

皆さんはオーケストラにどのようなイメージを持っていますか?

「お堅い感じ、、、」

「モーツァルト、、、」

「のだめのやつ、、、」

そもそもオーケストラって?と考えている人も多いはず。

 

オーケストラは弦楽器(ヴァイオリンなど)、管楽器(トランペット、クラリネットなど)、打楽器(ティンパニなど)で構成されています。

 

そして神大オケは100人を超える大所帯!

プロの指揮者をお招きし、2000人規模のホールにて年2回演奏会を行っています。

 

 

実は、毎年神戸大学の卒業式で生演奏をおこなっているんですよ!神戸大学生であれば、1度は演奏を聴くことができる、ということですね。

 

私たちは普段、国際文化学部横の学生会館にて、週3回(火・木・土)練習をしています。

 

また、養父市にあるハチ高原で、年2回合宿を行います。そこではアンサンブル大会なども開催されるので、演奏会での曲目だけではなく様々な曲を取り組むことができます。交響曲だけではなくゲーム音楽や自ら編曲した曲を演奏したりすることで、パートやセクションでのアンサンブル力を鍛えることができるという、一言で言えば「めちゃくちゃ楽しい」合宿です(^◇^)!

 

神大オケの歩み

 

説明しよう。

大正4年(1915)、神戸市・上筒井にあった神戸高等商業学校の学生会館で『ワグナー・ソサエティ』と称する数人の学生が合奏を楽しんでいた。この『ワグナー・ソサエティ』こそ神戸大学最初の器楽合奏団であり、今日の神戸大学交響楽団の歴史は、この時・ここから始まったのである…。

 

 その後、メンバーを少しずつ増やし、大正7年(1918)に名称を『フィルハーモニック・ソサエティ』と改めて活動を続け、また、大正10年には、それまで所属していたマンドリン部とグリー・クラブが分離独立し、大正11年(1922)2月11日に神戸YMCAホールで、【グランド・コンサート】と銘打って初の単独演奏会を行った。

 

 昭和4年(1929)1月、神戸高等商業学校は神戸商業大学に昇格し、学内の音楽活動はさらに盛んになったが、オーケストラはメンバーと資金の不足に悩まされ続けながら、6月・12月に細々とその活動を続けていた。大学昇格後初の公開演奏会は、昭和5年12月に大学講堂で行われ、以後毎年春・秋2回の演奏会が定例となった。

 

 戦後、『第1回定期演奏会』は、親和女子高等学校講堂を借りて、昭和26年(1951)11月に60人のメンバーを揃えて行われた。以後毎年定期演奏会は行われており、今年で66回目を迎えることとなった。

 

 

祝!100周年

 

 

そしてなんとなんと!神大オケは昨年、創立100周年を迎えました。それを記念して、夏には東京(ティアラこうとう)・大阪(ザ・シンフォニーホール)にて演奏会を行いました。

 

特に東京は、神大オケにとって未開の地。有志で東京へ赴きビラ配りや宣伝活動を行った結果、冬公演を合わせた3公演で、なんと4000人近くのお客様にお越しいただきました!!

 

 

こんなに身近!オーケストラ!

 

ここまでオーケストラについて色々と説明してきました。演奏を聴いてみたいなぁと思った方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに朗報です!!

 

12/23(金・祝)に西宮にある兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールにて、第66回定期演奏会を行います!興味を持った方はぜひ足をお運びください。極上の音楽をご用意してお待ちしております♪

 

クリスマスイブイブは神大オケ!!!

 

第66回 神戸大学交響楽団 定期演奏会

2016/12/23(金・祝)  開場 17:15 開演 18:00

場所:兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

入場料:A席 1000円  B席 500円

指揮:新田 ユリ

学生指揮:今西 三千絵

曲目:  交響曲ニ短調Op.48 フランク

        交響詩「前奏曲」S.97  リスト

        序曲「ルイ・ブラス」Op.95 メンデルスゾーン

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

12月23日にまた会いましょう!

 

 

Web: www.kobeusym.info/

Twitter:  @Kobe_Univ_Orche

Facebook: https://www.facebook.com/kobeunivso/

 

 

 

この記事を書いた人

神大オケ広報マネ

神戸大学交響楽団にて総勢13人もの大所帯で活動する広報部。写真は、言葉を発すれば周囲を爆笑の渦で包み込むトランぺッター、そしてかの有名な神大オケ副団長、野田ラース祐希。