#やってみた #あるある #早起き 

2016/12/05

朝起きれない人による、朝起きれない人のための早起き実践メソッド!☀

ゆいたろ


こんにちは、KooBeeのゆいたろです。

 

今朝は家を出る予定の時間に目が覚めて、起きてから電車に乗るまでの時間で自己最短記録を更新してしまいました!

家の玄関から駅まで10分かかるのに、今日は部屋のベッドから駅まで15分で行けました。人間の本気ってすごいですね!!!!!

 

そうなんです。実はわたし朝が大のニガテです。朝がニガテなのは元からだったのですが、大学生になってからより本領を発揮し始めました。

 

しかし、うかうかしていられません。

そうです、大学生たるもの単位を取らなければ卒業できないんです。

1限出席力が日を追うごとに低下していては卒業できません。

 

そこで、“起きる気はあるのに起きられない大学生”代表として、わたしが早起きする方法を分析していきます!

 

 

早起きするとこんないいことがあるよ!

 

そもそも、早起きするメリットって何なんですかね?

軽く調べてみました!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

・自律神経が整う!

・太陽の光が脳をリセット!

・ダイエットに効果的!

・記憶力アップ!

・何と言っても授業に行ける!!!!!

 

わかってはいたことですが、早起きってこんなに素晴らしいことなんだと痛感、、、泣

どうにかして早起きしたい、、、常常そう考え、早起きのコツが特集された本を買い込んでは実践せずに、本棚の空きスペースが減ってゆくばかり。

 

どれだけ本を持っていても起きられなかったらどうしようもない。

 

 

実際にやってみた

 

せっかくなのでこの機会を活かして、ぎゅうぎゅう詰めの本棚の中から何冊か本を引っ張り出し、これまで私が学んできた早起きのコツを独断と偏見で4つピックアップし、実践しちゃいました!

(睡眠時間を早めたりはせずに、普段私が寝る時間の1時半~2時の間で寝る時間を決め、できるだけ同じ状況で眠るように心がけました。)

 

今回ピックアップしたのはこちら!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

①眠る30分前に部屋を暗くする

②お風呂に入って1時間後に眠る

③自己暗示をかける

④目覚ましを遠くに置く

 

【項目】

・寝た時刻

・起きなければならない(目覚ましをかけた)時刻

・起きた時刻

・やってみた詳細、感想など

 

①眠る30分前に部屋を暗くする

・寝た時刻:1時30分

・目覚まし時刻:7時00分

・起きた時刻:7時50分

・詳細:目覚ましのスヌーズ10回目くらいで起床。2限からだったので寝坊ではないが、納得のいかない結果。敗因は部屋を暗くしてからの30分暇すぎてスマホをいじってしまったこと。ブルーライト恐るべし。でもそうでもしてないと暗くしてから起きていられない。よって実用性やや低め。

 

②お風呂に入って1時間後に眠る

・寝た時刻:正確ではないがだいたい2時頃

・目覚まし時刻:6時15分

・起きた時刻:8時00分(めざましテレビちょうど終わった)

・詳細:1限からだったのに無事死亡。1日のやる気すべてを失う。正直やる前から「お風呂入って1時間後に眠るとか普通じゃね、、、?」とは薄々感じていた。結果、いつも通りの目覚めであった。

 

③自己暗示をかける

・寝た時刻:2時30分

・目覚まし時刻:5時30分

・起きた時刻:5時30分!!!

・詳細:いや、これほんっっっっっとにすごい。しかも起きた時スッキリすぎて感動した。たぶん“90分サイクルで眠る”というもう一つのコツの効果と合わさって出せた結果です。家出るまでに残ってた課題もぜんぶ終わりました。本当に早起き素晴らしいと心から思った。

 

④目覚ましを遠くに置く

・寝た時刻:1時45分

・目覚まし時刻:7時30分

・起きた時刻:9時40分

・詳細:本来、この方法は目覚ましを止めてからまた寝てしまう人用に準備されたコツであり、枕元に置いても音が聞こえないわたしが遠くに置いたのは自殺行為だった。さらには起きた瞬間まったく前夜の記憶がなくて、「なんで目覚ましあんな遠くにあるねん!?」と驚いてしまった。一番効果がないコツだった。

 

 

最後に

 

やってみてわかったことは、早起きできるかできないかはその人の意思の問題だということです。ゴチャゴチャと余計なことをしなくても、「〇時に起きる!!!」これだけでわたしが5時半に起きられるんです。

それにしても、自己暗示がここまで効くとは思いませんでした、、、毎日使います!!!

 

わたしの2回生からの目標は「早起きして余裕のある生活をする」です。

1限の授業もドヤ顔で、当然のように出席してやりますよ!!!

 

これを最後まで読んでくださったあなた。

 

あなた の 1限出席力 は 10 上がった!▼

 

大学生活を穏便に送るためには早起きは不可欠です。忙しい毎日ですが、お互いに頑張っていきましょう!

 

 

 

この記事を書いた人

ゆいたろ

ちいさいのに、でっかい。