#芦屋 #休日 #一人旅 

2017/02/13

「よし、今から行こう。」が叶う。芦屋浜を散歩してみた。

ほのか


おはようございますこんにちはこんばんは!

編集部のほのかです。

やっとテストが終わりましたねええええ!!

嬉しすぎます。春休みですよみなさん!

 

今回行ってみたのは芦屋でございます。

夏休みに行ったものなのでこれも景色が夏色です。ごめんなさい。

ただ!とっても綺麗だったのでみなさまにもぜひお散歩してほしいと思い、ご紹介させていただこうと思った次第であります。

 

2年ほど前にみたとぉぉぉぉぉぉっても素敵な結婚式場が忘れられず、ずっとまた芦屋には行きたいなぁと思ってたんです。午前のmtが終わり暇になった桑原は、そうだ!芦屋浜行っちゃおう!となりました。

 

のどかでセレブ感漂う街、ASHIYA

今回は優雅な気持ちに浸っちゃおうぜレッツ休日芦屋散歩をお届けします。

 

じゃあ今回は阪神御影から芦屋浜を目指しますね。

 

 

阪神電車で芦屋へ。

 

金券ショップで土日切符往復400円(通常は240円×2です)を購入。400円でセレブ感味わえるってなんだかオトクな気分ですよね。にやにや。

せっかくなら綺麗めな服装で向かいましょう。ただしぺたんこ靴推奨です。

阪神芦屋は直通特急でも止まる駅なのでぜひそれに乗ってください。

 

電車に揺られること約5分(みっじかーいっ)

 

阪神芦屋駅到着。

 

 

芦屋浜へのルート

 

 

ちなみに筆者の

総距離:多分3キロちょいぐらい。

かかった時間:だいたい1時間。

 

見た感じでも伝わる通り、

何も考えずただ南に行けば結婚式場につくだろうと安易な考えをしてしまったため、多大なる遠回りしてしまいました。

時間がある!歩きたい!という方はこちらを参考に歩いてみてください。すごく風が気持ちよく、芦屋の街を感じることができたので個人的にはおすすめです。

いややわ!遠回りとかしたないわ!という方、ぜひバスを使ってください。

 

みなさん、東出口から降りてくださいね。私は西出口で降りてしまったためバス停までで迷い、目の前でバスが行ってしまい、歩くという選択をしました(笑)

 

ということで、今回は歩いて海へ行く方法を。

南にどんどんくだっていきましょう!

 

 

公園に沿って歩くと海!!!!

 

 

松がたくさん植えられている長い公園を抜けたら真っ青が。

潮臭くなく、風がなんとも気持ちいいのでぜひ海沿いを歩いてください!

 

夏は(上半身)はだかのおじさまが何人かいらっしゃいましたが芦屋なので上品に見えました。←芦屋なら何でもアリ感。

まあ筆者はここらへんで初めて地図を見て結婚式場への遠さに気付くわけですね。

 

みなさん、出発時点で目的地への行き方を調べておきましょう。

 

歩く。

 

橋渡る。歩く。

 

 

歩く!!!!!!!

 

素敵な青空が見えたのでパシャっ。よく見たら飛行機、飛んでるんですよ~♪

歩いてよかった、お散歩してよかったと思ってきました。

駅を出たときは御屋敷が立ち並ぶThe芦屋な街並みでしたが橋を渡ると新興住宅地かなと思われる整備が行き届いた素敵な町に景色は風変り。もちろんどのおうちも大きいことには間違いありません。ひゃあー素敵。

 

「将来こんなところに住めたらいいなあ」なんて妄想をふくらませながら歩いてみてください。

 

(ここで海が見えなくなったので心配になった筆者はもう一度地図を確認し、また遠回りしていることに気付きました。もうナビを見るしかないですね。)

 

そして…

 

 

目的の結婚式場到着!

 

 

芦屋の港にたたずむ、地中海を感じさせる真っ白な結婚式場。ああ素敵…♡

ちなみに反対側をみると

 

 

めっちゃ落ち着きある海です。さすが芦屋。海さえエレガントです。

ぜひ心地よい潮風を感じてください。

 

ちなみにここで筆者は結婚式場を背に二人で写真を撮るカップル(多分私より若い)を見守りました。強く生きていきます。

 

さすがにまた3㎞歩くのは厳しいですよね。バスに乗って阪神芦屋駅へ。

 

お疲れ様でした。今回の旅は終了です。

 

 

筆者の感想

 

芦屋はやっぱりセレブで上品な街でした。

青い海と青い空と緑いっぱいの公園、家が大きいだけでなく住みやすさがあふれ出てました。

なんか立派な人になろうと思いました。

 

ぜひ、今日なにしよ~っていう暇な日は芦屋へ行って、リッチな気分に浸ってみてはどうでしょう。

 

生きる意識が高まります。

 

この記事を書いた人

ほのか

インスタで欲しいものを見つけて、スクショして、欲しいものリストに追加していく毎日です。減ってはいきません。