NO.45

今しかないじゃん、学生って

高橋 弦太(国際文化学部)

Presented by Hanako Tanaka, Chiduru Oka
Photo by Nami Yoshida

何を選んでも後悔はある。彼が選ぶのは、後悔の‟少ない”生き方。自分が一番やりたいことをやればいい。やるかやらないか悩むことにも絶対に意味はある。学生よ、悩め!

-どのくらい旅されていたんですか?


10ヶ月。アメリカから入って、そのまま南下して南米へ。最後の一ヶ月は友達と東南アジアに行ってた。

-それではなぜ、南米に?


純粋に行ってみたかったからだね。行ったことないカフェとかラーメン屋って、行ってみたいな~ってなるじゃん。それと同じ感覚。

-旅中で大変だったことはありますか?


今回の旅行に関していえば、スペイン語かな。スペイン語圏ではスペイン語が大事って知ってたけど、どれぐらい英語が通じるかわかんなかったし、スペイン語の授業も取ってなかった。日本でスペイン語勉強していたとしても、実際どれくらい通用するかわからなかったから、とりあえず行ってみようって。で困りました(笑)スペイン語ができなくても旅行はできたんだろうけど、面白くないな~と思って。勉強した。個人ではやっぱり限界あるなと感じて、メキシコの下にあるグアテマラって国で一ヶ月スペイン語学校に通ってホームステイしてた。

-行ってよかった場所、感動した場所はどこですか?


先住民や日系移民が暮らしているところかな。もともと興味があって、勉強もちょっとしてた分野。宿もない田舎に行って、そこらへんのおばちゃんに「今日泊まるところない?」って聞いて「おまえ何者だ?」「日本からきた学生だ」みたいな会話してたら、「うちに泊まりなよ!」って(笑)いろんな話をしたんだけど、「日本のこともっと知りたい」って言ってくれたのは嬉しかったね。「日本」についてのイメージとかはあっても「日本人」ってのを知らない人は多くて、そういう人にとっての「日本人」は俺じゃん。自分は日本のこともっと知らなきゃと思ったし、愛国心というわけじゃないけど、「日本人としての自分」というのをアイデンティティとして持っていたいと感じた。けど、基本何にも変わってないんだよ。俺。自分の考え方はより強くなったし、自分のダメなところはやっぱりダメだな、って(笑) かといってそれを直そうとは思わないけど。だから、心境の変化とかはそんなにないかな。

-ウユニの写真に感激しました!他にも景色が綺麗な場所を教えてください!


塩の大地がばーって続いてて、雨季になるとそこに雨が降って水たまりになる。有名どころだから写真を散々見てたけど、やっぱりすごかったね。圧巻なのは星空。鏡張りを美しいって思うのは、日本人と韓国人だけらしくって。ほんとに価値観の違いなんだけど、欧米人はアクティビティ系が好きだから美しい景色とか見ても、「綺麗だね」って言って終わり(笑)パシャパシャ写真撮りたがるのは僕らくらい。 マチュピチュはね、俺ずっと、子どもの頃から学生のうちに行こうと思ってた3つのところがあったんだけど、そのうちの1つだった。エジプトのピラミッドと、マチュピチュとオーロラ。実際は、ペルーが近づくにつれて、マチュピチュってみんな同じような写真でイメージできちゃうから「そんな感動しないだろうな、お金かかるし」って思って、あまり乗り気じゃなかったんだ(笑)それで、普通なら電車一本で行けるところを、車で9時間と徒歩3時間かけて(笑) マチュピチュまで登るときも、バス代もケチって徒歩で登ったんだけど、超辛くてさ(笑)でも、朝5時くらいに霧が晴れてマチュピチュがバンって見えたときは、すごい感動した。マチュピチュを発見した人と同じルートで、こんなとこにこんなものがあると思わねえよ!みたいな(笑) だからマチュピチュ行くときは、行きだけでもそのルートで行って凄さを体感してほしい。マチュピチュが凄いのって、あんなとこにあんなものがあるから。それを味わってほしい。あの辛さ込みですよ、マチュピチュは(笑) あと、ダイビングやってるのもあって海が好きだから、カリブ海は好きだった。真っ青。真っ青だよ、ほんとに。青い海、青い空、太陽!って感じ!それと、セノーテっていう、地下の大きな鍾乳洞に水が溜まったもの。透明度も高くて、むちゃくちゃきれいなんだよ。ここで泳いだりダイビングしたり。これは感動したね。