NO.20

いっぱい失敗して経験値を貯めてほしい。

中村 匡秀

Presented by Kaori Fujiyama
Photo by Kaori Fujiyama

既存の技術を統合し、驚きを与える。驚きが学生に刺激を与え、新しい時代をつくっていく。オタクであれ!クレイジーであれ!学生目線に立つ教授が独特の言い回しで神大生への想いを語った。

-情報知能工学科ではどんなことをしていますか?簡単に教えてください!


Twitterや携帯、テレビ、パソコンなど、あらゆるところにソフトウェアが使われています。それを人間の頭で考えて、プログラムを書く、そんなことをやっています。いろんな物事を機械がやってくれるけれど、プログラムは自動で作ることはできない。ここは手作りなんです。僕が専攻しているソフトウェア工学というのは、分野がとても幅広いのですが、特に最近はサービス、クラウド、ホームネットワークなどに興味を持って研究しています。 ※クラウド…インターネットを介したコンピューターの利用形態のひとつ。利用者が行う作業をネットワーク上のサーバーで処理するもの。 ※ホームネットワーク…家庭内に構築したパソコンなど通信システムのLAN環境のこと。

-中村先生はどんな研究をされていますか?


日本人は一つの技術を磨くのはすごく得意で、それを洗練し、一流のものにしていくことに長けています。しかし、それを使って、面白いものやわくわくするものを創ったり、世間を驚かすようなプレゼンをしたりすることは、苦手にしているように思います。僕は、それぞれの技術は、既にいいものができているので、その既存のいい技術をいかに組み合わせて、もっとわくわくするものが作れるかということを研究しています。 初音ミクを使ったHNS(ホームネットワークシステム)だってそうです。「ホームネットワーク」、「初音ミク」、「音声を認識する技術」の3つを組み合わせることによって話題を呼ぶことができます。技術をどう連携させるか、合体させる技術をシステムインテグレーション(SI)と呼ぶんですけど、それをソフトウェアやハードウェアと統合させるために、クラウド技術やサービス技術を使って、うまいことやりましょうっていうのが今の研究です。

-(PC上のシステム言語を指して)こんなシステムを作るのは難しそうですね…。


これはシステムを作る上での、ほんの一部でしかないんです。ものづくりをしていく上で、もっと重要なことはプロジェクトを組み、みんなでコミュニケーションをとりあって意思の疎通をしたり、作ったものを誰が見てもわかるように文書にまとめたりなど、そういう部分ですね。文化祭の企画と似ているかもしれません。このようなプロジェクトを企画するという能力も必要です。お客さんがどんなプログラムを必要としているのか、聞いてきたり。そういう部分では、割と文系よりの要素もありますね。

-この先、この技術はどうなっていくと思いますか?


どうなっているでしょうねぇ…。この分野は、数学や物理、農学などに比べたら、50年ぐらいの歴史しかまだなくて、今、爆発的に広がってきていますからね。10年後には、今やってることは、陳腐化しているでしょうね。10年前なんて、スマートフォンなんてなかったし、TwitterやLINEを使っているなんて想像がつかなかったですからね…。僕らが学生の時は、10円玉をいっぱい持って、公衆電話から電話かけていましたからね(笑) 先端の話で言えば、今、スマートハウスという家をITで賢くしようという動きがあるんですけど、それを街や農業にも適応させるスマートシティ、スマートアグリというのもあります。例えば、神戸のどの辺で電気がよく使われていて、どの辺でものがよく売れているかというデータを集めることによって、より街のことが見えるようになったり。特に農業の分野は、今はお年寄りの生産者の方の経験と勘で農作物を作っているので、後継者がいなくなって技術が空洞化する危機にあるんですね。それを、畑のどこにどれだけ種を蒔いたら収穫量がいいかとか、肥料や水をどのくらいあげたらいいかなどのデータをもとにITで管理したりできるようになるかもしれない。新しい時代が来るかもしれないですね。