"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

シンタメ
#KooBee 裏側 冊子 

KooBeeの裏側に迫る~僕らは〇〇クライマー冊子編~

KooBeePR部


今回は冊子テーマ”僕らはみんなクライマー”に沿った

「バスプラス+」、「No Sweets,No Life」、「パーティ’s パーティ」

の3つの僕らは〇〇クライマー冊子編ページの担当者である、守山・川口・本多にインタビューしてみました。

どのページも”クライマー”という要素を上手く組み込んだページになっています!

 

 

【バスプラス+(p.26~p.28)】

 

Q.1 なぜこのページになりましたか?

守山:

まず僕たちはクライム=登山する、ということは何かに挑戦することではないかと考え、神大生にクライムしてほしい、挑戦してほしい、ことを伝えるページを作ろうとしました。普段は大学と駅の往復にしか使わない神戸市バスを、もっと色んなところに行くのに使ってほしいと思ったのがこのページの始まりです。

 

Q.3 こだわりポイントはどこですか?

守山:

バスを使っての旅をしたいと思えるページにしたかったんですが、ただバスを使っての旅を紹介するだけのページでは読者の興味を惹けないと思って、恋愛シミュレーションゲームの要素を組み入れました。

 

④Q.4 アピールポイントはどこですか?

守山:

ヒロインのキュア子のキャラ付けは気を付けました。キュア子にお面をさせることで,

彼女を自分の好きな人に見立ててバスデートをする想像ができるようにしています。

自分のプロフィールを書く欄を設けているのでぜひそこにも書き込んでもらって世界観に入っていってほしいですね。

 

Q.5 ページを通してのメッセージを教えてください!

守山:

まずはページを見て楽しんでほしいです。そして、よかったらぜひバスを使って色々なところに行ってみてほしいです!

 

 

【No Sweets, No Life(p.29~p.32)】

 

Q.1 このページを作った経緯を教えてください!

川口:

大学生になるとちょっとした遠出をする機会って増えると思います。神大生だとまさに大阪とか京都に行く機会が増えるんじゃないかな、と。そんなちょっとした遠出を楽しんでほしいというのがこのページを作るきっかけになりました。

そして私はスイーツが好きなので、遠出した先でスイーツを巡ってもらいたいと思い神戸・大阪・京都のスイーツを取り上げるページを作りました。

 

Q.3 こだわりポイントはどこですか?

川口:

ただお店紹介するページに終わらないように工夫しました。ターゲットは可愛いもの好きな女の子なので、女の子目線でストーリーを展開してみたり、デザインも可愛い感じのページになるように意識しました。写真メインではなくストーリー仕立てのページにすることで読み物になるよう努力しました。

 

Q.5 企画を通してのメッセージを教えてください!

川口:まずは読み物として楽しんでください!そして、実際に私たちがとり上げたお店にも行ってほしいし、関西にはいっぱい良いお店はあると思うので積極的に色んなお店を開拓していってほしいです。みなさん、”スイーツ喰らいまー”になってみてください!

 

 

【パーティ’s パーティ(p.33~p.36)】

 

Q.1 このページを作った経緯を教えてください!

本多:大学生になったらタコパとか鍋パとかやる機会が多くなるからあんまりメジャーじゃないパーティをやったり生み出したりしたいっていう共通の意識がありましたね。

自分も含めて楽しいことしたかったというか。  

 

Q.2 こだわりポイントはどこですか?

本多:できるだけマイナー、というかオリジナルに近いものをやりたかった。見て楽しむページになったらいいなぁとも思ったな。このテーマだけはぶれなかったな。みんな食べるの好きやから。(笑)

 

Q.3 アピールポイントはどこですか?

本多:女子力かなり高めのページってことか な。大根アートとかめっちゃフォト ジェニックやし(ちょっとドヤ顔)。スウィーツ鍋はほんとに具材を考えたほうがいい(笑)。フォトジェニックな

ものばっかりやとお味が大変なことになるから笑。チョイス大事。

 

Q.4 企画を通してのメッセージを教えてください!

本多:実際にやってくれたら嬉しいなと思ったかな。新学期にやれば仲良くなりやすいと思うし。個人的におすすめはミルフィーユ鍋の大根アートかなSNSでいいね欲しい子、やるしかない。

 

Q.5裏話を教えてください!

本多:大根アートは大根1.5<本分使ってます。崩すの悲しかった…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)まこD(メンバーの1人)の力作です。

餃子パーティやってくれたメンバーのなかでお土産にパブロのチーズケーキを持って来てくれた人がいて、どの鍋よりも

パブロのチーズケーキが美味しかった。

パブロ最強説。

 

この記事を書いた人

KooBeePR部

PR部は、制作物や企画などの広報を担当しています。ターゲットは神大生だけでなく、オープンキャンパスや高校で、高校生に向けての広報活動も行っています。普段のミーティングから笑いの絶えないにぎやかな部署です!

一覧へ戻る

Thank you!