"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

オモテコウ>惑星学


惑星学

担当教員 吉岡

この情報は神大生の声をもとにした主観的なものであり、正しいとは限りません。
必ずシラバスを確認し、自己判断のもと受講してください。

楽単度

授業満足度

成績評価方法

出席、テスト(一問一答)

テストの持ち込み

出欠

楽単度

授業満足度

成績評価方法
2人の教員によるオムニバス形式の授業。1人目は授業中の提出物による出欠あり。成績評価基準はテストがほぼ100%。

内容
地球や火星など惑星の気候、地球大気、地震津波のメカニズム

感想
1人目の教員(惑星の気候、地球大気)はレジュメに図やグラフが多く、テストにはメモが必須。内容も文系には難解な数Ⅲの数式が出てくる。因みにテストに出たがその問題は白紙で提出した。2人目は内容も分かりやすかった。持ち込み可で正直舐めていたが、見たこともない数学記号の前に撃沈した。(単位はあった模様)

楽単度

授業満足度

成績評価方法
期末テスト、たまに出席

内容
惑星の歴史とか

感想
授業は意味が分からない、テストも意味が分からない、でもみんなできないから単位は出る、という感じ

楽単度

授業満足度

成績評価方法
先生が2人だったので、各先生から5問ずつ、すべて記述式の問題

内容
惑星学の名の通り惑星についてはもちろん、地震など地球表面の現象にも触れる。

感想
明らかに基礎の教養というレベルを超えているような、文系にはなかなかの計算問題を出された。授業は聞いていても、正直厳しかった。もちろん年度や先生で変化はあるかと。

楽単度

授業満足度

成績評価方法
論述式の期末テスト

内容
地震のしくみ、惑星の構造、宇宙の現象、よく分からない物理の公式

感想
文系には厳しい、難しい授業だった。もっと基礎的なところから教えてほしい。教授も冷たそう。

Thank you!