NO.97
鈴木大策
(文学部2回生)
「再出発は、いつでもできる。」

「大学に入ってから、自分のこれまでのことは10人くらいにしか教えていません。」あえて自らの経歴を隠してきたと言う鈴木さん。高校卒業から神大入学までの、10年あまりの彼の知られざる過去に迫る。
Presented by Ayano Yasuda, Yuma Taketa
Photo by Koki Yoshida
思うようにいかない苦しみ
― 鈴木さんは東大にいらっしゃったとお聞きしたのですが...?
はい、そうです。先に言っておくと僕は今32歳で、2004年に高校を卒業して東京大学に入りました。でも結果的に東大は中退してしまったんです。その原因はいろいろあるのですが、東大法学部の法律相談所の新歓に行ったことが1番大きなきっかけですね。その新歓には「自分が日本の未来を背負って立つんだ!」っていうやる気満々の人たちがいっぱいいたんです。当時僕は留年して進学した三年生だったのですが、そこまで何も考えてこなかった自分が彼らと出会ったときに、「ああ、だめだ。この人たちには勝てないな。」って思ってしまったんです。もう何をやっても、うまくいく像が見えなくなってしまったんです。
― 東大生ってみんな意識が高いイメージがあるのですが...。
僕自身は高い意識を持って東大に進学したわけではないんです。大学を決めるときになかなか決められなくて、とりあえず東大を志望校にしていたら勢いで受かっちゃったんですよね(笑)今思うと、当時の自分は東大生になって何かするということよりも、東大に入るということが目標になってしまっていて、大学に入った後のことをちゃんと考えていませんでした。合格に周りも喜んでくれて東京で大学生活を始めましたが、そこで次の目標をもつことができず、次第に東大生というステータスを守ることに必死になってしまったんです。でもそれは間違っていて、本当はその「東大生である」というステータスを基にして、また次の何かに踏み出すべきでした。当時の自分はそのことがよく分かっていなかったと思います。だから新歓の時に、形だけ取り繕っている自分と、自分の中に信念がある人との差を痛感して、「だめだな。」と思ったのと同時に、心の底で「ここには馴染めない、自分がいる場所じゃない。」と感じて、そこから不登校になってしまったんです。
― 不登校になっても大学を辞めなかったのはなぜですか?
見栄っ張りだったんでしょうね。いつの間にか、東大生であることが自分のアイデンティティと結びついてしまっていて、それにしがみついていたかったんだと思います。それと、他人に対して「できる自分」でありたいっていう思いもあったかもしれません。不登校の間はなかなかしんどい期間でした。このままではやばいとは焦っているのに何もできなくて、でも誰にも助けを求められない状態がずっと続きました。そうしているうちに大学を卒業できるかが怪しくなってきて、1年休学を挟んでみたのですがあまり上手くいかず、大学を卒業するのがほぼ無理になってしまった時に、知り合いの紹介で地元に近い神戸で働きだしました。でもそれも1人で抱え込んでしまう性格が原因で長続きしませんでした。大学も中退して、2013年から2015年の2年間は本当に精神的にキツい時期でした。今振り返るとやっては転び、やっては転びの人生ですね。
「じたばたしない」ための再入学
― そこから神戸大学を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
きっかけは父です。僕の父は知識に優れ頭の回転も良い、威厳のある人で。その姿を見てきたので、子どもの頃から父は僕の中で大きな存在でした。仲は悪くはなかったんですけど、越えられない壁のような近寄りがたい存在で、どこか本音は隠したままで関わっていました。でも、2014年の年末ごろに父と大喧嘩をしたんです。
― どうして大喧嘩になったんですか?
きっかけはささいなことでしたが、父は僕がどうしていたかをあまり知らなかったんです。父は父なりに僕の好きなようにやらせようと思っていたらしくて、僕自身も不登校の間はずっと本当のことを言えていませんでした。でも、その大喧嘩の時にようやく自分の今の状況を打ち明けることができました。それからしばらくして改めてこれからどうするかを父と話し合ったときに、父が「もういっぺん大学に入るっていうことが、これからの人生を立て直していくのに必要なんじゃないか?」と、再び大学に入学することを提案してくれたんです。最初は抵抗があったのですが、「じたばたするな」と、今焦って何かをするよりも、しっかり時間を取ってじっくり立て直した方がいいという父の言葉に説得されました。この時にようやく父と和解できたような感じがしましたね。そして2015年の4月から予備校に通い、2016年に神戸大学文学部に入学して、今に至ります。
― なぜ文学部を選んだのですか?
大学に再び入ると決めた時に、出口は決めておかないといけないと思っていました。それを考えたとき、自分は将来何かを「教える」ということがしたいなと思ったんです。勉強しながら考えているうちに、教えるなら中学・高校の英語にしようと思い、文学部に決めました。
― 30歳を超えてから大学を目指すことに抵抗はありませんでしたか?
予備校にいる間も、「年はいくつ?」とか、「前はどこにいたの?」とよく聞かれたのですが、歳を話しても前の大学のことを話しても「なんで?」となって説明が大変なので、年齢と経歴の両方を伏せることにしていました。ポケモンや遊戯王が共通の話題に使えるとは思っていませんでしたね(笑)その後大学に入ってからも、これまで10人程度にしか自分のこれまでのことは話していません。
― そんなに苦労してご自身のことを隠していたのに、どうしてインタビューを受けてくださったんですか?
今2回生として振る舞っている自分と、32歳としての自分にズレを感じてきたからです。このインタビューを機に、周りに対して隠し事を抱えている自分をやめて、ちぐはぐになってしまっている2つの自分をちゃんとくっつけようと思ったんです。
― ひと回り下の人たちとのキャンパスライフはどうですか?
僕が彼らの年齢の時には知れなかった19、20歳の在り方が知れるなあと思います。ひと回り下と言っても、話していたら「こういう考え方があるんだ。」と発見させられることもあるし、「こいつすげえな。」と感心することもあります。自分よりはるかに若いですが、同期から学ぶことはたくさんありますね。
― ―最後に神大生に一言お願いします。
今自分が好きなことを大事にしてほしいと思います。好きなことがもしあるならば、周りの目とか気にせずに全力を注いでほしいです。自分自身にとっても良い思い出になるし、それが後々人と繋がる架け橋にもなるので。とにかく人の目を気にせず、自分の好きを貫いてほしいですね。
76. 河本 真夕(かわもと まゆ)
神戸よさこいまつり実行委員長(山美鼓所属)
83. 吉岡詩織
“よしおカフェ”店長
14. 片山 孝章
ニュースネット委員会前編集長
36. ネイビーズアフロ
現役神大生芸人
87. 山本真也
国際文化学研究科准教授