"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

No.95

自分たちのような若い世代に言葉を投げかけたい。

柄須賀皇司/松嶋航大/加賀屋航平

(神大生を含む3人組ロックバンド the paddles)

Presented by Ryota Asakura,Kohei Moriyama

Photo by Saki Ikeda


Vo.&Gt.柄須賀皇司、Ba.松嶋航大、Dr.加賀屋航平の3人で構成され、大阪、「寝屋川VINTAGE」を拠点に活動している、the paddles。高校在学中に出会い、大学進学後もなお活動を続ける3人を突き動かす情熱とは。

PROFILE

柄須賀皇司/松嶋航大/加賀屋航平

人とのつながりが、活動の原点。

-まずはthe paddlesのこれまでの経緯についてお話していただけますか?


柄須賀:出会いは高校の軽音部ですね。今は3人で活動していますが当時はリードギターのやつが1人いて、そいつに誘われてバンド活動を始めました。ほんまにたまたまやんな(笑)。
松嶋:たまたまやな。
加賀屋:ほんまにたまたまやな、確かに。
柄須賀:最初にライブをしたのは、高校1年の8月でした。軽音部の活動で強化練習というものがあって、朝から夕方まで缶詰で4日間練習して、その最後に1年生ライブがありました。それが僕たちの初ライブでしたね。そして、高校2年の春に同様の強化練習で、初めて作詞作曲をして、オリジナル曲を作りました。高校3年の時の文化祭が引退ライブで、1曲目から泣きながら歌っていましたね(笑)。これが一番思い出に残ってるライブかな?
松嶋:そうやなー。
加賀屋:僕たちは四條畷高校出身なんですけれど、そこの生徒は文化祭を楽しみに一年過ごしてるみたいなところがあるんですよ。高3の文化祭でのライブは…、お前ちゃんと歌えよ、みたいな感じやったなぁ(笑)。
柄須賀:そこからは大学受験で活動を休止していました。僕だけが別の大学に進学したんですが、特に問題なく活動を再開しましたね。そもそも解散しようという案自体がなかったやんな?
松嶋:みんな神戸方面やしな。
柄須賀:これも人生やな(笑)。部活以外では、高校在学中に先輩の勧誘があって、寝屋川VINTAGEでライブをするようになりました。それからは、そこの店長に紹介していただいたりとか、他のライブハウスから誘っていただいたりして活動をしています。そういう風にたくさんの人とのつながりのおかげで、僕らの音楽は成り立っていますね。

-高校在学中から活発に活動されていたんですね。そもそも音楽を始めたきっかけは何ですか?


柄須賀:僕は小さい頃からすごく音楽が好きでした。幼稚園の頃、当時、車で聴いていた「LOVE PSYCHEDELICO」っていうバンドの歌を幼稚園で歌っていたらしくて、それを幼稚園の先生が聞いていて、母に報告していたそうです(笑)。それが僕の音楽の始まりですね。
松嶋:僕は、小学校1年生の頃からピアノを習っていて、音楽は身近にあったんですけど、バンドには特に興味がありませんでした。でも、中学生の時に「SPYAIR」っていうバンドにハマって、ベースという楽器に興味を持ちました。それからは「弾いてみた動画」を見漁っていましたね。で、高校で軽音部に入った、という感じです。
柄須賀:初めて聞いたわ(笑)。
加賀屋:僕は幼い頃は「周りの子に比べたら音楽に興味がある」くらいだったんですが、中学生の時に、お年玉貯金で買った電子ドラムで、いきなりドラムを始めました(笑)。そして、高校に軽音部があったので入った、という感じですね。

-やはり皆さん幼い頃から音楽が好きなんですね。音楽活動をする中で、心掛けていることは何ですか?



柄須賀:「考えすぎずに自然体でいること」、それから「何事も楽しむこと」ですかね。バンド名とかも特に深い意味はないんです。
加賀屋:意味0やんな(笑)。「the」ってかっこいいよなって思ってつけた名前です。
柄須賀:響きのいい感じにしたかったんやんな(笑)。楽譜を書くこともないですね。スタジオで合わせながら曲を作ってます。
松嶋:自分たちで作った曲って不思議と忘れないんですよね。
加賀屋:間違えるけどな。
一同:(笑)。
柄須賀:そういう風に自然体でいられるからケンカもほとんどなくて、今のところ苦労もあまりありません。これから大変なこともたくさんあるとは思うんですけどね(笑)。詞は基本的に僕が作っているんですけど、あまり深く考えず、思っていることをストレートな歌詞にして、伝わりやすい歌詞を書くように心がけています。

-新曲「ナインティーン」聞かせていただきました。あの曲はどういった思いの込められた曲なんですか?


柄須賀:読んで字のごとく、「ナインティーン」って19歳って意味で、僕ら自身も19歳でそうなんですけど、大人と子供の狭間にいる時期だと思うんです。社会に出なければいけない状況と、夢を追い続けたいという思いとの間で板挟みになっている、そんな葛藤を書きたいと思って作った曲です。まあ僕はまだ18なんですけどね(笑)。
一同:(笑)
柄須賀:今回の曲もそうなんですけれど、個人的な意見を歌詞にするのではなくて、大勢の人に伝わるような歌詞を書きたいと思って曲を作っているんです。なので、SNSで「paddlesのあの曲良かった!」とか「あのアルバム良かった!」と言ってもらえているのを見ると、自分たちの発信しているものが伝わっているんだなあと感じます。そういうときに音楽をやっててよかったなと思いますね。

一覧へ戻る

Thank you!