NO.82
阿部恭介
(経営学部3回生/ポケモンサークルもらいび代表)
「趣味を続けてたらいつの間にか世界大会までいってました、なんてこともあると思うので」

最初は趣味の一つでしかなかったポケモンゲーム。しかし気づけばポケモンの楽しさにのめり込んでいた。そして今年の夏ついに約15,000人が参加する日本予選を勝ち抜き、世界大会出場を果たす。そんな彼が語るポケモンゲームの魅力と、”好き”を突き詰める可能性のおはなし。
Presented by Naho Takamochi, Kazuki Akamats
Photo by Hiroko Ohnishi
好きなポケモンを使ってできる駆け引きが楽しい
― ポケモンゲームを始めたのはいつですか?
始めたのは幼稚園の時です。 ちょうどその頃ゲーム機を持っている友達が増えて、特にポケモンをしている友達が多かったのでそれに流されて始めました。
それからは、殿堂入りに挑戦したりポケモンのレベルを100まであげたり普通にポケモンゲームを楽しんでいました。中学生の頃には「もうポケモンなんて恥ずかしいわ」と思ってやめていた時期もありましたね。
― やめていた時期もあったんですね。またポケモンを始めることになったきっかけはなんですか?
友達が個体値や、努力値というポケモンを強くする上での重要な数値を考えながら本格的にポケモンを育てるという、新たなポケモンゲームの楽しみ方を教えてくれたことです。動画を見たりして勉強し、どんどんのめり込んでいきました。
大会に出ようと思い始めたのは、中学生のときに友達に教えてもらったことがきっかけです。教えてくれた友達は転校してしまったので、結局大会に出ないまま一人でほそぼそとポケモンを続けていたんですけどね。それから、高校2年生ぐらいのときにポケモンをやっている集まりがあると聞いて行ってみました。そしたらそのグループが思っていたより本気でやっていて、ひっぱられるままにやっと大会に出場しました。
― 最初から勝ち進んでいましたか?
ぶっつけ本番でしたが、ビギナーズラックなのか割と勝てちゃいましたね笑
ゲームを普通に進めていくときはポケモンを一対一で戦わせますが、大会はダブルバトルでポケモンを二対二で戦わせるんです。だからルールがいろいろ違うんですけど、経験がないながらもやってみたら意外といいところまで行けて、「あ、これいけるのでは?」と謎の自信を持ってしまいました(笑)
また、ゲームを普通に進めて行くときはとりあえず強い技を上から4つ選んでいたんですけど、対戦になると補助技(攻撃をしない技)が大事になってくるので奥が深いんです。それも対戦にはまり始めた要因の一つですね。
― それから世界大会に初めて出たのはいつですか?
今年の夏で、初出場です。それまでは日本でも有名じゃなかったので、ポッと世界大会に出て、誰やこいつって思われていたと思います(笑)
― 大会で戦えるようなポケモンを育てるのはかなり大変だとお聞きしました。どのような部分が大変なのですか?
個体値などの厳選をしないといけないし、とにかく時間がかかるのが大変なところです。卵を孵化させるためにひたすら自転車で動き回ったりしないといけないんですよ。その時はただただ無になります。
それでも今までに500匹以上は、卵から孵化させて個体値や努力値を考えてしっかり育てました。 今はシステムが少し簡単になったので育てやすくなってますね。
― そのような苦労があるからこそ、やりがいもありそうですね。
苦労して育成するんだからやっぱり勝てたときの喜びはひとしおですね。最初は適当に技を出しているだけだったんですけど、今はしっかり考えながらプレイしています。相手が持つポケモンとの相性や、次の行動などを予想して技を選んでみたりとか。そういう駆け引きがあるんですよ。それが噛み合ったときは、出し抜けた感じがしてすごい楽しいし気持ちいいです。でも、極論駆け引きをするだけだったらじゃんけんでもいいと思っていて。やっぱりその駆け引きを好きなポケモンを使ってできるところがポケモンゲームの魅力だと思います。
また、シングルバトルは運の要素が強すぎてあまり好きじゃないのですが、ダブルバトルはある程度読みが活きるので上手い人とそうでない人との実力差が出やすくて面白いです。世界大会でもそういう理由からかダブルバトルを採用しているんですよ。
― ぜひゲームで勝つ秘訣を教えて下さい。
流行があるので、その時期の強いポケモン、弱いポケモンを調べるところからですね。今の時期は強い人がこのポケモン使ってるからこれが強い、というふうに流行ができていくんです。そして、流行の強いポケモンを使うか、強いポケモンへの対策を考えるかのどちらかを選ぶことがゲームで勝つために重要です。対策を考えたほうが勝てるかなと個人的には思いますね。
ポケモン好きな人が集まって対戦をするオフ会があるのですが、それが影響力を持っていて、その場で活躍したポケモンが流行ったりもします。僕も時々行っていて、行けないときはネットで調べて把握したりします。
ちなみにここ2年はガルーラが鎮座してる状態です。ガルーラを自分も使うのか、それともガルーラの対策をするのかを考えないといけません(笑)
― 阿部さんはポケモンサークルもらいびの代表を務めていますよね。どうしてもらいびに入られたのですか?
大学入学当初は、大学でサークルに入ってまでポケモンをやる気はなかったんです。高校までの仲の良い友達とできればいいかなと思っていたぐらいだったんですが、その仲の良い友達の一人がもらいびに入ったので、それに引っ張られて入りました(笑)
あと、ポケモンサークル同士で競うサークルリーグもあるので、それに出たかったっていうのも理由の一つです。
ただ、もらいびの活動はポケモンゲームばかりではないです。ポケモンを含めて全般的にゲームが好きな人や、ゲームは関係なくただポケモンが好きな人も集まっています。例えば、ポケモンのアニメや映画が好きで入ったメンバーもいますよ。
― サークル同士の大会もあるんですね。結果はどうでしたか?
実は去年、関西大会で最下位だったんです。その悔しさをバネに、今年はサークル内でポケモンの育成を勉強して、しっかり準備しました。その結果、今年は関西大会で予選を抜けて、全国大会まで出ることができました。
また、同じ関西のポケモンサークル同士なので、相手の得意なルールや使うポケモンを誰かしらが知っていることが多いです。個人戦じゃなくてチーム戦で一つのチームから3人ぐらい出るので、どの相手に自分のチームのどのメンバーを当てるかは僕が相性などを見て決めていました。
チーム戦は普通に遊ぶより楽しいんですよ。チームだから自分が負けても他のメンバーが勝ってくれたり、他のメンバーが負けてる分自分が頑張ろうと思えたり、スポーツと似ているんです。
やっぱりポケモンが好きなんだと思うんです
― では世界大会について詳しくお聞きしたいと思います。はじめに、世界大会に出場する条件を教えてください。
まず日本大会の予選で上位50位以内に入ると世界大会への出場資格が与えられるんです。この予選はインターネット通信で全国の日本人と対戦するもので、勝敗に応じたレーティングでポイントが上下し最終日のポイントで順位が決定します。今回は約15,000人が参加していました。また、32位以内だと日本チャンピオンを決定する本戦に出場することができます。そこでベスト8に入ると世界大会のシード権が与えられ、さらにベスト4に入ると世界大会にかかる遠征資金がすべて任天堂持ちになります。つまり、タダで世界旅行ですね(笑)ベスト4以外は全て自費なので、実際に世界大会に来ていた日本人は20人位でした。
― 日本大会のインターネット予選はどのようなものでしたか?
インターネット予選は4日間かけて行われるんですけどその間順位は公開されないんですよ。そのうえ、Twitterでは予選突破できるに必要なポイントの予想など情報戦もあったりして。なので期間中は見えない何かに怯えるように過ごしていて、心を落ち着ける時がなかったですね。最終日はもうずっとドキドキしていました。
しかも順位発表は最終日から1週間待たされるんですよ!だから、その期間なにも手につかなくて・・・大学受験の合格発表のような感じでした。でも、強い人の話を聞いている中でいけてるかもという手応えもありました。そして発表された順位は28位だったので、世界大会に出場する権利を得ることができました。でも、待たされた期間が長すぎて、順位がわかった時は気が抜けてしまいましたね。
― 世界大会の試合結果を教えてください。
世界大会の予選は6試合を戦うのですが、途中で3敗したらその時点で終わりという仕組みで、僕は1-3で予選落ちしてしまいました。3試合目で自信のあった部分に対して対策してきた動きをされて、だいぶ動揺してまともにプレイ出来なかったのが敗因の1つだと思います。それに関しては、反省しているというより恥ずかしかったですが・・・。でもなにより初めての世界大会というのが大きかったですね。日本の大会とは違った緊張感があったり、負けるもんかと意気込みすぎてしまい気持ちが高ぶったり、とにかくメンタルが不安定でした。でも、この経験を通して精神力はかなり鍛えられたと思います。
― 世界大会に実際に行かれてみて、会場の雰囲気はどう感じましたか?
日本人はあまり感情を外に出さないんですけど、外国人、特にアメリカ人は技一つ一つに「ウオーーー!!!」とか「オーマイガー!!!」という風にオーバーに反応していて(笑)そこが日本大会と違って面白かったです。また、海外だと最近は""eスポーツ""と言って、ゲームがスポーツとして認識されています。なのでスポンサーがついているプロのゲーマーもいるんです。そういうところも日本と違うなと思いました。
あと、みんながそれぞれ自分の国のプレイヤーを応援したり、次に当たりそうな相手のDSを覗き込んで情報収集をして同じ国の人に共有したり、国対国の戦いって感じでアツかったです。
― 結構アナログな情報収集の仕方なんですね(笑)日本は強いんですか?
今回はベスト8まで残った日本人はいませんでした。日本のゲームなんですけどね(笑)でも昨年はメガガルーラを軸に、ベスト8のうち7人を日本人が占めていたんです。こうなるのには理由があって、日本人はそのとき一番強いと思われている6体の組み合わせを持ち込むことが多いんですけど、対して他の国の人達はそれに対策した少し変化球のパーティで来るので、日本VS他の国という構図になるんです。去年は対策されてもなおその対策の上を日本がいったんですけど、今年は対策側が上回りました。なので今年は日本人が振るわなかったという感じなんです。
― 日本VS他の国という構図になるとおっしゃいましたが、日本は世界大会ではアウェイなんですか?
言語に関しては若干アウェイだと感じました。アメリカ開催ですし、他の国の人も母国語と英語をしゃべるので。でも、それ以外は日本人だけがのけ者にされるというような事はないです。やっぱり"ポケモン"という共通点でつながっているのでプレイヤー同士尊重しあっています。対戦前にはしっかり握手して「Good luck」と相手の健闘を祈り、対戦後も握手して「Good game」と健闘を讃えます。中には試合後「Twitterやってる?」といわれて外国の人とTwitterでつながることもありました。そういう点でも世界大会に行ってよかったなと思いますね。
― 世界大会を終えてなにを思いましたか?
やっぱり来年も来たいなという思いでいっぱいでした。そして来年こそ任天堂持ちでいきたいですね(笑)今回は世界大会の予選で負けてしまいましたが、負けた人のためにも色々企画が用意されているんです。負けた人同士で対戦して、勝敗応じて景品がもらえたり。そういうのも楽しかったです。
あと、大会だけじゃなくて観光の時間もあったので、大会の開催国だったサンフランシスコも堪能してきました。来年の開催地はアナハイムというところで、ディズニーランド.リゾートやユニバーサルスタジオもあるようなので尚更行ってみたいですね。楽しみです。
来年の世界大会は新作のサンとムーンにでてくるポケモンを使ったダブルバトルなので、またすべて一からやらないといけません。でもその期間がなんだかんだ一番楽しいんですけどね。
― では、阿部さんにとってポケモンゲームとは?
ただ単なるゲームだったらここまではやってないと思うんです。ポケモンゲームで勝てない時は他のゲームに移ったりしてるんですけど、結局ポケモンに戻ってきてしまいます。やっぱりポケモンが好きなんだと思うんです。ポケモン1体1体も愛らしいデザインをしてますしね。
それにポケモンゲームを通してできた友達もいっぱいいるので、コミュニケーションツールの一つとしても面白いものだと思います。 あと、実は大学生にもなってポケモンをしていることに対して恥ずかしいという気持ちもなくはないんです(笑)でも今はサークルの代表までやっているので、もう開き直って少しでもイメージをよくしたいなと思ってます。ゲームをしている時に暗い集団に見えてしまうことは仕方ないんですけど、それ以外の場面では明るく振舞おうかなと。
― 神大生に一言お願いします!
趣味を大事にしてほしいです。やらなきゃいけないことが増えて忙しくなってくると、趣味に時間を費やすのは難しいですよね。でも、そういうものを捨てずに続けていれば趣味が高じて・・・なんてこともあると思うんです。だから、息抜きの一つとしてでもいいので何かを続けてみたら、得られるものがあるんじゃないかなと思います。
僕の場合も最初、ポケモンゲームはおもしろそうと周りに流されて始めたものだったし、自分にとって趣味の一つと言ってしまえばそれまでのものです。
でもその趣味を続けてたらなんかいつの間にか世界大会までいってました、なんてこともあると思うので(笑)

もらいびHP
4. 八十 祐治
経営学部卒の元Jリーガー・現弁護士
62. 岩渕想太
現役神大生バンド“パノラマパナマタウン”Vo&Gt
19. 知らんやん神戸
「知らん人鍋」代表
41. 挨拶の警備員さん
神大の名物挨拶警備員さん
48. LINO LEIA
歌手活動を行う現役大学生