"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

No.69

自分の直感に素直に、今を全力でやってみる。

永岡 誠

(工学部3回生)

Presented by Rei Ohnishi, Marina Yoshida

Photo by Kazuki Akamatsu


1回生の夏。スマホの待ち受けにしていた、綺麗な海が臨める石垣島一周の旅へ。 それをきっかけに、世界一周の旅へ…今では、学生を集めてアプリ製作にも挑んでいるという。次々と挑戦していく永岡さん。彼は今も、新しい”何か”を追いつづけている。

PROFILE

永岡 誠

旅は、未知との出会い

-石垣島一周の旅をしたことをきっかけに、世界一周旅行への決心がついたと伺ったのですが、まず石垣島へは、なぜ行こうと思われたんですか?


1回生の初めに、観光雑誌を見ていたら、たまたま自分のスマホの待ち受けにしていたのと同じ、めっちゃきれいな海の風景写真が載っていたんです。「俺の待ち受けやん」って思って場所を見たら、「石垣島」って書いてあったんですよ。島の周りを一周すれば、どこかでその景色に出会えるんじゃないかと思って、石垣島に行くことを決めたんです。結局待ち受けの景色に出会うまでは、1週間ほどかかりましたが、出会った時は「うわ、写真の中に来た!」って、すごく感動しました。待ち受けって毎日見るじゃないですか。その景色を見たらほんまにすごいなって思いました。そこから旅にはまっていきましたね。

- では、初めから旅が好きだったという訳ではなかったんですね。


知らないことや新しいことをやるのは好きでしたが、旅に固執してる訳ではないですね。自分にとっての知らないことや新しいことの一つとしての旅、という感じです。石垣島で旅にはまって、翌日からヒッチハイクで日本一周の旅を始めました。その翌年の二回生の夏には、フランスに行って初対面の黒人と2週間ぐらい生活しました。それは印象的でしたね。最初はパリで遊んでたんですけど、その黒人とパリで会って、「家来る?」って言われて、黒人の若者が集まってる団地に行きました。地下鉄降りたら、黒人しか降りないようなところでビビりましたけどね。貧困地帯みたいなところで、ホットシャワーも出ないんです。やかんで水を沸騰させて、その熱水と普通の水を混ぜて浴びていました。

-どうしてフランスに行かれたんですか?


啓蒙思想がすごく好きで、加えてフランスの大学の学費が安いということもあって、3回生くらいからフランスに転校しようかなって思っていたんです。その前に、フランスの学生ってどんなこと考えてるのか知りたいと思って、フランスに行ったんですよ。だけどいざ行ってみて学生と話してみたら、そこまで日本と変わらないと思ってしまいました(笑) だから3回生も日本にいる予定です。

-なるほど、そうだったんですね。他にも海外には行かれているんですか?


フランスに行った後、アメリカのシリコンバレー(IT企業が集まる拠点地域)に行って野宿したんですけど、もともとFacebookを通してシリコンバレーで会社を立てた日本人の方と知り合っていたんですよ。その人に会いに行くことになって、お土産何がいいかなって考えたんです。それで、自分なりにビジネスプランを作って持っていったら喜ばれるんじゃないかと思って、7個ぐらい持っていったんですけど、そのうちの1個、いいなって言ってもらえたんです。

- どんなプランだったんですか?


それが今作っているファッション系のアプリです。僕はもともとロボットとか人工知能とかが好きで機械工に入ったんですけど、人のファッションを人工知能で採点できるようにしたら面白いかなと思って、そういうアプリを思いついたんです。日本人は「おしゃれやん」って適当に言うけど、実際どう思ってるか分からないじゃないですか(笑) 機械で目安として判断できたら面白いかなって。日本に帰ってきてからエンジニアを集めて作り始めて、完全な状態ではないんですが、とりあえずApp Storeに出しています。メンバーは学生で、個性豊かなメンバーが集まってくれてます。その中で僕は働きやすい環境を提供することを心掛けています。世界一周中も、製作はそのまま続けます。僕は新しいことにすぐ目が行くので、世界一周しながらだったら逆に飽きずにできるだろうと思って(笑) 海外のファッションを取り入れることもできますしね。

一覧へ戻る

Thank you!