NO.68
とに
("ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道"店主)
「腹減ったら食べにおいで」

今夜も、お腹を空かせた若者で行列ができる『ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道』。同店の下新庄本店で2年半の修業を積んだ“とに”さんが店主のこのお店は、2月に開店一周年を迎えた。たった1年間でこれほどまでにお客さんや神大生に愛されるようになった背景には、お世話になった社長の存在があった。
Presented by Shunsuke Ueyama
Oka Chizuru
Photo by Nami Yoshida
「楽しんだもん勝ち」社長の言葉を大切に
― 一周年、おめでとうございます。開店してからこれまで、どうでしたか?
実は最初、六甲道にお店を出すことに会社の反応は良くなかったんです。それは西宮に“歴史を刻め(以下、歴史)”と同じ“ラーメン荘”グループのお店があるからなんですけどね。やっぱりうちのラーメンは大盛りなんで、学生さんとか若い子にウケるっていうのは思ってて。それで大学を地図上で探して学生の数とかも考えた上で、神大生に来てほしいっていう結論になりました。
あと、学生の時から神戸に住んでいるので、やはり思い入れのある地に出したいなっていうのもありましたね。結局は自分の想いを貫いて開店できたんですけど、やっぱりどうなるか分からなくて期待と不安が入り混じっていました。蓋を開けてみたらお客さんがいっぱい来てくれてよかったんですけどね。今でも下新庄時代からの常連の方が来てくれることもあります。一年間やってきて、来店してくれるお客さんも徐々に増えてきたのでありがたいです。
― どうしてラーメン屋さんになられたんですか?
ラーメン屋の前はDTPデザイナーやったり、マッサージ店で働いたりしてたんですけど、転職を考えた時に「好きなことの方が続けれるやろなぁ」ってことでラーメン屋で働くことにしました。元々、趣味程度に家でスープを炊いたり麺を作ったりしていたんでね。
それで最初の半年くらいは別のラーメン屋さんで働いていて、それからうちの社長に誘ってもらって歴史で働くことになりました。やっぱり歴史のラーメンが好きやったから。でも誘われる前は「自分の一番好きで一番よく通ってるところやから、客のままでいたい」っていう気持ちが心のどこかにあって、少し避けていた部分もありました。それぐらい特別なお店でしたね。
― 今、お仕事は楽しいですか?
立ちっぱなしで大変なことも多い仕事ですけど、やっぱり毎日お客さんと喋るのは楽しいです。僕は飽き性なんですけど、この仕事は飽きひんかなって思います。うちの店ではフランクにお客さんと話すようにしてて、そうしたら自分も楽しいし、お客さんも楽しんでくれはるやろなぁと思ってそうしています。
自分が楽しむことが大事やっていうのを社長がずっと言ってて。会社の理念が「楽しいやりたいねん」っていうただその一言だけなんですよ。「何でも楽しんだもん勝ちやし、楽しまんとしんどいだけやし」って考えを持っている社長なので。
― 確かにお客さんとの距離が近いなと感じます!
たまに学生さんとかが話してる中に急に割り込んで話しにいったりとかしますね(笑)例えば、5人で来店したとき、最後のお客さんのラーメンが出るまでみんな待ってるでしょ?そしたら出し終わったときに「はい皆さん手を合わせて、いただきまーす!」ってやったら「いただきまーす!」ってしてくれるんです(笑)そういうのも面白いなぁと思って。
それもやっぱりうちの社長の影響はあるのかなぁと思います。僕が下新庄に通ってた頃も、何か言ったら面白く返してくれていました。そんな社長の「人とのコミュニケーションの最初は挨拶やから、挨拶せんと何も始まらない」っていう教えがあるので、うちは挨拶に力を入れていますね。
― 社長さんの影響が大きいんですね。
そうですね。いつかは超えてやりたいと思うけど、やっぱり未だに超えられない存在ですね。超える自信もまだないです。ついこの前、茨木にある“ラーメン荘”のお店での仕込みの見学に行って、そこで社長が2年ぶりぐらいにラーメン作ったんですけど、手際もすごいしやっぱ違うなぁって思いました。
― 神大生との印象に残ってるエピソードはありますか?
オープンして3,4日間の神大生だらけだった時ですかね。別々に入ってきたお客さん同士で「おう!」って挨拶したり、カウンターの端と端で会話が始まるぐらい神大生が多かったです。告知はTwitterぐらいでしかしてなかったんですけど、後から聞いたら結構話題になってたみたいです。だから、最初はホッとしました。
神大生はほんまにみんないいお客さんやなぁって思いますね。無理言うこともないし、ちょっとお願いしたらすんなり「いいですよ」って言ってくれたりね。昨日もバイトの人たちと飲んでたんですけど、「ほんまにええお客さんばっかりで恵まれてるね」っていう話をしてたんです。
― それもやっぱりみんな、とにさんのラーメンが好きやからですよね。
そうやと嬉しいですね。昨日もヨット部の子が試合の前日に食べに来てくれて、「やっぱここのラーメンが一番っすわ」と言ってくれました。「ここ以外どっか食べるの?」って聞いたら「いや、行かないです」って。それじゃあ他店と比べられへんやんって笑ってたんですけどね(笑)
お客さんからの差し入れと愛される店主
― ラーメン屋さん同士の関わりも多いんですか?
ブログにもよく書いているんですけど、最近やったら六甲道のつけ麺屋さんと仲が良いです。一昨日も鯛もらったんですよ(笑)お互い差し入れを持って行くようになってから、いつの間にかネタ合戦になってきてて。ビールと一緒に“ごはんですよ!”が入ってたりとか、そのお返しに丸ごとパイナップル買って「沖縄土産です〜」って言って渡したり。そして、その次が鯛やったんです。お返し何にしよかなぁって悩んでます(笑)
― とにさんは、とてもマメにブログやTwitterを更新してらっしゃいますよね。
そうですね。HPがないのでブログがHP代わりなんです。下新庄にいたときから数えてもう2年以上はほぼ毎日、何かしら更新していますね。それでたまに自分で書いたことを忘れてることがあるんです。
例えば、「iPhoneのバッテリーがおかしい」って書いたことがあるんですけど、そのあとお客さんに「iPhoneよくなりました?」って聞かれて。「あれ?なんで知ってるんですか!?」って(笑)こういうことがよくあります。そうやって、ブログを見てくれる人とは、そこから話をするチャンスにもなっていますね。
― 「米が尽きた」って書いてらしたこともありましたよね!
そうなんですよ!そのブログの次の日、お店を営業開けてすぐ、並ばずに人を割って入ってきた人がいて混乱していたら「はい。」って米を手渡されたんです(笑)あまりにも唐突すぎて何をもらったのかもわからなくて。結構うちに食べに来てくれている方なんですけど、コーナンの園芸関係の部門の方やから、一瞬これは土を渡されたんかと思って、持ちながら「え?これ…え?」って軽くパニックでした。米ってわかったときも、なんで米が尽きたことを知ってるんか思い出せなくて(笑)
あとは、「甘いものが食べたい」ってブログに書いたら、次の日に高校生の子がシュークリームを差し入れてくれたこともありました。後で聞いたら、その子は僕が下新庄にいたときから食べに来てくれていたらしくて、大阪からわざわざ六甲に来てくれてたんです。今は、別の“ラーメン荘”のお店でバイトしています。 それから最近嬉しかったのは、うちのバイトの友達が「歴史のブログが毎日の癒しになってる」って言ってくれていたことです。そんなたいしたこと書いてへんけどなあって思うんですけど(笑)
― 神大生のお客さんはよく食べますか?
神大生でよく食べる子は大ラーメン(約5人前)を食べる子が何人かいますね。この間はうちのアルバイトの友達が麺600g食べてました。いつもバイト帰りに寄って食べにきてくれるんですよ。
その子、僕のブログを読んで、1日に2回食べに来てくれたことがあるんです。これには、僕がさっきも言った六甲道のつけ麺屋さんに1日で2回来店したっていう元ネタがあって。そのお店の方は、外ではよく話すんですけど、店内が落ち着いた雰囲気なので営業中は話しにくいんです。それで、営業中も笑わせてやろうと2回来店してみました(笑)結果、笑ってくれてそのことをブログに書いたら、それを読んだ神大生の子が同じようにうちに1日に2回来店してくれたってわけなんです。その子が2度目に来たときは「今日来たよな!?」って驚いて二度見してしまいました(笑)
― 本当に楽しそうですね!それでは、とにさんにとってラーメンとは?
僕の主食ですね。毎日飽きずに食べれます。うちのラーメンに限らず、1日に2回3回食べてもやっぱりラーメンは飽きないですね。
― これからの目標はありますか?
もうすぐ春がくるので、また新入生が入ってきますよね。こういうお店って先輩が後輩を連れてくることがよくあるんです。そんな風に先輩と後輩が仲良くなるきっかけになれたらいいなと思いますね。面白いお店あるよって言って来てもらえたら嬉しいです。
それから“とに”っていう名前、実は本名とは全く関係なくて、tonificar(トニフィカル)という単語からきているんです。もともと整体学校で先生から「独立する、開業することをイメージして会社の名前から決めたらいいねん」と言われて、自分の会社の名前を考えたことがきっかけでした。当時スペインが好きだったことから、スペイン語で「活力を与える・元気にする」という意味のtonificarに決めて、その後はいろんなところで“とにふぃかる”というハンドルネームを使っていました。そこから社長に「とにさん、とにさん」と呼ばれて、お客さんにも伝わっていったんです。僕自身、下新庄に通ってるときはラーメンを食べにいくだけじゃなくて、元気をもらいに行っていました。社長に会ってしゃべれると、帰り道に「よかったなぁ」って考えるんです。だから、自分もそんなふうにお客さんを元気にできたらいいなって思います。
そして、一回ここに根を下ろして1年やってきたので、これからも変わらずここでやっていきたいですね。
― では、最後に神大生へのメッセージをお願いします!
腹減ったら食べにおいでって言いたいですね!うちは食べ終わったあとに足りないと思うことはないと思うので。この間、初めてお客さんに「“おかわり”ください」って言われて戸惑ったんですけど(笑)普通なら充分満足してもらえると思うので、腹が減ったら食べに来てください!
27. 吉原 史郎
経営学部卒コンサルタント
84. 吉田輝
SPIA(古着屋)経営者/発達科学部3回
34. 坂井 啓悦
KBCC代表
5. 濱田 矩行
Ghanna Ghanna元代表
39. 宮村 優哉
圧倒的なフォロワー数を誇るカメラマン