"つながりで笑顔に"
神大生のための情報サイト

No.67

1館1館の個性が出る。それがミニシアターのいいところ。

山下真菜美

( 元町映画館映画チア部 文学部2回生)

Presented by Mako Kameoka, Honoka Kuwahara

Photo by Shunki Abe


みなさん「映画チア部」を知っていますか?いま「映画を応援する部ってなんだろう?映画館を応援するチアリーダー?」と思ったあなたに読んでほしいインタビューです。今回は、元町映画館映画チア部のメンバーで文学部三回生の山下さんにチア部について聞いてみました。

PROFILE

山下真菜美

大学の中だと、どうしても狭い世界になってしまう。

-映画はいつから好きだったのですか?


高校二年生の時に好きになりました。でも三年生のときはちょうど受験の時期で映画を観れなくて、「大学生になったらいっぱい観よう」と決めてました。大学に入学してからは映画研究会に入り、DVDを借りるだけではなく映画館にも行くようになりました。

-元町映画館、映画チア部との出会いを教えてください。


元町映画館には一回生の冬に初めて行きました。その後5回くらい通って、一回生の3月頃に「映画チア部」の募集があったんです。「元町映画館に来たことがある学生はお気に入りを押してください」という元町映画館公式アカウントのツイートにお気に入りしたら、後日映画チア部募集の説明会についてのDMが送られてきました。

私はその頃、神大の中だけでなく、外でも何か新しいことをやってみたいと思っていました。大学の中だと、どうしても狭い世界になってしまう気がしたんです。大学の外に出て色々な人と関わりたいと思い、説明会に参加しました。説明会で元町映画館のスタッフさんのあたたかな印象に惹かれ、「この場所で何かできたらいいな」と思ってチア部に応募しました。映画館のために何かできるっていうことが嬉しかったです。

-映画チア部とはどんな団体なんですか?


若い人にミニシアターに来てもらうために、ミニシアターの魅力を発信する活動をしています。今年度のメンバーは映画好きの関西の大学生6人で、来年度からは2期生も入って20人くらいになります。神大生は私だけなのですが、みんな映画好きだからとても楽しいです。大学だと映画の話をする相手があまりいなくて、話しても「ん?」っていう感じの反応をされて寂しいので(笑)

-「ミニシアター」とはどんな映画館ですか?


元町映画館など、スクリーンの数も席数も少なく、一館一館独立している小さな映画館のことです。系列経営しているような大きな映画館とは違って、上映する映画は各々の映画館の責任者やスタッフが選んでいます。だから、劇場ごとに個性が出るんです。

一覧へ戻る

Thank you!