NO.54
田中光
(カフェ運営を行う現役大学生)
「お客さんそれぞれにとって、ほっこりできるカフェでありたい 」

小さい頃から、お菓子作りを通して人を喜ばせることが好きだった。そんな彼が始めたカフェ運営。カフェについて語る彼の言葉が、日々忘れてはならない大切なことを、思い出させてくれます。
Presented by Yuri Kusakabe, Misato Fukushim
Photo by Haruna Kikuchi
もうこれはやるしかない。即決でした。
― まず、ひとところカフェについて教えてください。
『“ひといき”つくところ。”ひと”があつまるところ。”ひとり”でもこれるところ。”ひと”と”こころ”がつながるところ。』がコンセプトです。お客さんにとって、使い方はそれぞれで、自由です。お客さんそれぞれにとって、ほっこりできるカフェでありたいですね。友達とおしゃべり、一人で読書、僕と話をしにきてくれる。全部嬉しいんです。 「カフェを経営してるの?」ってよく言われるんですど、そうではなくて。経営者の方が出資していて、現場の運営を大学生2人が任されているという感じですね。運営以外にも、コンセプトや店名決め、インテリアや食器選びから壁塗り、メニューの選定、広報などにも関わらせていただいています。
― ひとところカフェをはじめるキッカケはなんでしたか?
カフェはいつか開いてみたいと思ってたんです。お菓子作りが趣味だったので。でも必要な資金とか、儲けとか、結婚とか考えると仕事にするのは難しいので、老後にカフェができたらいいなあってぐらいに思ってました。 そんな中、最初は“一日カフェ”から始まったんです。2回生の冬ですね。春日野道にレンタルスペースがあることをたまたま知ったんです。1日約1万円で場所を借りてカフェができるんです。もうこれはやるしかない。即決でした。 前日に、家でお菓子をほぼ徹夜で作って、Facebookで身内だけに広報して開きました。「全然お客さんが来てくれなかったらどうしよう」って不安でドキドキしてたんですが、小学校の友達や中学の先生、高校・大学の友達まで約60人も来てくれました。普通のカフェと思って入ってきてくれたお客さんも数人いて、これも本当に嬉しかったです。 「やりたいこと、私もやってみようと思った」「久しぶりに友達と集まれて良かった」「すごくほっこりした」「趣味とは思えないくらいおいしかった」たくさんの嬉しい言葉をもらえて、やってよかったと心から思いました。 一日カフェでカフェを運営する楽しさを知ったので、3回生になったら月1くらいで頻繁にやりたいと思っていたんです。そんなときに、今ひとところカフェを一緒に運営している柳が「カフェやることになったんやけど、一緒にやらへん?」って誘ってくれたんです。当時は予備校時代の「知り合い」レベルの仲良さだったのに、僕の一日カフェに一人で来てくれて。趣味や理想のカフェが似ていたので、誘ってくれたそうです。柳が誘ってくれたおかげで僕は今ひとところカフェを運営させてもらえているので、本当に、めちゃくちゃ感謝しています。
― そもそもお菓子作りを好きになったキッカケはなんですか?
始めたのは小学校の高学年ぐらいからでしたね。中学・高校のときはクリスマスや友達の誕生日などのイベント毎にお菓子を作って渡していました。でも実は、「お菓子作り」そのものが好きというわけではなく、人を喜ばせたり、人から褒められることが好きで、その手段がお菓子作りがだった、ということなんです。僕は運動神経や頭も良い方ではなく、部活や勉強でいい成績を残したことがなくて、「自分は何もできないやつ」と思っていたんです。卑屈なんです、僕(笑) でも、お菓子作りって実は誰でもできるのに、みんなやらないというか、男の子ができるのって珍しいじゃないですか。だからみんなが「すごい!」「おいしい!」って褒めてくれて。唯一自分に価値を見いだせた手段なんです。それが嬉しくて大学生の今でも続けています。 あと、お菓子作りが好きなだけではなくカフェという空間も大好きです。友達を連れて行くならここ、一人でゆっくりするならここ、店長さんと話すならこことかいろいろ使い分けるくらい(笑) 何が好きかというと、雰囲気が好きなんです。カフェのお客さんってみんなやさしい顔をしてると思うんです。友達と話すにしても、一人でゆっくりするにしても。みんな、ほっこりしているというか。そういう、カフェの「あったかい」雰囲気、空間が好きなんです。
色んな人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、自分に正直に生きる
― 光さんがひとところカフェでお客さんに対して心がけていることはなんですか?
「また来たい」って、絶対に思ってもらえるようにお客さんに接しています。お客さん一人一人によってまた来たくなる理由は異なると思っています。「おいしいお菓子を食べられたから」とか、「僕ら二人と話せてよかった」とか、「友達とゆっくり話せてよかった」とか、「そっとしておいてくれた」とか。お客さんが求めていないことはしたくないです。無理矢理話しにいったりとか。話しかけにいく以外にもできることはいっぱいあって。それを見極めながら自分ができることをやります。例えば、水をついだり、膝掛けを渡したり、読書や作業をしている人がいたら音を立てないようにしたり。お菓子とか料理とか、僕らはプロではないので、正直自信ないんです。内装やインテリアだって、もっとお金をかけて凝っているお店もあるでしょう。でも、だからこそ僕らにできることは全部やりますね。あとは、自分自身もちゃんと楽しむことです。良くも悪くも、僕は「仕事」でカフェをやっているわけではないから、お客さんと話したり、自分で作ったお菓子を食べてもらえることを楽しむようには心がけています。「なんでカフェ始めたんやっけ?」って自分に問いかけたり、「今この瞬間が、当たり前じゃない」って考えたら、責任感だけでやるのはもったいないなって。全部楽しもうって思います。これは、柳のおかげで気づけたことですね。
― カフェを通して学んだことはありますか?
毎日を大切にしようと凄く思いました。もっと丁寧に生きないといけないなあって。カフェを始めた頃はお客さんが来てくれて、素人が作ったお菓子や料理をおいしいと思って食べてくれることが純粋に嬉しかったんですけど、だんだんそれが当たり前になってきちゃうんです。忙しくなってきたら余計に、「こなしちゃう」というか、「今日いっぱいあのケーキが出たから仕込み大変だな」とか「時間ないから10分でオーブンにいれなきゃ」とか思う自分がいて。それが凄く嫌だと思いました。やりたいことがやらなきゃいけないことになるのってすごく嫌ですよね。でもそういう気持ちにさせているのは結局自分なんです。一番大事なことを、忘れないようにしたいです。カフェにお客さんが来てくれていることとか、今自分がここにいられることとか。そういう当たり前のことは当たり前じゃないんだと、気づけたことが学びです。ひとところカフェに限らず、毎日当たり前なことなんてないので、大事に過ごしていきたいです。 また、カフェの運営に限らずどんなことに関してもそうですけど、色んな想いがあって成り立っているんだなと感じています。例えば、このカフェは「純粋にカフェをやりたい・いろんな人に出会いたい」という柳の想いが一番根幹にあって、僕はそれを支えたいっていう想いがある一方で、経営側の社員さんは生活がかかっているし。毎日こうしてやっていけるのは、休憩しに来てくれる社会人の方、いつも話しに来てくれる学生、何度も足を運んでくれる友人たち。そう考えると、自分一人で出来ていることなんて何一つなくて。色んな人たちへの感謝の気持ちを忘れちゃいけないということを以前より考えるようになりましたね。
― 最後に、神大生にメッセージをお願いします。
しっかりと意志を持って、自分に正直に生きて欲しいです。自分の思いにモヤモヤして日々を過ごす人って結構いると思います。「あれやってみたいなあ」とか「今の自分好きじゃないな」とか。自分の本当の気持ちを抑えている人もいるかも。僕がそうでした。不満があるときって、周りの人や環境のせいにしがちですが、小さくても、自分で変えられる部分は絶対あると思うので、思い切って一歩踏み出してやってみてください。キッカケは周りにあったとしても、やっぱり自分を変えられるのは自分だけだと思います。とにかく、自分に正直に、笑顔で毎日を過ごす。みんながそうなれたらいいなと、思います。
6. 神大ピエロ
学部学年不明
17. 河内 鏡太郎
文学部卒元ジャーナリスト
30. 郡司 ペギオ 幸夫
理学部教授
87. 山本真也
国際文化学研究科准教授
33. 楠木 洋
「希望新風」店長