NO.52
福田 茜
(KooBee2015代表)
「しんどくても、頑張ったら一番楽しいものになる。それが根底にないと面白くない」

「KooBeeは生活の中心」と語る、彼女のKooBeeへの思いを探る。
Presented by Minori Takeda, Yuri Kusakabe
Photo by Keita Kutsuno
不特定多数の人たちに感動を届けたい
― KooBeeって普段は何しているんですか?
KooBeeは2009年の12月に、”主体性を促す”と”和の輪”を理念として、総合情報誌KooBeeを発刊するために設立しました。ただ、現在はそれだけではなく理念に基づいて様々なものを生み出しています。総合情報誌KooBee、WebサイトWeeBee、団体写真展、六甲三宮の飲食店さんとコラボキャンペーン、など。最近では生協さんとのコラボ企画として神大緑茶も作りました。 よく「新歓期以外に何してるの?」と聞かれますが、暇ではありません(笑) 神大生の皆さんに良いと思ってもらえるものを届けるため、日々考え、邁進しています。冊子を総勢66人のメンバーがいろんな部署に分かれて活動し、1年間、基本的には週1回のミーティングを重ねてそれらを作りあげていきます。ミーティングの内容は部署によって様々ですが、互いのことを理解し合いながら考え抜いて物事を決めていったり、一緒に作業をしたりするのは共通で、ミーティングは毎回すごく濃いものになっています。
― 福田さんがKooBeeに入ったきっかけはなんですか?
私は浪人期にケータイ小説をよく読んでいて、ある日、好きな作者の作品にとても感動したことがあったんですよ。まず、ケータイ小説で感動した体験自体に驚きました。そこから、「私もその人みたいに不特定多数の人たちに感動を届けたい。そしてその体験を与えるような団体に入りたい」と思い始めるようになりました。そう思えば、私がKooBeeに入ったきっかけは、KooBeeの雰囲気が良かったのもあるけど、一番は“主体性を促す”という理念がいいな、と感じたからだと思います。
― KooBeeに入って気がついた、KooBeeの良さを教えてください。
まずひとつめは、メンバー同士がよくわからない関係になるところです。大学の普通の友達でもなく、恋人でも家族でもない。お互いの欠点を指摘したり言い合ったりすることができる、不思議な関係になっていきます。なぜそうなるかというと、私たちは団体として目指しているものがあるからです。目指しているものがある以上、自分をもっと良く変えていこうと努力するからですね。内部活動だけでも良い団体はたくさんありますが、外に向けて発信していることがKooBeeの誇りとなっており、同時に魅力になっているんだと思います。 また、いろんな人が集まって活動しているところも好きですね。いろんなことに興味を持っていて、他の分野でも頑張っている人がたくさんいます。そこでなにかを得てKooBeeに還元してくれることで、KooBeeの方向性が偏らなくなる。そのおかげで、様々な視点から柔軟に考えられるようになり、活性化していくんです。
自信ない、とは言わない
― 代表として意識していたことはありますか?
実は、代表って特にすることがないんです(笑) 今まではクリエイティ部(現在のデザイン部)でページのデザインを担当していましたが、そういった仕事は代表にはありません。それがもう、寂しくって。だから、「全てを自分ごとのようにやってみよう」って意識しました。「大変だけど頑張ってね」と上っ面な言葉をかけるよりは、自分がその仕事を一通りこなしてみたうえで具体的なアドバイスした方が、よりみんなも受け入れてくれると思うんですよ。だから、みんなが率先してやらない単純作業も含めた、KooBeeの全てに関わろうと努力してきました。 あとは、自信を持つことです。私は元々自信がないタイプだったんですが、1回生の時に「自信がないと言っている奴はただの逃げ」という先輩の言葉を又聞きしたことがありました。最初はその言葉が直球すぎてビビりましたが、段々とその言葉を受け入れられるようになり、今では「自信ない、とは言わない」というのが自分もモットーになっています。
― 福田さんにとってのKooBeeとはなんですか?
私にとってKooBeeは生活の中心です。プライベートの中にKooBeeがあって、普通にメンバーと遊んでいる時でもKooBeeの話はします。それと、遊びでもありますね。最高に負荷がかかって、しんどくて、やたら時間がかかる遊びです(笑) そのしんどさが楽しさなんですよ。初代代表の太田さんも仰っていたんですが、やっぱり”楽≠楽しい”なんだなあ、としみじみ思いますね。 高校時代、私はバスケ部に所属していました。毎日の練習が厳しく辛かったのですが、「最後に自分は開花するんだ」と信じて、ひたすら耐えて練習してきました。そして、最後に因縁の相手と試合した時、毎日練習していた3ポイントがなんと4本も入ったんですよ。私にとっては奇跡でした。そして引退する時、いつも厳しかったコーチが「しんどくても、頑張ったら一番楽しいものになる。それが根底にないと面白くない」と仰ってくださったのを、今でも覚えています。 何かに向けて努力をしていると、時にはしんどくて折れてしまうことがあるかもしれません。ですが、常に私はコーチの言葉を信じ続けていきたいですね。たとえ理想が高くても、奇跡は起こせると信じて頑張りたいです。
― 最後に、神大生の皆さんに向けてひとことお願いします!
大学生活は十人十色です。忙しくするのも、ゆったり過ごすのも自分次第。ほんまになにを選んでもいいと思います。ただ、私は、自分自身めっちゃいい表情になるほど楽しい瞬間を手に入れたいと思って、KooBeeを続けてきました。この記事を読んでくれた皆さんに、神大生活でめっちゃいい顔になる瞬間が来ることを願ってます。 そして、そんな瞬間のどこかにKooBeeは寄り添っていたい、そう思っています。
80. 稲葉滉星
神戸大学持続的災害支援プロジェクトKonti代表
60. 三ツ矢・M・たらお
自由劇場 新入生歓迎公演「ゆめゆめこのじ」演出
23. 松田 涼花
「いろはプレス」学生記者
1. 藤嶽 暢英
農学部教授
74. 麳聖貴(こむぎ きよたか)
エンカレッジ神戸大学支部長