NO.48
LINO LEIA
(歌手活動を行う現役大学生)
「音楽があれば必ず世界は変えられる。」

現役大学生シンガーソングライターLINO LEIA。「音楽があれば必ず世界は変えられる」そう語る彼女が歌手という道を選んだ理由とは?そのルーツに迫った。
Presented by Minori Takeda, Kiichi Morisita
Photo by Syunki Abe
きっかけは、ボイストレーナーの先生との出逢い。
― まず歌手になろうと思ったきっかけを教えてください。
4歳からバレエやダンスをしていたこともあり、ステージに立って表現することが好きで、なぜか幼い頃から自分は将来歌手になると思い込んでいました。(笑) 自分にとって音楽を仕事としてリアルに捉えられえるようになった一番の大きなきっかけは、ボイストレーナーの佐々木勉先生との出逢い。当時大学1回生でした。この方はMISIAさんや加藤ミリヤさんなども育てた方で、先生との出会いで歌や音楽の深さを知り、突き詰めていくことの価値を強く感じました。また自分の歌に自信を持たせてくれた方でもあります。先生に勧められて2回生の秋に参加した沖縄の某オーディション番組への出演での出逢いにも大きな影響を受けましたね。
― 沖縄のオーディション番組のことについて詳しくお願いします。
ライブハウスなどはバンドさんが多く、私のようにオケを流して1人で歌っている歌手の方に出逢えることは少ないのですが、この番組では同じような系統のアーティストの方や作曲者の方との出会いがたくさんありました。同じ志を持つ仲間に出逢えたことは本当に幸せなことで、現場は良きライバルでもあり、家族でもあるような空気感でした。今でも連絡を取り合っています。よく音楽業界の大人の方から、「この業界では出会いや人間力が一番大切だ。」と言われますが、本当にそれをひしひしと感じる体験でもありました。素敵な音楽を伝えられる人は本当に人柄が素敵な人達ばかりなんです。
― LEIAさんは今、FM神戸でラジオをレギュラー放送されているそうですね。
はい。ラジオでは「LINO LEIAプロジェクト〜もしも、現役大学生アーティストがメジャーデビューするとしたら〜」というタイトルで、LINO LEIAがメジャーデビューを目指してチャレンジしていく姿をお届けしています。放送中に自ら作詞した歌をアカペラで歌ったり、音楽業界の方をお招きして、いろんな業界のお勉強をさせてもらったりしています。私の素がよく出た、笑いもたくさんあるおもしろい番組です。
― やっぱりラジオでの放送は緊張されますか。
生放送なので反射神経と集中力が必要で、初めはとても緊張していましたが、今はかなり慣れてきて、とっても楽しく毎週やっています。 もともと本番に強く、人前で何かをするのにあまり緊張しないのですが、実は舞台などでのしゃべりはあまり得意じゃない方だとおもっていました。ライブでもMCが苦手で、歌だけうたって帰りたいと思っていました(笑) でも、人間追い詰められるとできます!(笑) この経験で、実はしゃべりめっちゃ得意やん!ってくらいに自分の潜在能力を引き出すことができました(笑) この経験がライブのMCなどに生きてくるといいですね。
― ラジオにでることや、PVを出すことで周りからの反響はありましたか。
やはりありましたね。友達がラジオ聴いてるよ!と言ってくれたり、Twitterを通じてラジオで私のことを知ってくれた方などからメッセージを頂けたりすると、聞いてくれている人がいるんだなぁと実感できて、とても嬉しくなります。それと同時に、その人たちに早く自分の音楽を届けたい!という思いに駆られますね。これまでに増して、伝えたいことや、やりたいことが溢れてくるようになりました。
音楽を通してみんなのことを包んで守ったり、いっしょに闘いたい。
― LEIAさんにとって歌とはなんですか。
自分にとって歌とは分身や魂のようなものであり、私の人生の道標、先生、そして神様でもあります。無くてはならないものです。私は音楽に多く助けられ、成長させられてきました。音楽には世の中のいろんなことに対する答えや真理が潜んでいると思います。
― 独特な感覚ですね。では歌うときに大切にしていることはありますか。
言葉ひとつひとつや、その曲の世界観や音の色を大事にして絵を描くような感覚で歌っています。またライブの時は観客の方たちとの音を通したコミュニケーションや彼らの心にそっと寄り添うことを大切にしています。自己満で、一方通行な音楽にはしたくないので。
― 自分が目指す歌手、尊敬している歌手の方はいますか。
「このアーティストのようになりたい」という方はいないです。尊敬する方はたくさんいらっしゃいますが、歌い手として最も尊敬しているのはセリーヌ・ディオンさんです。彼女が一音発するだけで、その空間の空気の色が一気に変わるようなアーティストさんです。歌を聴くたびに彼女の人柄と奥深さを感じさせられます。きっと歌を練習していくらスキルだけ上手くなっても、それだけでは誰も彼女の域には達せないだろうなと思います。また日本で言えば、バンドのONE OK ROCKさんも好きですね。エモーショナルな疾走感とシンプルで力強いメロディラインが好きです。
― LEIAさんが目指すものを教えてください。
世界で活躍するアーティストになりたい。このビジョンは最近さらに明確になってきました。音楽を通して、この世界やそこにいるみんなのことを包んで守ったり、一緒に闘ったりしたいです。今なお多くの悲しみや混沌は世界に存在しますが、音楽があれば必ず世界は変えられる、良くなっていくと信じています。言葉で、「これは~だ!」って言われても何とも心に響かないようなことも、音楽であれば、世界共通で本当に大切なことは何かを感じ取れたりすることってありますよね。その想いを伝えるためには多くの人たちに私の音楽を聴いてもらう必要があります。そのために今やらないといけないのは、とにかくたくさん自分の作品を発信してもっと多くの人に知ってもらうことです。まだまだこれからやっとスタートラインという感じです。
― 最後に神大生にメッセージをお願いします。
何かを言えるような立場じゃありませんが、自分がこれをやろうと決めたことに対して、具体的におとしこんで、「こうしたい!」っていう自分のビジョンをしっかり持つことが大切だと思います。これはとても難しいことなので私もまだまだですが。自分の人生を自分で決めること、流れに逆らう事、などはとても怖いことだとは思いますが、1度きりの人生、自分を信じてやりたいことに人生かける価値は十分ある、と私は思います。目の前の恐れに振り回されるのではなく、常に死ぬまでの人生を全体的に見ていろんなことを決断していきたいです。私の尊敬するある方が、「何事も、勝つまでやれば負けないよ。」と言っていました(笑) 深い言葉ですよね。同じ神大生として、とにかく一緒に未来に向かって頑張って走りましよう(笑)!
62. 岩渕想太
現役神大生バンド“パノラマパナマタウン”Vo&Gt
75. 中村 嘉孝(なかむら よしたか)
神戸大学法学部4回
47. 羽賀 誠
ベルカン9期代表
81. 藤中良太
六甲祭実行委員会委員長
12. 太田 尚樹
KooBee創始者