NO.4
八十 祐治
(経営学部卒の元Jリーガー・現弁護士)
「人から言われるのを待たずに自分から動くことが大事です。」

自分で動いて、自分で知って、自分で進む。すべてを決めるのは自分。今やっていることに自信が持てない、苦しい、辛い。そんなあなたに読んでほしい、メッセージ。
Presented by Kaori Fujiyama
Photo by Kaori Fujiyama
サッカーも弁護士も熱意をもって取り組んでいます
― なぜ経営学部からJリーガーという道を選ばれたのですか?
神戸大学に入ってからはずっとサッカーばかりやっていました。大学では勉強をした記憶がありませんね(笑)2回生のときレギュラーになり、さらに関西選抜に選ばれました。その時に、関西の多くのサッカーが上手な人たちに出会い、もっと上のレベルでサッカーをしてみたいと思いました。そんなサッカーばかりしていた2回生のとき、Jリーグが発足することが決定し、それがきっかけになりましたね。
― Jリーガー時代の思い出を教えてください。
私は3試合しか出場することができなかったのですが、初めて出場したカシマサッカースタジアムで味わった、満員の観客からの歓声でスタジアムが揺れる感覚は、充実感とともにいい思い出ですね。
― Jリーグ引退後弁護士という道を選ばれた理由はなんですか?
引退後、サラリーマン生活を送っていましたが、自分の本当にやりたいことではなく、サッカーと同じくらい熱意をもって取り組むことができるものを見つけたいと考えていました。そんなときに出会ったものが弁護士でした。仕事で弁護士に相談することがあり、専門家としての技能を駆使して問題を解決するというプロの仕事に魅力を感じました。
― 弁護士になるまでで一番大変だったことは?
2年間仕事をせずに勉強に集中していたのですけれど、家族もいる状態だったので、とても不安でした。そういう不安な気持ちを持ち続けたまま勉強を続けることが大変でした。その分合格した時のうれしさは、神戸大学に合格したものと同じくらいでしたね。Jリーガー時代に養われた、ひとつのことに一生懸命取り組む姿勢は、勉強中も弁護士になった後でも役に立っています。
自分が決めたことはなにがあってもやり抜ける
― 自分のやりたいことに対する熱意の原動力は何ですか?
大学までのサッカーは監督やコーチがいて、言われたことをやっていたけど、大学では部員たちで練習メニューを決めたり、メンバーを決めたりして、より主体的に自分の好きなことに関わることができました。自分の決めたことであれば、たとえそれが、どんなにきつかったり辛かったりしても熱意を持ってやり抜くことができると思います。大学生になれば、いろいろなことに主体的に関わることができるはずですから、人から言われるのを待たずに自分から動くことが大事です。
― 社会に出てから感じた神戸大学のいいところを教えてください。
社会に出たら、色々な現場で神戸大卒というつながりがたくさんありました。様々なところで神戸大学出身の方が活躍されており、心強いですね。私が弁護士事務所に入ったきっかけも、神戸大出身の弁護士の方にお声をかけていただいたのがきっかけなんです。
― 八十さんの神戸大学の生活はどんなものでしたか?
色々自分なりに考えた4年間でした。無駄な時間も無かったとは言えませんが、長い目で見ると、そういう時間も必要だったと今振り返って思います。
― 最後に、神大生へメッセージをお願いします。
大学生のみなさんには時間がたくさんあると思うので、自分の好きなことに力を注いでほしいです。私の場合サッカーという一番好きなことを在学中できていたので悔いはないです。4年間を楽しんでください!!
93. 久保陽香
“ぶさべじ”代表
54. 田中光
カフェ運営を行う現役大学生
76. 河本 真夕(かわもと まゆ)
神戸よさこいまつり実行委員長(山美鼓所属)
35. 中西 亮
秋新歓実行委員長
25. 嶋崎 翔太
RAVENSキャプテン