NO.39
宮村 優哉
(圧倒的なフォロワー数を誇るカメラマン)
「自分起点で発信していきたい」

「僕、人しか撮らないんですよ。」そう語る彼が、人だけを撮り続けるこだわりはどこにあるのだろうか?彼が写真の世界に足を踏み入れた意外なきっかけとは?
Presented by Tsubasa Shiomi
Photo by Tsubasa Shiomi
発信していければなんでもいいねん、正直。
― 意外な言葉だった。宮村優哉とはどういう人なのだろうか?
僕、子供の頃から自信ないから、ずっと認められたかったから。集合写真で真ん中に寝そべるやつ、僕そういうやつになりたかったけどなれなかった。だから、自分から発信していけばみんな寄ってくるかなって。写真を始めて少しだけそれが出来たって感じています。
― 神戸大を飛び出し積極的に活動する宮村さん、写真を始めたきっかけとは?
もともとはおじいちゃんや弟がカメラを使っていたのがきっかけです。でも風景写真が多くて。言い方が悪いですけど、風景って誰でもよく撮れるじゃないですか?僕にはそれを撮ることが魅力的に思えなかった。だから、僕はこれやらなくていいなと思ったんです。大学生のうちは人しか撮らないでおこうって決めた。せっかく学生が周りにいてくれるからその人たちを撮ろうっ
― なるほど、ちなみに宮村さんのカメラってとても高級なカメラですよね。最初からそのカメラを使っているんですか?
いやそうではなくて、大学に入って海外旅行に行く前にデジタルカメラの入門機を買いました。それから写真を撮っていくうちにカメラの性能が自分が表現したい幅に足りなくなってきて。でも中途半端なとこで止まりたくなかったから最高級機を買いました。もうここまで買ってしまったら、これ以降は機械のせいにできない。あとは技術力だけで勝負するしかないってところまで追い込んでいるから、これでしょうもない写真しか撮れないのなら、僕のせいやって思える。
― 宮村さんにとってカメラとは?
武器。僕からカメラを抜いたらなんにも評価してもらえないただの性格の悪いやつになるから。人望もクソもない。それくらい自分に自信が全くない。ゴミみたいな人間やと思ってるから(笑) でもカメラ一つあったら“撮ってー”とか “写真見たい”とか、人と繋がれる。カメラは僕にとって人と繋がれるアイテムです。
― ではカメラを手にするまではどのような学生生活を?
大学に入って、とりあえず色んなことがしたいと思ってイベントサークルを立ち上げたり、わらしべ長者をしてみたり、ヒッチハイクしてみたり。なにか面白いことをやっていたら人って寄ってくるかなと思っていて。でも結局それは僕に魅力を持ってくれたからじゃなくて、なんか変なことをしてるなっていう興味だった。僕個人に向けたものじゃなかった。
写真なら評価してもらえる
― 宮村優哉の写真観とは?
じゃあ、僕を評価してもらえるものってなんだろうって思った時に、写真だったら評価してもらえるんじゃないかと。僕、写真だけ唯一自信持ってるねん。ある程度の写真のレベルになると、例えば僕の写真と他のカメラマンが撮った写真がどちらがすごいか、とかではなくなる。優劣ではなくてその人それぞれの個性や視点が評価される話やから。そういう世界やったらやれる、と思って。
― 写真のこだわりは?
なるべく真逆のイメージで撮る。普段見えている面を映してもあまり面白くないと思っていて、だからいつもは見えていない姿を撮りたいです。“あぁこいつこんな面持っとったんや”っていうような、その人の違う面を見る機会ってそうないと思う。だから、いつもすごく明るい子を物憂げそうに撮ってみたり。そういうことは意識しています。ただずっと心にあるのは、可愛い女の子をより可愛く、格好良い男の子をより格好良く撮るっていうこと。“どうせみやむーに撮ってもらえたら可愛くなる”ってまで言われたい。
88. 北山菜生
神戸大学体育会女子タッチフットボール部Rooks主将
75. 中村 嘉孝(なかむら よしたか)
神戸大学法学部4回
64. 松村健司 井部良太
山岳部
51. 河上 隼己
ESSディスカッション全国大会2位
60. 三ツ矢・M・たらお
自由劇場 新入生歓迎公演「ゆめゆめこのじ」演出