NO.27
吉原 史郎
(経営学部卒コンサルタント)
「自分がこの仕事をするために生まれてきたという感覚があります。」

神戸大学経営学部を卒業し、現在はコンサルティング業に勤める。ダイアログ(対話)という話し合いの場について、あなたは知っていますか?組織活動をする上で大切な、“みんなで”理想状態を作っていくことー。
Presented by Kaori Fujiyama
Photo by Kaori Fujiyama
みんなで理想状態を作ることを大切に
― 現在されているお仕事について、教えてください。
調査や研究をしながら、コンサルティングをしている会社に勤めています。私が仕事としていることは、主に2つあって、1つは会社のメンバーがよりいきいきと働いて、収益を上げやすい状態になるために、お互いが話し合ったり、学び合ったりすることができる状態を当たり前にすること。もう1つは、いわゆるコンサルティング業務で、例えば、中期計画や戦略を立て、クライアントをサポートすることです。
― 以前は、違う会社に勤められていたそうですね。
この会社に就く前は、投資ファンドに勤めていました。そこでは経営状態が芳しくない旅館やホテルが、本来の力を取り戻すことで経営状況を改善する事業再生業務に携わっていました。当時26才のときに、あるホテルの総支配人をさせて頂き、ホテルの状態を、従業員みんなで良くしていこうということに没頭していました。 もちろん投資ファンドなので、投資家からは収益増加を求められますが、私は直接、数字を求めるだけではなく、「そもそも、みんな、どんなホテルにしたいのだろうか?」、「どんなホテルだったら働いていてわくわくするのだろう?」、「なぜ、みんなこのホテルで今働いているのだろう?」ということを話し合うことにも重きを置いていました。 つまり、理想状態を総支配人である私が勝手に決めてしまうと、働いている方のワクワク感を奪ってしまうことに繋がるので、みんなで、ゆっくりと作り上げていきたいということも大切にしていました。
― 理想状態を作っていく上で、大切なことはなんですか?
僕が意識しているのは、次のようなことです。私達は、日常で結果に焦点を当てた会話をすることが非常に多いかと思います。ただ、行動と結果が自然と起きてくるためには、「そもそも、自分はどうして今の仕事をしているのだろうか?」や「どういったことを大切にしているのか?」といったWhy(なぜ?)を探求していくことが大切だと思っています。自分自身を探究することによって、自分の体の芯から湧き上がってくるような行動が自然と生まれてくることが多いかなと感じています。探求を進めていくと、「自分はどうしたらいいのかな?」「どうしたいのだろう?」といった状態が生まれてくることがあります。 それを下の図でいうとカオス、混沌と呼んでいます。このカオスを味わい尽くすことが重要だと感じています。カオスを越えてくると、自然と大切にしたいことや取るべき行動が顕れてきて、ビジョンやアイディアが少しずつ生まれてくることがあります。 こういう状態が生まれてくることに、総支配人として尽力していたつもりです。この状態に入ると、自然と行動が生まれてきます。ここがポイントで、この過程を省いて、先に結果を追い求めてしまうと、やらされ感のウェイトが高くなり、継続的に結果が出ないことが多かったと思います。 会社に入って日々の仕事に追われていると、多くの場合、やりたいことが何なのか、時にわからなくなってしまいます。それは、そこを問う習慣がその会社さんに無いからかもしれませんし、ご自身にそういう習慣がないからかもしれません。ただ、それがあると、ふと目的が分からなくなったときや追い詰められた状況になったときでも、自分と対話しながら、周囲のサポートにも助けられながら、直面している状況への新しい認知が生まれ、同時に、状況の改善に向けて動き出している自分がいるかもしれません。 そのため、自分自身で考えた大切にしていることや、理想の状態がイメージとしてあれば、結果的に、色々なことも乗り越えられて、その過程で、即興的で連続的な変化が生まれてくるんじゃないかなぁと考えていました。 現在は、1つでも多くの組織やチームに、このような状態が当たり前になることを願い、日々仕事をしています。
人間らしいダイアログが大事です
― 話し合いをするということが大切なんですね。
私は、このような話し合いの場を、ダイアログ(対話)と呼んでいます。ダイアログはディベートでも、ディスカッションでもありません。どれもチーム学習の手法ではありますが、ディベートとディスカッションは先ほどの図で言うと、結果や行動に焦点が当たっています。つまり、ディベートとディスカッションは意見を交わし合い決める場で、ダイアログはお互いの話しに耳を澄ましながら、自然と決まってくる場です。ディベートやディスカッションの後で決定事項が生まれても、もし、お互いがいがみ合っていたら、決まったことに対しての行動は生まれるでしょうか?それは、多分、十分にワークすることが少ないかと思います。お互いの関係性が十分に成り立っているとき、ディベートやディスカッションは機能します。そうすると、組織やチームで活動をする上では、何をするかという行動を考えるよりも、誰とどうやって気持ちよくできるかをまず考えることが大切だと思っています。だから、ダイアログがすごく大事になってきます。なんだか人間らしいでしょ?(笑)
― 学生時代について教えてください。
心に残っている経験は、1、2回生の子たちのゼミナールを作ろうと活動したことです。僕は金井先生のリーダーシップ論の本を読んで、面白いなと思って経営学部に入学したんですけど、1年生のときは一般教養の授業が多かったんですね。でも、僕はもっと経営学が学びたかったから、3年生の授業とかに潜ってました。P&Gさんも来ていたし、そっちの方が僕にとって面白かったんです。それで3年生になった時に、1、2回生の時にもそういう機会があった方がいいんじゃないかと思って、仲間と当時の学長さんや学部長さんに掛け合いました。そのときに、ただ話すだけじゃだめだから、経営学部の1~4年生800人ぐらいにアンケートを取りました。 そのアンケートの結果、入学したときの方が経営に対する興味が今より高かったということが分かりました。関心が高い時に勉強した方が、人は自然と伸びていくことが多いですよね?こういうときに、ぐ~っと探究して、色々な本や人に出会い、興味を持続できる機会があればと思い、どんな機会があればいいかを考えました。それで、単位は出ないけど、有志の先生方にご協力いただいて、1、2年生とマーケティングなどの経営学の話をする時間と場を作りました。今では、1回生のときからゼミがあるそうですね。僕たちの活動がこうして今に繋がって、嬉しいです。
― これからの目標を教えてください。
この間、スウェーデンで開催された29ヶ国、130人の方の集まりに行ってきました。そこには、私のように対話という場を作りながら、会社をよくするということを学んでいるような方が世界中からいらっしゃっていて、チームや組織、社会、地球を少しでもより良い状態へと進めていくにはどうしたらいいかという話をみんなで行っていました。 このとき、自分が意識しているような考え方で組織を運営していくことが、ヨーロッパでも大事だとは分かりながらも、実際には日本以上に、中々できていないことや、そういう発想が実はなかったりする国もあることも分かって、私は海外でもそういう仕事をしていきたいなと思っています。 また、不思議なもので、初めてお会いする国の方でも、深い話をしていると、人間としての根っこが同じで、みんな地球に住む一人の人だという認知が自然と生まれ、何というか、ご近所の方のような感覚になります。本来はそうだと思うのですが、いつの間にか感覚が鈍っていたのだと思います。 こういった感覚を、自分自身大切にしたいですし、そのために1つプロトタイピング(試作)として、Englishダイアログを東京で開催したいと考えています。
― 神大生へのメッセージをお願いします!
ぜひ機会があれば、スウェーデンやデンマークで、ダイアログのイベントが三泊四日とかであるので、参加してみてください。そこには、世界は一つという感覚に溢れている人がたくさんいて、なかなかおもしろいですよ~。
75. 中村 嘉孝(なかむら よしたか)
神戸大学法学部4回
55. 宮下奨平
アプリ開発者
47. 羽賀 誠
ベルカン9期代表
70. Scarlet
アカペラサークルGhanna Ghanna
72. 中井英晶
神戸大学サッカー部主将