NO.26
谷端 美里
(ROOKSキャプテン)
「がむしゃらにプレーしたい」

“勝つ喜び”も“負ける悔しさ”も味わったキャプテン率いるRooksが、2年連続全国制覇を狙う。各々の役割を見出し全員でプレーを完成させる、タッチフットの魅力を探った。
Presented by Emika Hatasaki, Aimi Fukuyama
Photo by Emika Hatasaki
勝つことの難しさと喜びを知りました
― Rooksについて教えてください
1回生が入ってきてくれたので、20人で活動しています。1994年にできた部で、今年で創部20周年になります! 昔からあるチームの中でも人数が少なくなって廃部になったチームはあるんですが、神大は長く続けられているチームです。阪神淡路大震災の時に1回無くなりかけたんですけど、先輩が頑張って残してくれたおかげで今があると思っています。
― では、全国大会について伺いたいと思います。全国大会に出場された時のエピソードはありますか?
私は、2010年に全国大会で優勝した時の映像を見てすごい!と思ってRooksに入りました。でも、私が入った2011年はライバルである武庫川女子大学に負け続けて、学生1位を決める大会でも勝つことはできませんでした。勝つってこんなに難しいことなんやって身をもって感じた1年でした。 でも、2年目の春にやっと武庫川女子大学に勝つことができたんです。悔しい思いをしていた分、本当に嬉しかったです!その年は調子が良くて、そのまま学生1位になり、東京ドームで行われるさくらボウル(*)でも社会人に勝って日本一を取ることができました。東京ドームに行ったときは負ける気がしなくて、ただただ楽しいという気持ちだけでした。 日本一になった後写真を撮るのですが、その時が1番印象に残っています。2012年のRooksのテーマは「桶」だったんですけど…。 (*)さくらボウルとは、毎年1月に東京ドームで行われる女子タッチフットボール全日本王座決定戦のことです。学生リーグ1位の大学と社会人リーグ1位のチームが戦い、日本一を決めます。
― 桶!?
桶って1本1本の箍(たが)でできてるじゃないですか、でも、その箍はそろっていないと水はたくさん入らない。ある1本の箍が長くても、他の箍が短ければそこまでしか水は入らない。また、箍の隙間が空いていても、水はこぼれてしまう。 そこで、チーム全体で一致団結して技術を高めていこうとして決めたのが去年の「桶」というテーマでした。みんなそれぞれの目標を書き込んだ桶を東京ドームに持って行ったんですけど、試合後に「Are you OK?」と「桶」をかけた掛け声で(笑) 、実際に桶を囲んで写真を撮った瞬間はこれまでしんどかったこともすべて忘れられて、頑張ってきてよかったなと思えました。それが1番のエピソードですね!
一番楽しそうにプレーをしたいです
― 今年のテーマは何ですか?
上回生に何か言いたくても、なかなか下級生が上回生に口出しするのは難しいですよね。でも、今年のチームではそんなことを考えずにがむしゃらにプレーしたい。そこで浮かんできたのが「家族」というテーマです。家族って、お互いに分かり合っているから時々腹が立つことはあっても自分のためを想って言ってくれてるんやなあって思いますよね。今年のチームでは思ったことは遠慮せずに口に出して、プレーのことに限らずお互いが言い合える関係になりたいと思ったので、今年のRooksのテーマは「家族」です。
― 「家族」というテーマを達成するために、キャプテンとして気をつけていることはありますか?
試合中はあまり余裕がないので、普段の練習などでこのテーマを達成できるように心がけています。まず、キャプテンとして「家族」というワードを発するようにしています。自分がしてほしいことは自分が実践しないと他のメンバーはついてきてくれないと思っているので。それと、率先して、他のメンバーとコミュニケーションをとるように心がけています。
― キャプテンとしてこれだけは絶対守ろうと決めていることはありますか?
私は、冬くらいにキャプテンになりました。1,2回生の頃はチームの一員としているだけでよかったのが、3回生になってキャプテンというチーム全体を見て行動しなければならない役職について、これまでの先輩の苦労に初めて気づきました。先輩たちが引っ張ってくれたから、全国大会にも連れて行ってもらえたんやなと思うと、感謝の気持ちが大きく湧いてきました。同時に、割と最近まで自分でよかったのかなと思ったり、これまでのキャプテンと比べてしまっていました。本当にずっと悩んでいました。でも、自分は1番楽しそうにプレーをしているという理由でキャプテンになったので、それはこれからも貫きたいと思っています。プレーが成功したら思いっきり喜ぶ。率先して声掛けをする。そうすると、下級生も縮こまらずのびのびプレーができると思います。試合も練習も常に同じスタイルでいたいです。
― タッチフットボールの魅力は何ですか?
タッチフットでは、次の攻撃の作戦を練るために1回の攻撃が終わるごとに集まるんです。その時、手も繋いでるんですね。1回1回作戦をたててプレーしてそれがうまくいったときは本当にうれしいし、6人全員の力がかみあわないとうまくいかないのも魅力ですね。1人が失敗するだけで何かしらのプレッシャーがかかるんです。 チーム全員の力でプレーを完成させて前に進んでいくのが大好きなところです。
― 今年のチームとしての目標と、個人としての目標を教えてください。
チームとしての目標は、秋リーグに勝って、東西王座決定戦に出て、さくらボウルに出て連覇することです。 個人としては、みんなに元気と笑顔を与えられるプレーヤーになりたいです。自分がへこたれていては、周りの人に笑顔を与えるようなプレーはできないと思うので。頼りがいのあるキャプテンになりたいです。
― 谷端さんにとってRooksとは何ですか?
みんなが本気で日本一を目指すために自分が今できることとか自分がしなきゃダメなことをみんなが理解してそれを必死に取り組もうとする素敵な場所やなって思いますね。 競技人口が少ないから本気で取り組めば日本一を狙えるところにいるけれど、他にも強いチームはたくさんあるわけだし、個々が自分の役割をちゃんと理解しないとたどり着けない場所だと思うんですね。Rooksは、それができる人が集まった素敵な場所やなって思いますね。
41. 挨拶の警備員さん
神大の名物挨拶警備員さん
53. 甲家晩飛
落語研究会代表
31. 森 大地
「キッカケプロジェクト」トレーナー
26. 谷端 美里
ROOKSキャプテン
38. 西本 光希