NO.102
堀庭裕平
(空手・男子形全日本強化選手)
「その一瞬を全力で頑張る」

2020年の東京オリンピックで初めて空手が正式競技として選ばれた。今、流れに乗る空手の世界で活躍する、現役国公立大学生で唯一の全日本強化選手が神大にいる。「文武両道」を本当の意味で体現する彼の考え方に迫る。
Presented by Jun Enomoto, Kohei Moriyama
Photo by Koki Yoshida
常識にとらわれない選手生活
― 今回、堀庭さんは空手、形競技*での全日本強化選手に選出されたということですが、その経緯を教えてください。
全日本強化選手の選考を受けるために、まず国内外の試合で成績を残す必要があって、成績を残したメンバーが集まった選考会で代表の指導者方に投票で選んでいただきます。強化選手になれるかどうかはその選考会で、他の選手よりうまく技を披露できるかで決まります。僕は今回、アンダー21という参加選手に21歳以下という年齢制限のある部と、参加選手に年齢制限のないシニアの部の両方の対象として、全日本強化選手選んでいただけました。
*空手は、組手競技と形競技に分かれており、組手競技は決められた攻撃部位に突き、蹴りを繰り出す対戦型の競技、形競技は突き・蹴りの力強さやスピードを競うと共に、「演武する形」の持つ意味への理解が求められる、技を披露する競技。
― 全日本強化選手のほとんどは社会人ですよね。
組手では大学生もいらっしゃるのですが、国公立大学から選出されたのは組手・形合わせた強化選手の中で僕だけだと思うので、そこはちょっと嬉しいですね。大学生の強化選手はみなさんだいたいほとんどが強豪校の方で、社会人の方も競技に集中しやすいよう企業にサポートをしてもらっています。そんな中で僕は空手ではあまり知られていない神戸大学にいながら、強化選手に選んでいただけたのは嬉しいです。強化選手の中には世界一の選手もいらっしゃって、そんな方の技を実際に見て学ぶことができるので強化選手としての練習はすごく刺激になります。同じ強化選手として扱ってもらってますが実力の差はあって、「そこすごいなあ」と思うことばかりで、学べることは本当に多いです。
― いままでの空手の競技人生について教えてください。
空手を始めたきっかけは、武道好きの祖父の影響で、4歳のときです。それからずっとやめることなく競技を続けてきました。ですが、実は僕の出身の三国丘高校には空手部がなかったんです。中学生の時に空手の強豪校からお誘いをいただいていたのですが、知り合いの先輩もいた三国丘高校にどうしても行きたいという想いが強くて、そこに入学しました。「三国丘を受ける!」って決めたときには、絶対にそうというわけではないですけど、空手は強豪校に行かないと勝てないっていうイメージがありました。三国丘に行ったらどうせ空手部もないから練習はできないし、どうせ勉強だけの高校生活になるのかなと思っていたのですが、高校の先生が「勉強と両立して空手もどんどんやってくれたらいいよ」ってすごく応援してくれて。一年生のときに、空手部としての活動を認めてもらった直後に開催された東アジア大会で優勝して、そのまま気づけば高校も空手にどっぷりはまっていました。
― 小学校からの長い空手のキャリアの中で思い出の成果や心に残ってる試合などはありますか。
インターハイの優勝と世界大会の優勝の2つです。特にインターハイの優勝はどの大会よりも嬉しかったですね。やっぱり高校は強豪校が勝つ流れがあるなかで、そうじゃない三国丘高校なんて、空手家からしたら誰も知らない。正直、「勝てないだろうな」と最初は思いながら臨んでいたんですね。1年生のときは予選で負けてしまって、「あーやっぱり厳しいな」と思いながらも、段々成績が上がっていって、3年生の最後のインターハイでは、春の選抜で負けていた大阪の選手と、もう一度決勝で戦うことになって、なんとか勝つことが出来ました。空手だけに打ち込んできた子も多い中で、勉強と並行しながら空手に取り組んできて優勝できたというのはすごく嬉しかったです。試合で泣いたのはその試合と、世界大会の2つくらいですね。
文武両道が一番大事
― 小学校から空手で勝ち続けてきて、空手一本でいくということは考えなかったんですか?
考えなかったですね。道場の先生も、空手だけに専念するのではなく文武両道を目指してやるように、とおっしゃっていたので。空手ばかりやるというのが僕にとっては一番嫌なことだったので、絶対にそうならないようにしようと心がけていました。結果的に三国丘高校に合格できるレベルの学力に達することができました。とにかく文武両道が一番大事です。高校生の時は、練習は週2、3回で、1日に3時間ぐらいでした。毎日空手ができるわけでもなく、塾があったり試験があったりで、空手だけに打ち込む余裕はなかったですね。逆に、「勉強がしんどい、嫌だ」というときに気持ちをスッキリさせるために空手をしよう、くらいの気持ちで取り組んでいました。僕としてはそういう勉強と空手の両立がすごく楽しかったですし、自分に合ってるなって思っていました。
― 強豪校の選手との練習時間の差を埋めるためにどのような工夫をされましたか?
練習量が少ないからその分不利だとは思わないんです。短い時間でも、質を高めて頑張ることが重要だと思います。毎日、朝も昼も夜も練習!というよりは、自分でここだけ集中して頑張ると決めた時間だけを練習するのがいいと思います。高校の時はその心がけが功を奏して、結果を残すことができたと今思い返すとそう感じます。今もそうなのですが、練習をダラダラせずに、無駄な時間を全部省き、その一瞬を全力で頑張るようにしています。そのせいか、普段は笑ってることが多いとよく言われるんですが、その普段の表情を知っている人に空手をしている映像を見せると、すっごい顔してやってるね、豹変ぶりがすごいねと言われます。空手をしているときは常に全力なので、まあまあすごい顔してますね(笑)
― 大学で初めて道場とは別に、形だけではない本当の部活に所属されたわけですがどうですか。
道場だと指導者の人がみっちり教えてくれるので技術は向上するのですが、いつも一人なんですね。でも部活は横で仲間が練習していて、声をかけてくれるので励みになりますし、「一人じゃないなあ」って思えます。練習前も練習中もみんなでいるとすごく楽しいし、オンオフをつけて練習して、練習後に喋って、たまにはご飯にも行ったりとか。それが僕にとっては一番ストレス発散になっています。道場ばっかりだと自分は潰れていたかもしれないですが、部活に来てみんなと楽しくやっているからこそ道場でも頑張れているのかなあと思います。
― 形競技の魅力や見るときのポイントはありますか。
ほんの少しの動きのずれやタイミングのずれなどを直すだけで技がすごく良くなることですね。技が一気に良くなった時の達成感は言葉にできないほど大きくて、その感覚が楽しくて競技を続けているくらいです。成長してるなと感じられる瞬間ですし、それで結果も残せたらなおのこと楽しいです。あとは試合ごとに、このポイントは、この試合はできたのに、後の試合はできなかったというのはよくあって、本当に繊細なものなので、そこを自分で調整していくのが楽しいですね。競技を始めて16年目ですがまだまだ未熟なところばかりです。 見るときのポイントは答えるのが難しいんですけど、形競技は華やかでキレキレな動きが多いので、初めて見る人でも純粋にかっこいいと思えるかなって。自分だったら同じように動けるかなと想像しながら見たら、動きの速さやキレの凄さが実感できると思います。でもやってる本人が言うのもあれですけど、形はなかなか奥が深くて技の違いを判断するのもはじめは難しいと思います。
― 最後に神大生に一言お願いします。
努力に勝る天才はなし、という言葉があるように、どんなことでも努力し続けたら絶対どんな形であれ報われると思うので、努力し続けることが大切だと思います。
神戸大学空手部 http://kobe-karatedobu.webnode.jp
2. 藤谷 亮太
無一文で日本一周を達成した男
98. S.Shima
工学部2回生
9. 小林 由季
様々な生き方を提案するライフプランナー
70. Scarlet
アカペラサークルGhanna Ghanna
86. 坂本 安弘
生協